Microsoft社の新Webブラウザ「Microsoft Edge」を「MacBook Air」で使ってみるです。

本日は、Microsoft社のChromiumベースになった新Webブラウザ「Microsoft Edge」を「MacBook Air」に入れて使ってみるです。

先日、Windows版のWebブラウザ「Microsoft Edge」の記事を掲載しましたが、Mac版も使ってみたいと思い、「MacBook」にインストールしてみました。

やっと私のデスクトップ機のOSを「Windows 10」32Bit版—>64Bit版(無償)に載せ替えが終了して、メインメモリに余裕ができたせいか、「Firefox」やGoogleの「Chrome」で、タブを複数開いていても、もう、びくともしませんので、一安心です。

昔からそうなんですが、自分のWindowsマシンの環境や性能が良くなると、何も問題が起きなくなり、Windowsの事を書く記事が減ってしまいますので、本当は、ギリギリの性能(ショボい)のマシンを我慢して使っている方が、たくさん記事を書けるように思います。

とは言っても、クソ「Windows」ですので、書くことは、無くならないでしょう。

「MacBook」も使い慣れていますが、ノートブックですので、メインはWindowsデスクトップになってしまいます。 そうです。。「クソ」と言いながらも使い続けている。

Macユーザー方は、ほぼ、ブラウザは「Safari」で、浮気をする人は少ないでしょうが、私の場合は、「Safari」ではなく、Windows 10で使用しているブラウザーは「Firefox」をメインに使っていますので、Googleの「Chrome」と同じ、Chromiumベースになった「Microsoft Edge」を「MacBook Air」で、ちょっと使い心地を試してみることにしました。

ダークモードで「Microsoft Edge」を起動した画面

Mac用の「Microsoft Edge」

特徴
・EdgeではTouch Barやダークモードをサポートしています。
・ブックマークや履歴をSafari、Chrome、Firefoxからインポート可能です。
・MicrosoftストアやChromeウェブストアで配布される機能拡張を利用できる
・新規タブに表示されるコンテンツとして、「ニュース」を選択しておくと、「msn.com」がピックアップしたニュースが表示されます。 これちょっと便利です。

■Microsoft Edgeのページより直接ダウンロードすれば、Windows版、Mac版はインストールが可能。

対応OS
・Windows 8、8.1、10
・macOS、iOS
・Android

・Microsoft Edge 下記のサイトよりダウンロード可能です。
https://www.microsoft.com/en-us/edge

関連記事
Microsoft社が、Chromiumベースになった新Webブラウザ「Microsoft Edge」の配信を開始しました。

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする