アスク及び、リンクスインターナショナルが、E-ATX+Mini-ITXのデュアルシステムに対応したCORSAIR製フルタワーPCケース「Obsidian Series 1000D」を7月7日より発売

2018年6月29日、
アスク及び、リンクスインターナショナルが、E-ATX+Mini-ITXのデュアルシステムに対応したCORSAIR製フルタワーPCケース「Obsidian Series 1000D」を7月7日より発売すると発表しました。店頭予想価格は69,120円前後の見込み。

マザーボードを2枚、同時に搭載できます!!!

両サイドのスイングドアのサイドパネルを含め、4面に強化ガラスを採用しているケースになります。

外形寸法はW307×D693×H697mm、重量29.5kg

搭載可能なファン数
・前面に120mm×8、天面に140mm×4、背面に120/140mm×2。
ケース内にはファン/LEDコントローラ「Commander PRO」を内蔵しており、独自ソフト「iCUE」でファンやLEDを制御可能です。

対応マザーボード
・プライマリ :Extended ATX/ATX/Micro-ATX/Mini-ITX/SSI-EEB
・セカンダリ :Mini-ITX

私も、電飾ファンを3基搭載していますが、間抜けなのは、蓋が鉄板ですので、LEDのきれいな光が、ファンが回っていても全然見えません。

昔、一時期に、やった透明のガラスケースですが、また流行っているので、1台探していたのですが、なかなか良いのが見つかりません。マザー2枚は不要ですが、ガラスケースか、透明のサイドパネルの付いたものを値段も手ごろですし、購入しようかと企んでいます。

・サイト
https://www.corsair.com/ja/ja/obsidian-1000d-case

関連記事
ディラックが、Sharkoon製の強化ガラス採用PCケース「TG5」を7月に発売すると発表
リンクスインターナショナルが、ミラーガラス筐体を採用したCORSAIR製ミドルタワーPCケース「570X RGB Mirror」を3月3日に販売を開始すると発表


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください