U-mobileが、ついに国内初のContinuum対応のトリニティ製「Windows 10 Mobile」搭載のスマホ「NuAns NEO(ニュアンス ネオ)」を2016年1月に発売すると発表

2015年11月30日、
U-mobileが、ついに国内初の「Continuum」対応の「Windows 10 Mobile」搭載のトリニティ製スマホ「NuAns NEO(ニュアンス ネオ)」を2016年1月に発売すると発表しました。

この端末の機能(Windows 10 Mobile)は、パソコンを使いこなせない方や、Macユーザーには、何の関係も無い事ですので、軽く読み飛ばしてください。

スマホ周辺機器を取り扱うトリニティ製のおしゃれな端末になっていますが。。。。
そんな事は、どうでも良いんです。

それよりも、やっと、Windows 10 Mobileならではの「Continuum(コンティニュアム)」に対応した端末がリリースされます。

Sponsored Links


Windows_Continuum_001

「Continuum」機能とは、対応のスマートフォンを外部ディスプレイに接続すると、アプリケーションの表示をその画面サイズに合わせて切り替わり、キーボード、マウスを接続するとタッチUIからキー操作用のUI変更されるなど、「ユニバーサルアプリ」に限られるが、利用状況に合わせてアプリの操作方法も最適化される。

つまり、スマートフォンでもあり、家や会社の中では、デスクトップパソコンになる機能で、ちょっと、画期的な機能です。まだ、この機能を実現するには、ハードのスペックやデバイスが限定されている為、まだ詳細が見えていません。

実現すれば、下図のように、画面、キーボード、マウスが有れば、スマホがパソコン代わりになるのです。

NuAns_NEO_001

・本体サイズ:74.2×141×11.3mm、重量:約150g

端末販売価格
・一括金額は39,800円(税抜)。
・割賦金額(24分割)は1,659円(税抜)。

販売方法
NuAns NEOは、Amazon.co.jpでのオンライン通販、伊勢丹、ロフト、アーノット(北欧家具)などの店舗で取り扱う。一般的にSIMロックフリースマホを取り扱っている家電量販店では、現在のところ販売する予定はないという。

スペック
・OS      :Windows 10 Mobile
・ディスプレイ :5インチIPS液晶,解像度720×1280ドット
・プロセッサ  :Qualcomm製「Snapdragon 617」
(8 CPUコア,最大CPU動作クロック1.5GHz,Adreno 405 GPUコア)
・メインメモリ :2GB
・ストレージ  :内蔵(容量16GB)+microSDXC
・カメラ    :有効画素数約1300万画素(アウト)、約500万画素(イン)
・対応LTEバンド :FDD-LTE 1/3/8/19/28
・無線LAN   :IEEE 802.11a/b/g/n/ac 、Bluetooth 4.1
・バッテリー容量:3350mAh

追記
「Continuum for phones」機能の対応ですが、USB 3.0に対応しない為、Miracastによる無線接続でのContinuum対応で、有線接続には対応しないようです。

関連記事
「Windows 10 Mobile」搭載のマートフォンって何?。。。です。

マウスコンピューターが、Windows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォン「MADOSMA Q501A」の予約受付を開始

ヤマダ電機が、Windows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォン「EveryPhone」を11月28日に発売すると発表

プラスワン・マーケティングが、Windows 10 Mobileを搭載したスマホ「KATANA(カタナ)01」を1万2800円で11月25日に先行販売開始

ジェネシスホールディングスが、「geanee」ブランドのWindows 10 Mobile搭載の LTEスマートフォン「 WPJ40-10/WH」を発表
Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*