クリーンインストールした時や新しいパソコンを購入した時の「Windows10」の初期設定方法について

本日のお題は、
OSをクリーンインストールした時や新しいパソコンを購入した時の「Windows 10」の初期設定方法についてです。

先日、私のデスクトップPCで、「Windows 10」の32Bit版から、64Bit版にOSをクリーンインストールで入れ替えたのですが、久しぶりにやると、インストール後の初期設定が面倒ですので、メモしておきます。

Windowsの誰も教えてくれない「基本的な仕組み」と、初心者向けに便利なアプリの照会も含めて記載します。

Sponsored Links




1.エクスプローラーの初期設定

Internet Explorer」ではありませんよ。 「Explorer(エクスプローラ」です。

「Internet Explorer」は、Windows標準のWEBブラウザーです。

「Explorer」は、Windowsのファイルを操作するための標準のファイラーアプリです。この区別が何年使っていてもできない人がいますのです、自分の使用しているWindows標準のアプリの名称ぐらい、ちゃんと認識してください。

「あれ」とか、「これ」と言われても「意味不明」ですので。。。。

まず、「Explorer(エクスプローラ)」を起動して、「表示」タブをクリックして、画面右端の「オプション」をクリックする。

これは、好みの設定ですので、好きに設定すれば良いと思いますが、このように設定しておけば、Windowsの「ファイル構成」が分かりやすいと思います。

1)「フォルダ オプション」画面の「全般」タブ画面

エクスプローラで開くを「PC」を選択すると、自分のアカウントのドキュメント類が表示され、各ドライブにもすぐアクセスしやすくなります。

PC」ではなく、「クイックアクセス」を選択すると、最近開いたファイルなどが表示されて、一見、便利でしょうが、自分で作成したファイルがどこに格納されているのか、いつまでたっても認識できない状態になりますので、Windowsをちゃんと覚えたいなら、使わない方がいいでしょう。

2)「フォルダ オプション」画面の「表示」タブ画面

■ファイルとフォルダの表示

隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」に変更する。

この設定に変更しないと、アプリ側で作成したフォルダやファイルが見えないことがあり、バックアップを取るときなど、不便ですので表示するように変更しておきます。

■「登録されている拡張子は表示しない」のチックボックスをOFFにします。

Windowsのファイルの「拡張子」? を知らないで使用している方が、結構います。

.xxx とファイル名の後についている、ファイルを識別するためについている3から4文字です。

例えば、Excel(エクセル)のファイルであれば、Excelファイルであれば、「.xls」と「.xlsx」です。

・「.xls」は、Excel2003までのExcelファイルに付く拡張子
「.xlsx」は、Excel2007以降のExcelファイル(マクロなし)に付く拡張子
「.xlsm」は、Excel2007以降のExcelファイル(マクロ付き)に付く拡張子

このように、ちゃんと認識していないと、Excel2003で「.xlsx」ファイルは開けないので、どうして?。。となるでしょう。

下位のバージョンで作成したファイルは、上位のバージョンでないと互換がないので開けません。

こんな仕組みになっていますので、ちゃんと「拡張子」を認識した方がいいでしょう。

ついでに、自分で使用しているOfficeのバージョンもちゃんと認識しておいた方が良いでしょう。

関連記事
第4回 Windowsパソコンの基礎知識 ファイル操作にいて

2.ブラウザー

まず、「Windows 10」を起動して、最初にやることは、インターネットに繋ぎ、ブラウザを開いて、好みのブラウザをダウンロードするところから始めます。

「Windows 10」の場合、デフォルトは「Microsoft Edge」になっています。

Microsoft社の「IE」に替わる新しいブラウザーですが、これももう古くなり、Googleのブラウザ「Chrome」と同じ、「クロニューム」ベースの新しい「Microsoft Edge」がリリースされていますが、これは、今のところ(2020年1月現在)、自分でダウンロードしないと使えません。

「設定」の「アプリ」から「既定のアプリ」のWebブラウザーをクリックすれば、Edgeから、無理やり「IE(Internet Explorer)」にも変更できます。

-関連記事
Microsoft社が、Chromiumベースになった新Webブラウザ「Microsoft Edge」の配信を開始しました。
Microsoft社の新Webブラウザ「Microsoft Edge」を「MacBook Air」で使ってみるです。

1)好きなブラウザーをダウンロードしてインストールする

Firefox、Chrome、Opera、Vivaldiなど、Googleで検索すれば、ダウンロードサイトが見つかりますので、そこから入手してインストールすればいいだけです。

最近、人気なのは、Googleの「Chrome」ですが、メインメモリの容量が少ない方は、注意が必要です。メモリを大量に使います。 特にWindows10の32bit版をお使いの方。

「設定」の「アプリ」から「既定のアプリ」のWebブラウザーをクリックして、インストールしたブラウザーを既定にしておけば良いだけです。

(1)Microsoft Edge 新たに「Edge」は、「Chromium(クロミウム)」ベースのWebブラウザーになりました。

■Microsoft Edgeのページより直接ダウンロードすれば手動アップデートが可能。

対応OS
・Windows 8、8.1、10
・macOS、iOS
・Android

・Microsoft Edge 下記のサイトよりダウンロード可能です。
https://www.microsoft.com/en-us/edge

——————————————–

(2)Firefox  モジラのWEBブラウザーです。

firefox_logo_001r
Firefoxは、ブックマークや拡張機能を色々と追加してゆくと、起動が遅くなります。
タブを複数開いても、メインメモリを食いませんので、メモリを2GBしか積んでいないパソコンユーザーにお勧めです。 Chromeほどではありませんが、仕様が変わり、メインメモリを喰うようになっています。
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/

USBポータブル版もあります。
・ダウンロードサイト : http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/

——————————————–
(3)Chrome (クローム) 
Google社のWEBブラウザー
お薦めですが、タブを複数開くと、IEと同じように、メモリを大量に消費しますので。。。メモリ容量の少ないパソコンには向かないでしょう
2008年9月新規リリース。

google_chhrone_001
・ダウンロードサイト : http://www.google.com/chrome/intl/ja/landing.html

——————————————–
(4)OPERA(オペラ)   オペラのWEBブラウザーです。

opera_001
軽くて、けっこう使いやすいブラウザですので、メモリの足りないPCでお奨めです。
USBポータブル版もあり、これはメモリ消費量も半分です。スピードダイアルが便利です。
・ダウンロードサイト : http://jp.opera.com/

——————————————–

(5)Vivaldi 「Chromium(クロミウム)」ベースのノルウェーのWebブラウザーです。

Windows、Mac OS X、Linuxでも使えます。

<対応OS>
・Windows(32bit版と64bit版)
・Mac OS X
・Linux(32bit版と64bit版)

・Vivaldi Technologies サイト :https://vivaldi.com/
・ダウンロードページ  :https://vivaldi.com/download/

——————————————–

(6)Kinza(きんざ) 「Chromium(クロミウム)」ベースの国産Webブラウザーです。

<対応OS>
・Windows 10 / 8.1 / 8 / 7
・Mac OS X 10.11 / 10.12

・Kinza
https://www.kinza.jp/

——————————————–

関連記事
ノルウェーの「Vivaldi Technologies 」が、Webブラウザー「Vivaldi 2.0」をリリースしました。

Dayz(株)が、国産のWebブラウザー「Kinza(きんざ)」の最新版v 4.1.0を公開

2)メールソフト

昔、Windowsをインストールすると、「Windows XP」までは「Outlook Express」と云うメーラーが標準で付いていましたが、もう付いてきません。 「Windows 10」になって復活したのが「メール」と云うアプリで、これが標準のメーラーになっています。

尚、「Outlook Express」と「Outlook」は、同じメーラーソフトですが違います。
Outlook」は、Microsoftの「Officeスイート(セット商品)」を購入しないと付いてきません。今でもです。勘違いしないように。

「ヤフーメール」やGoogleの「Gmail」を使用していれば、ブラウザーメールですので、わざわざメーラーをダウンロード、インストールしなくても、ブラウザー上で送受信できますので大丈夫ですが、私の場合、Firefoxを作っているモジラからリリースされている「Thunderbird」というメーラーを使用しています。

■「Thunderbird」 なぜ、これをインストールしておくかといえば、

フラウザー「Firefox」を使っていて、開いているページ(サイト)をリンク付きで、クリックするだけでメールを送信できる機能が付いていますので、「Thunderbird」をデフォルトのメーラーにしておけば、「Thunderbird」の送信用の画面だけがが、表示されて、すぐに送信できるのです。

「Firefox」の画面
メールのアイコンを表示するように設定すると、これをクリックすると既定のメーラーの送信画面が自動起動して、ブラウザで表示しているURLとタイトルを自動でコピーして、宛先を入力すればメールを送信してくれる状態になります。

あとは、「Thunderbird」を使えば、ヤフーのメアドを複数持っている場合など、このメーラーで管理すれば、ブラウザから、アカウント毎に、サイトにログインしなくても、メールをチェックすることができちゃいますので便利です。

