Microsoftが、昨年12月に発表したChromiumベースのEdgeのCanary ChannelのmacOS版をリリース

2019年5月20日(現地時間)、
Microsoftが、昨年12月に発表したChromiumベースのEdgeのCanary Channel(プレ開発者版)のmacOS版をリリースしたと発表しました。

Microsoftは、4月、ついに「Chromium」ベースの新しい「Microsoft Edge」を公開しました。 尚、採用しているエンジンは、「BlinkHTMLレンダリングエンジン)」+「V8(JavaScript実行エンジン)」の組み合わせです。

「Chromium」ベースですので、GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」と同じものを使用していると云う事です。

今回は、自社のみならず、Macでも動くように作られています。

ダウンロードして、ちょっと、使ってみましょうか。

Microsoft Edge

特徴
・フォントやタブのデザイン、キーボードショートカットまでMacユーザー向けに最適化
・一部のMacBookに搭載されている「Touch Bar」もサポートしています。

対応OS
macOS Sierra 10.12以降をインストールしたMacで専用サイトからダウンロード可能です。
https://blogs.windows.com/msedgedev/2019/05/20/microsoft-edge-macos-canary-preview/

関連記事
Microsoftが、「Chromium」ベースの新しい「Microsoft Edge」のプレビュー版を公開


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください