ノルウェーの「Vivaldi Technologies 」が、Webブラウザー「Vivaldi 1.0」を公開

2016年4月6日、
ノルウェーの「Vivaldi Technologies 」が、Webブラウザー「Vivaldi 1.0」を公開しました。Windows/Mac/Linuxに対応するクロスプラットフォーム対応アプリケーションです。

Vivaldi Technologiesの「Vivaldi」は、Opera Softwareの元CEOが中心となって開発されている「Chromium(クロミウム)」ベースのWebブラウザーです。

2015年1月に最初のプレビュー版、2015年11月のベータ版がリリースされて、様子を見ていましたが、今回「Vivaldi 1.0」を公開しました。 誕生おめでとう!!!

Sponsored Links




<当サイトをVivaldiで表示してみました>
Vivaldi1.0_001

「スピードダイヤル」が使えるなど、Operaと同じ部分が有りますので、馴染みやすいですね。 IEのブックマークなども、もちろんインポートできますので、すぐに使い始めることができます。

Windows、Mac OS X、Linuxでも使えちゃいますので、お試しあれ。

<対応OS
・Windows(32bit版と64bit版)
・Mac OS X
・Linux(32bit版と64bit版)

・Vivaldi Technologies サイト :https://vivaldi.com/
・ダウンロードページ  :https://vivaldi.com/download/

追記> 2016年6月2日 「Vivaldi」Ver1.2を正式公開。

レンダリングエンジンが「Google Chrome 51」相当へとアップデートされたほか、「Vivaldi」をカスタマイズ性をさらに高める新機能として、マウスジェスチャーを作成する機能など追加された。

追記> 2016年4月26日 「Vivaldi」Ver1.1を正式公開。
タブ関連の機能強化がされています。

追記> 2016年4月8日 「Vivaldi」Ver1.0.435.42を正式公開。
不具合1件と脆弱性1件を修正したアップデートです。

修正された脆弱性は、「アドレスバー スプーフィング」”なりすまし”と呼ばれるもので、アドスレスバーに偽のURLを表示できてしまうというもので、これに対処しています。

関連記事
ノルウェーの「Vivaldi Technologies AS」が、Webブラウザー「Vivaldi」β版を公開

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*