関連記事
Mozillaが、メールクライアント「Thunderbird」v60.0を正式公開

補足
「ヤフーメール」やGoogleの「Gmail」を使用していれば、スマホにも同じ会社のメールアプリがありますので、スマホでも見ることができますので、非常に便利です。

私の場合、「Gmail」をスマホ版のMicrosoft製、無償の「Outlook」を使い、1日300件以上入ってくる「Googleアラート」からのメールを処理しています。 スマホ版の「Outlook」は、大量にメールを受信する方にお勧めです。

3.ドライバー類のインストール

「Windows 10」をインストール後、ネットに繋いでいれば、「Windows Update」経由で、各種ドライバーが、自動でインストールされる場合もありますが、そうではないドライバー類もあります。Windowsの更新ファイルが溜まっていれば、ドライバー類のアップデートも遅れて入ってきます。

こんな時どうするか?

私なら、自分のPCのドライバーを自動で検索し、指定するとインストールしてくれるフリーの「ドライバー インストール」ソフトを使い、ドライバー類を一気に最新に更新してしまいます。

フリーソフトですので、すべてカバーしてくれるほど完璧ではありません。ですので、下記のフリーのアプリを2本使えば、かなりのドライバー類が、早期に最新になるでしょう。

1)Driver Booster

最初はこれをインストールして、自動的に拾い上げられた古いドライバーを最新にアップデート(更新)してしまいます。

Driver Booster

2)DriverMax

次にこれをインストール、実行すると、Driver Boosterに拾い上げられ無かったドライバーが出てきますので、アップデート(更新)します。

DriverMax

だたし、このアプリのフリー版は、1日にドライバー2本までしかアップデート(更新)できませんので、たくさんある場合は、数日かけて、実施します。

もちろん、どちらのアプリも、金さえ払えば、さらにアップデートできるドライバーも増えて、一気に全部、最新になるでしょう。

関連記事
IObitが、Windowsのドライバーを一括更新してくれるフリーの「Driver Booster Free」v5.2をリリース

(株)LODESTAR JAPANが、無償のドライバー更新ソフト「DriverMax 9 Free」をリリース

4.音楽用のメディアプレイヤーをインストール

これが無いと、ほぼ、無音状態で作業するのは、耐えられませんので、なるべく早く実施します。

2本とも、ネットラジオを使えますので、ストリーミングサイトにアクセスして、自分のパソコンに音楽ファイルがなくても、聴くことができますので、便利です。

昔、私は、好きなストリーミングサイトにアクセスして、パソコンに流れる音をアプリで録音して、それを1曲づつアプリで分離して、ファイルにしてスマホに格納して音楽を聴いていました。

1)Winamp

人気のメディアプレイヤー「Winamp」でしたが、開発が中止されていましたが、2019年に復活するようです。

現在、「Winamp」の公式ページからダウンロードしたアプリを使用していますが、問題ありません。 スキンも豊富にありますので、お好みのスキンにして使ってみてください。

Winamp

2)AIMP

これは、「Winamp」が中止になってから使い始めていますが、これも多機能で使い方を覚えるのが大変ですが、お勧めのプレイヤーです。

これもスキンも豊富にありますので、お好みのスキンにして使ってみてください。

<Onkyoのスキンを使い、デスクトップで起動した画面>

懐かしい、カセットテープ デッキのように表示され、もちろんテープ部分は回転します。

関連記事
メディアプレイヤー「Winamp」のコミュニティベースで開発されている非公式後継版のWACUP (Winamp Community Update Project)プレビュービルドを公開しました。

音楽プレイヤー「AIMP」 v4.50が公開 ~4Kモニターに対応

5.動画用のメディアプレイヤーをインストール

Windows Media Player 12」は、Windows 10 のクリーン インストールの他、Windows 8.1 または Windows 7 から Windows 10 へのアップグレード時にインストールされます。Windows 10 の一部のエディションでは、有効にできるオプション機能としてこの機能が含まれています。但し、DVD の再生機能は含まれていません。DVD 再生機能を追加する方法については下記の方法で再生できますが、金がかかります。

DVD の再生機能がないエディションの Windows を使用している場合に Windows で DVD を再生するには、Microsoft Store で、Windows DVD プレーヤーなどの DVD を再生できるアプリを購入ください。

ですので、タダで入手したいなら、下記の「VLC」が一番でしょう。

1)定番メディアプレイヤー「VLC media player

VLCは、Windows(ストアアプリもあります)、Linux, Mac OS X, Unix, iOS, Android版もありますので、動画を色々な端末で観ることができます。

