「Windows 10 Mobile」搭載のマートフォンって何?。。。です。

今月末のスマホ関連のニュースでは、Windows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォンが続々とリリースされました。マウスコンピューター、ヤマダ電機、プラスワン・マーケティング、トリニティなどから販売されます。

そこで、本日は、「Windows 10 Mobile」搭載のマートフォンって何?。。。です。

Sponsored Links


1.Windows 10 Mobile搭載スマホの開発を表明したのは、新規参入の3社を含む6社です。

1)Microsoft社は

2015年10月、「Surface Pro 4」や「Surface Book」などが公開されたWindows 10搭載デバイス発表会の中で、同社初のWindows 10 Mobile機となるスマートフォン「Lumia 950(フラグシップ機)」、「Lumia 950 XL(フラグシップ機)」、「Lumia 550(エントリー機)」を発表しています。

・「Lumia 950」
画面が5.2型WQHD有機EL、メモリは3GB、ヘキサ(4)コアのSnapdragon 808を搭載

・「Lumia 950 XL」
画面が5.7型WQHD有機EL、メモリは3GB、オクタ(8)コアのSnapdragon 810を搭載  CPUは、液冷の冷却機構が装備されています。

Windows_Continuum_001

上図、スマホとキーボードの間にある「Microsoft Display Dock」と云う純正オプションを接続すると、ディスプレーやキーボード、マウスの追加接続が可能になり、「Office」などに代表される「Universal Windows Apps(UWA)」をデスクトップの様な感覚で利用可能となります。

2)その他国内では

PCメーカーのVAIO、Acer、マウスコンピューター、サードウェーブ、ジェネシスホールディングス、トリニティなどです。

国内で、Windows 10 Mobile対応の端末を最初に発表したのは、下記の通りですが、「Continuum」対応の「Windows 10 Mobile」搭載の端末は、トリニティ製スマホ「NuAns NEO(ニュアンス ネオ)」が初めてです。

その他のメーカーは「Continuum」非対応の様子見の安価な端末ですが、もちろん、スマートフォンの機能はちゃんと付いていますので使えます。

「Windows 10 Mobile」搭載のスマートフォンのリリース状況

(1)2015年10月28日、
ジェネシスホールディングスが、「geanee」ブランドの LTEスマートフォン「WPJ40-10/WH」を発表。 市場想定価格12,800円。

(2)2015年11月26日、
ヤマダ電機が、SIMフリースマートフォン「EveryPhone」を11月28日(土曜日)に発売すると発表。 価格3万9800円。

(3)2015年11月27日、
マウスコンピュータが、「MADOSMA」予約受付を開始。

(4)2015年11月30日
プラスワン・マーケティングが、SIMフリースマホ「FREETEL KATANA 01」を発売。 価格1万2800円。

(5)2015年11月30日、
U-mobileが、ついに国内初の「Continuum」対応の「Windows 10 Mobile」搭載のトリニティ製スマホ「NuAns NEO(ニュアンス ネオ)」を2016年1月に発売すると発表。

11月の月末は、本当に怒涛の発表合戦でした。

2.何が違うの?

1)まず、AppleのOSと比較すると

Appleも「Continuity」と云う機能が有りますが、電話、タブレット、およびデスクトップをシームレスにつなぐのに対し、Microsoftの「Continuum」は、使用環境に合わせてスマートフォンのインターフェースを効果的に順応させる仕組みです。

2)「Windows 10 Mobile」対応端末は、全部Windowsパソコンにもなるスマホなのか?

「Windows 10 Mobile」の主要機能 「Continuum(コンティニュアム)」に対応しているのかどうか?です。

Windows_Continuum_001

Continuum(コンティニュアム) for Phones」機能とは、どんな風に使えるかと云うと、家では、モニター、キーボードと接続してWindowsデスクトップ機、外出先ではスマホとして使用することができます。 まさに、パソコンを使いこなしている人にとっては、一石三鳥の端末になってしまいます。

「Continuum for Phones」を利用するには、アプリが同機能に対応した「Universal Windows Platform」アプリであることと、スマートフォンのハードウェア側(プロセッサとメモリ)のサポートも必要になっていますので、まだ「暫定的」と云う表現になっています。

・サポート対象のCPU(プロセッサ)は、
Qualcomm MS8992(Snapdragon 808)、MS8994(Snapdragon 810)

・メモリは、
最低で2Gバイト(本体のディスプレイ解像度が1280×720)、推奨は3Gバイト(ディスプレイ解像度が1920×1080以上)。
当然ですが、本当にハイスペックな端末になります!!

接続方式も要件があります

Continuum_for_Phones_001

・「Continuum for Phone」 Microsoft Developer サイト
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/mt608594%28v=vs.85%29.aspx

Microsoft社も一番重要視している機能ですが、実はただのスマホユーザーには全然関係ない機能ですので、宣伝するのに、ちょっと戸惑うでしょうね。

たくさん売るには、ただのスマホユーザーにも売らなければいけないし、この機能を欲しいユーザーは少数になるので、宣伝するのに困ると思います。

つまり、パソコンを使いこなせるユーザー(少数)、パソコンさえ使いこなせないユーザー(多数)にも売りたいと云うジレンマです。

一番、重要な「機能」を説明しても、パソコンさえ使いこなせないスマホユーザー(多数)にとって訴求効果が無いというジレンマなではないでしょうか?

これで、デスクトップパソコン並のパワーを持ったWindowsスマホが出現すれば、家にデスクトップ機の本体を置く必要なく、モニター、マウス、キーボードが有れば、事足りる時代になれば、端末代金がiPnoneの様に10万円くらいしても、何だか許せる様に思います。

3.Microsoft社の思惑

発想を変えると
今まで、デスクトップ機側から見ていると、Windowsにタイル画面(メトロIU)なんか必要ないと思っていましたが、スマホがデスクトップ機と同じようにx86系のアプリが動くとなると、ちょっと様子が変わります。 パソコンが要らなくなるのです。

・Microsoft社 :OSを売っている会社  「Surface 」程度は売っているが。。。
・Apple社   :OS、パソコン、コンテンツを売っている会社

Apple社は、「iOS」と「Mac OSX」を一緒にすることは無いと言っている意味が分かると思います。だって、Mac OSXの入ったパソコンが売れなくなるからですよね。

いずれにしても、Microsoft社が、巻き返しにかかったとしても。。。。
パソコンを使いこなせるユーザーにしか、受けないのではないかと思います。

たくさん売るには、「パソコンさえ使いこなせ無いユーザー」に受ける何かを搭載しないと。。。。苦しいのではと感じます。

Appleに負けるな「Microsoft」です。

パソコンを使いこなせるユーザーの数で勝負はついていますが、少なくても、Windowsパソコンを使いこなせるユーザーをちゃんとこり込むような機能にしてほしいと思います。

関連記事
U-mobileが、ついに国内初のContinuum対応のトリニティ製「Windows 10 Mobile」搭載のスマホ「NuAns NEO(ニュアンス ネオ)」を2016年1月に発売すると発表

マウスコンピューターが、Windows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォン「MADOSMA Q501A」の予約受付を開始

ヤマダ電機が、Windows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォン「EveryPhone」を11月28日に発売すると発表

プラスワン・マーケティングが、Windows 10 Mobileを搭載したスマホ「KATANA(カタナ)01」を1万2800円で11月25日に先行販売開始

ジェネシスホールディングスが、「geanee」ブランドのWindows 10 Mobile搭載の LTEスマートフォン「 WPJ40-10/WH」を発表

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*