Windowsパソコンが、重くならないようにする為の初期設定とメンテナンス方法について


Sponsored Links




2.初期設定手順

1)セキュリティ対策ソフトをインストールして起動します。

インターネットに接続後、アップデートをインストールする。
ここで、有料版のソフトは、ファイヤーウォール機能がONになっていますので、Windows側のファイヤーウォール機能をOFFに設定変更します。 ダブルでファイヤーウォール機能をONにしないようにします。 有料版のソフトによっては自動的にWindows側のファイヤーウォール機能をOFFに設定してくれます。

補足
Windowsのファイヤーウォールの設定は、コントロールパネルの「Windowsファイヤーウォール」の「Windowsファイヤーウォールの有効化または無効化」で設定変更ができます。

Windows 8からの変更点
 Windows 8からですが、標準機能として統合ウィルス対策ソフトである「Windows Defender」がインストールされています。 無償のウィルス対策ソフトの「Microsoft Security Essentials」の機能を取り込み、統合セキュリティーソフトとして機能アップして、市販のセキュリティーソフトと同じように、ウィルス検知や駆除が可能になりました。

ですので、Windows 8、10からは、最初、マイクロソフトのセキュリティ対策ソフトが入っていますので、有償・無償のセキュリティ対策ソフトを入れる必要は有りません。

2)インターネットに接続して、Windowsの認証を取る(初回のみ)。

有線でLANを構築している場合はケーブルを繋げばインターネットにすぐつながりますが、無線LANの場合は無線LANルーターのSSIDと暗号化キーが分からないとインターネットに接続できません。

つなげ方が分からい方が、やってしまうのが、バッファローなどから「AOSS」接続する為のアプリがあり、これを使用して接続設定してしまうと、何にもわからなくても無線LAN接続できてしまうので、このアプリの無い環境で無線LAN接続の方法が分からないままになってしまう事です。

3)ブラウザを開いて、インターネットに接続しているかチェックする。

フィッシング詐欺防止機能
この防止機能も、ネットでカード決済等で買い物をしないのであれば、機能をOFFにしても問題ないかと思います(ブラウザの動きが少し軽くなります)。
IEでの設定方法
IE7の場合は、メニューバーから「ツール」→「フィッシング詐欺検出機能」→「自動的なWebサイトの確認を有効にする」より。

IE8以降は、メニューバーから「ツール」→「SmartScreen フィルター機能」→「SmartScreen フィルター機能を有効にする」中にフィッシング詐欺対策機能が含まれています。

4)Windowsアップデートサイトに繋いで、Windowsのアップデートをすべてダウンロードインストールする。

結構時間が、かかりますが、辛抱です。 Officeソフトが入っていれば、Officeソフトのアップデートもあります。
アップデート方法
IE(ブラウザ)のメニューバーの「ツール」->「Windows Update」より、サイトを表示して実行。

5)以前に使用していた、バックアップが有れば、それを再設定する。

・ブラウザメールでなければ、メールアドレスの設定、連絡先をインポートする。
・ブラウザ(IEの場合)は、お気に入り及び、フィード(RSS)をインポートする。

6)プリンターなど、各種ドライバーをインストールして、パソコンに繋いだ機器を認識させる。

次のページは、初期設定の段階で重くなる要因


Sponsored Links