※ほとんどのコーデックの再生にはコーデックパックは不要です。
MPEG-2, MPEG-4, H.264, MKV, WebM, WMV, MP3

対応OS
Windows XP、Vista、8、8.1、10

・ダウンロード サイト
http://www.videolan.org/vlc/

・スキンも変更できます。
http://www.videolan.org/vlc/skins.html

6.DVD書き込みソフトをインストール

CD、DVDなどの書き込み可能な装置がついているPCででは、Windows10を再インストールなどすると、アプリが入っていませんので、インストールしておきましょう。

どちらも、ほぼ同じ機能ですので、どちらか1本インストールしておけばいいでしょう

1)BurnAware Free

「BurnAware」は、デジタル写真、写真、アーカイブ、文書、音楽、ビデオなどのあらゆる種類のファイルをCD、DVD、Blu-rayディスクに書き込むことができる、使いやすい書き込みソフトウェアです。

対応OS
Windows XP、Vista、7、8、8.1、10

・Burnaware ダウンロードサイト
http://www.burnaware.com/

2)ディスクメディエーター呉葉

イメージの読み込み、書き戻し、及びマスタリングに重点を置いた、軽量、軽快なCD/DVDライティングソフトです。

ディスクメディエーター呉葉

・ダウンロード サイト
http://blue.zero.jp/hir/cgi/wiki/index.cgi?page=WindowsApplication

7.ツールソフトを予めインストールしておきましょう。

メンテナンスツールとWindows10の画面をちょっと変更するためのアプリです。

1)CCleaner

このアプリは、Microsoft社は嫌がっていますが、Windowsに溜まったゴミや各種ブラウザのキャッシュなどを、ユーザーが、定期的に、簡単に掃除するのには、一番、良いソフトです。

「CCleaner」v5.60.7307

私も、「Windows XP」のころから、7、8、10と、無償版を使用していますが、問題になった事は有りません。

Windowsパソコンに、ゴミが溜まって来ると重くなるような、ちょっと性能の低いパソコンでは、定期的(月に1回程度)に使用すれば効果を発揮します。

Piriform Limitedが、無償版のシステムクリーナーソフト「CCleaner」のVer5.60.7307を公開

2)SSD最適化設定

Windowsの起動ディスクに「SSD」を使用しているユーザー向けに、OSの設定をSSDに最適化したものへ設定変更してくれるツール「SSD最適化設定」です。

机本舗が、ストレージをSSDに引越しする時に便利な2つの機能を追加した「SSD最適化設定」の最新版v3.2をリリース。

3)TTClock

このアプリを使うと、タスクトレイ右側に日付、曜日などを時刻と一緒に表示できますので、表示してみたい方はお試しあれ。

タスクトレイの時計をカスタマイズできるソフト「TTClock」の最新版v3.0が、リリースしました

4)ClassicShell

Windows 10」のスタートメニューを「Windows 7」風にする改良する方法

Windows 10のスタートメニューをWindows 7風にする改良する方法とタスクバーの「検索欄」を非表示にする方法です。

関連記事
Microsoftが、「Windows 10」標準搭載の付箋アプリ「Microsoft Sticky Notes」v2.0をリリース

8.Windows10の設定変更ツール

Windows 10になって、大きく変わったのが、Windows アップデートが自動になったことです。勝手にアップデートしてくれます。

1)性能の低いパソコンで、たまにしかパソコンを使わない人は、このたまに電源を入れたときに、バックグラウンドでアップデートの処理が動きますので、自分のやっている処理が、当然、重くなります。 それを避けたい方は、設定変更できますので参考に。

Windows10のWindowsUpdate、自動メンテナンス、Cortanaの設定を変更できる「Windows10 設定変更ツール」について

2)マルチブート環境で、Windowsをお使いになる方のためのツールソフトです。

Windows ブートマネージャーの設定をカスタマイズできるフリーソフト「EasyBCD」で、Windows、Linux、Mac OS Xのマルチブート環境を構築・設定する。

3)Windows 10でも、IEを使う方法です。
Windows 10で、新ブラウザー「Microsoft Edge」を起動させないで、「Internet Explorer 11」を使う方法

4)Windows 10の汚いフォントを何とかする。
とうとう、「Windows10」にしてしまったが、「フォントが汚い!」に気が付いた。。。

5)Windows10を最適化してくれるツールアプリです。
低スペックのWindows10を最適化するアプリ「Windows10軽量化設定」を1月4日に無料配布開始

関連記事
10年前のSONY製「Windows 7 Home Premium」64bit版のノートパソコンに、最新版の「Windows 10」を入れて、ちゃんと動くか? 試してみました。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする