ジェネシスホールディングスが、「geanee」ブランドのWindows 10 Mobile搭載の LTEスマートフォン「 WPJ40-10/WH」を発表

10月28日、
ジェネシスホールディングスが、「geanee」ブランドのWindows 10 Mobile搭載の LTEスマートフォン「WPJ40-10/WH」を発表しました。市場想定価格12,800円。

2015年末から2016年始にかけて発売する予定です。

さあ、出てきましたよ! Windows 10 Mobile搭載のSIMフリーの格安スマホが、安いです。
Sponsored Links


WPJ40-10BK_001

Windows 10 Mobile搭載のスマホに関しては、スマホと云うより、モニターに繋いで、デスクトップパソコンとして、なんぼと考えていますので、性能が低い端末は、あまり期待していませんが、電話機として使用するのでしたら、問題は無いと考えます。 しかし、パソコン代わりにしようとしないユーザーが、この端末を選択するか? と云うと、ちょっと、残念なような気もします。

スペック

CPU 4コア(詳細未発表)
メインメモリ 1GB
ストレージ 8GB
ディスプレイ(解像度) 4型ワイドWVGA(480×800ピクセル)
バッテリー容量 1800mAh
メインカメラ 約500万画素
インカメラ 約200万画素
通信 b/g/n、Bluetooth
ボディカラー ブラック、ホワイト
対応周波数帯
(モバイルネットワーク)
LTE:800/900/1700/2100MHz
W-CDMA(3G):800/1700/2100MHz
GSM(2G):850/900/1800/1900MHz

・geanee サイト
http://geanee.jp/products/wpj40-10.html

関連記事
プラスワン・マーケティングが、Windows 10 Mobileを搭載したスマホ「KATANA(カタナ)01」を1万2800円で11月25日に先行販売開始

Windows 10 Mobileの「Continuum(コンティニュアム)」機能を使えば、Windowsスマートフォンが、パソコン本体になる時代がやってくる。
Microsoft社が、「Surface Pro 4」の日本市場投入を発表、何か大きく変わるような予感。
Microsoft社の「Windows Phone」が、生き残る道は、1つしかない?。

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*