Appleのアップデートニュースです。 「iOS 8.4.1」、「OS X 10.10.5」、「Boot Camp 6」

8月14日、
Appleのアップデートニュースです。
Sponsored Links



1.Mac OS X

「OS X 10.10.5」: 安定性や互換性、セキュリティ関連のアップデート

「iTunes 12.2.2」: Apple Music関連のバグフィックス

2.iOS

「iOS 8.4.1」は、「Apple Music」関連のバグフィックスがメインですが、セキュリティ関連のアップデートも含まれていますので、Apple Musicを使っていなくても、早めにアップデートをしておいた方が良いでしょう。

MicrosoftのWindowsのバージョンアップは、全く、ワクワクしないのですが、Appleの両OSのバージョンアップが、秋に迫っていて、ワクワクするのはなぜでしょう?

追記> 2015年8月14日

「Boot Camp 6」をアップデートをリリースしています。

「Windows 10」の64ビット版を正式にサポートしましたので、MacにWindowsをいれて使いたい方は、インストールしてみましょう。

・「Use Windows 10 on your Mac with Boot Camp」
英語版のページですが、翻訳すれば大丈夫です。
https://support.apple.com/en-us/HT204990

現在、「MacBook Air」13インチで、「Windows10」のプレビュー版を使用していますが、困ったもので、電源を入れて、デスクトップが表示されるまでの時間を比較すると、圧倒的に、Windows10が立ち上がるのが速いです。 ログインする為のパスワードを入力する画面はあっと云う間に来ますし、その後、待ち時間なく、デスクトップを表示してくれます。

まるで、電源をON状態で使用している「タブレット端末」の様です!!!!!

今までのWindows OSだと、ノートパソコンで、電源入れて使える状態になる場で、気の遠くなるような時間がかかりましたが。。。。もう、大丈夫ですね!!。

関連記事
MacBook Airに、Boot Campを使って「Windows 10 」を入れてみる

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*