ヤマダ電機が、Windows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォン「EveryPhone」を11月28日に発売すると発表

2015年11月26日、
ヤマダ電機が、Windows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォン「EveryPhone」を11月28日(土曜日)に発売すると発表しましたので、ちょっとチェックです。

プラスワン・マーケティングが、Windows 10 Mobileを搭載したスマホ「KATANA(カタナ)01」を1万2800円で、2015年11月25日に先行販売開始しますが、ヤマダ電機独自で開発した機種「EveryPhone」は、スペック的にミドルクラスの性能です。

価格が3万9800円(税別)しますので、「Windows 10 Mobile」の主要機能 「Continuum(コンティニュアム)」に対応しているのかどうか?です。 不明です。

Windowsフォンの場合、1万円台なら人気はあると思いますが、3万円から4万円クラスだと、ちょっと中途半端すぎで、購買層が有るのかな? と思ってしまいます。

各社、Windows 10 Mobile搭載のスマートフォンを急速にリリースして来ていますが、慌てずに、じっくり待ちましょう。

私の場合、スマホとしてのWindowsフォンではなく、「Continuum(コンティニュアム)」機能を有した、デスクトップ機にもなるハイエンドの端末です。

Windows_Continuum_001

これは、どんな風に使えるかと云うと、家では、モニター、キーボードと接続してWindowsデスクトップ機、外出先ではスマホとして使用することができます。 まさに、パソコンを使いこなしている人にとっては、一石三鳥の端末になってしまいます。

まあ、パソコンとして使用する時、ロースペックでは苦しいので、ハイエンドの端末が必要になってしまいます。

Sponsored Links


EveryPhone_001

大きさ:154.8×78.6×6.9mm、重さ:約138.6g

スペック
・CPU    :1.2GHzクアッドコアCPU
□(Qualcomm製「Snapdragon 410 MSM8916」)
・メモリ   :2GB :LPDDR3内蔵メモリー(RAM)
・ストレージ :32GB、microSDカードスロット(最大64GB)
・カメラ   :
□リア    :約1300万画素(オートフォーカス、LEDフラッシュ対応)
□フロント  :約500万画素
・端子    :microUSB端子、3.5mmイヤホンマイク端子
・無線LAN  :IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
・センサー  :照度&近接、加速度、電子コンパス
・GPS    :GPS / A-GPS
・バッテリー :容量:2,600mAh

発売記念キャンペーン
・YAMADA SIMプレゼント
・Bluetoothキーボード(※全店先着3,000名様限定)
・液晶保護フィルムセット

・ヤマダ電機「EveryPhone」サイト
http://www.yamada-denki.jp/service/everyphone/

Sponsored Links










関連記事
日本HPが、auのVoLTEに対応したWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「HP Elite x3」を発表し、法人向けに2016年9月5日より販売を開始

U-mobileが、ついに国内初のContinuum対応のトリニティ製「Windows 10 Mobile」搭載のスマホ「NuAns NEO(ニュアンス ネオ)」を2016年1月に発売すると発表

「Windows 10 Mobile」搭載のマートフォンって何?。。。です。

プラスワン・マーケティングが、Windows 10 Mobileを搭載したスマホ「KATANA(カタナ)01」を1万2800円で11月25日に先行販売開始
ジェネシスホールディングスが、「geanee」ブランドのWindows 10 Mobile搭載の LTEスマートフォン「 WPJ40-10/WH」を発表

Windows 10 Mobileの「Continuum(コンティニュアム)」機能を使えば、Windowsスマートフォンが、パソコン本体になる時代がやってくる。
Microsoft社が、「Surface Pro 4」の日本市場投入を発表、何か大きく変わるような予感。
Microsoft社が、「Surface Pro 4」と「Surface Book」を発表しましたが、「iPad Pro」に勝てない理由。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です