最近、MVNOが、百花繚乱?とまでは言わないが、激しい事になっています。 キャリア以外の格安SIMとスマホに乗り換えれる人と、できない人の違い。

最近、MVNOが、百花繚乱?とまでは言わないが、激しい事になっています。

どこまで、MVNO(仮想移動体通信事業者)の料金が下がるのだろう。。。と思うのですが、最近の仮想移動体通信業者のニュースを拾うと、こんな感じです。

ヨドバシカメラなどの量販店でも、フリーのSIMや端末を、専用のブースを設置して販売するようになりました。 即日、開通できる「MVNO」も3社くらい有ります。 そして、キャリア3社のブースより、賑わっている時があります。

総務省も、移動体通信の電波の割り当て権限を持っているのですから、キャリアの持っている権限をもう少し規制緩和をすれば、ユーザーが「MVNO」に移動しやすくなると考えるのですが、なかなか、政府も規制緩和を実施しません。

キャリアが、利用料金に関して小賢しい対応しかしないのであれば、もう少し「焼き」を入れても、いいのではないかと思うのですが。。。。

もう一つ、民間からのカンフル剤として、例えば、スマートフォンのOS(Android)を提供しているGoogleが日本に進出してきて、日本の「MNO(移動体事業者)」に回線を貸してねと云われたら、大変な事になります。 多分、根こそぎ、加入者を奪うでしょう。

補足説明
キャリア」の意味も知らない方が、結構いると思いますので。。。。

最近よく使われている「キャリア」とは、経歴などを意味する「career」ではなく、「運び手:carrier」が語源とされています。要は、「無線電波を使い情報を運ぶ」ので、移動体通信業者の事を「キャリア」と呼ぶ。 携帯電話会社(移動体通信業者)の三大キャリアが、ドコモ、au、ソフトバンクです。

厳密には、固定電話なども含めた電気通信事業者を総じて「キャリア」と称する様です。


Sponsored Links




1.今年の「MVNO」の動向

これまで、経費節減の為、オンラインでの申込受付のみであることが多かったのですが、店舗での取り扱いも増えて、即日開通ができる業者も増えてきました。

1)格安スマホさらに安価に、キャリア(ドコモ・KDDI・ソフトバンク)がMVNO向け接続料値下げ。

2)申し込みが殺到して、お店で契約できない「イオンモバイル」

2016年2月26日、イオンが独自MVNOで本格参戦して、人気が出過ぎてすぐに加入ができません。。。

3)1年間通信料0円キャンペーンを開始した「FREETEL」

4)データ量を2GB増量なんて朝飯前! 初期手数料無料キャンペーン中の「G-Phone」(2016年4月8日)

5)通信し放題の「ワイヤレスゲートSIM Fonプレミアム Wi-Fi(通信速度は最大3Mbps)」

6)国内通話や海外通話が定額になるオプションもある、月980円の音声SIMを「もしもシークス」が開始。

7)UQ mobileが1GBのデータ定額、無料通話、スマホもセットで、税抜月2,980円という新プランを発表

8)楽天モバイル 楽天カフェで新規契約・MNP乗りかえの即日対応が可能に

9)格安SIMの「スマモバ」を展開しているスマートモバイルコミュニケーションズは、全国に6店舗「格安スマホの窓口」をオープンしたと発表

https://smartmobile-communications.co.jp/pdf/news_20160408.pdf

2.「キャリアユーザー」と「格安SIMユーザー」の月額料金の格差について

端  末

平均月額 利用料金 1週間の通話時間
ガラケー 3,260円 19.9分
スマートフォン 6,283円 23.5分
MVNO
(音声通話付)
2,072円 5.9分
MVNO
(音声通話なし)
1,552円

平均月額 利用料金と云うのが、曲者です。 端末の分割支払いが有りますので。。。
MVNOの場合は、ほぼ、通信料金の金額のみですが、キャリアの場合は、違います。

注意する点は、月額 利用料金で、月額 通信料金ではないこと。
キャリア3社の場合は、端末代金を含んだ価格が、月額 利用料金。
MVNO(仮想移動体通信事業者)の場合は、端末代金は契約時に一括購入で、月額 利用料金は、月額 通信料金のみの事です。

MVNOの場合、端末料金を分割払いにすることは可能ですが、月額 通信料金にプラス1000円強の料金が、月額 通信料金に加算されるでしょう。

端末代金 月額 通信料金
キャリア3社の場合 とにかく、低料金に見せかける。 だが、ここで、がっぽり、6,000円以上取る。
MVNOの場合 分割でも、きっちり支払う(端末にもよるが、毎月1,000円前後)
SIMフリースマホが有れば、料金はかからない。
2,000円前後(通話付だが、カケホでは無い)

・キャリア3社の場合、6,000円以上かかる。
・MVNOの場合、端末にもよるが、毎月1,000円前後支払っても3,000円前後。

合計の価格差は、6,000円前後 - 3,000円前後 = 3,000円前後です。

ですので、キャリア3社のスマホで、
使いこなせもしない奴なら、毎月3,000円以上の金をドブに捨てている事になります。

ですが、キャリアメールが使いえないだとか、操作を覚えるのが「面倒」とか、低レベルのユーザーが大勢いるので、MVNOに変更できない、変更しないだろうと、キャリアはちゃんと見越しているのです。

3.キャリア以外の格安SIMとスマホに乗り換えれる人と、できない人の違い。

全然、簡単です!  ガラケーからスマホも含みます。

1)まず、スマホが必要でない人。

(1)殆ど「通話」にしか使わない人。—->ガラケーで十分、絶対にスマホにする必要なし。

更に殆ど「待ち受け」にしか使用しない場合、ガラケーより、スマホで通話付の格安SIMが安い場合が有ります。 ワイモバイルの「ガラホの場合、端末代金1円、月額利用料金934円で「ガラホ」が使えちゃいます。殆ど、自分からかけないで「待ち受け」にしか使用しない場合はガラケーより安いのではと思います。

(2)パソコンを使いこなせない人。 —->ガラケーで十分、絶対にスマホにする必要なし。

どうしても、バカ「ゲーム」、バカ「動画」の視聴がしたいという方は、この限りにあらず。
この階層のユーザーからは、がっぽり料金を取った方が良い。

特にバカ「動画」ユーザーから、月1GBで、1万円くらいとってもいいのではと思います。
5GBなら、5万円くらいになる。。。。そうすれば、通信回線のトラフィックは激減して、回線を高速化する必要がなくなります。

(3)使いこなそうと考えてもいない人。—->ここが一番、厄介な階層で、多勢に無勢を占めている。この階層がキャリアからMVNOに移動できない。

本来であれば、ネットワークのスピードなんて、そんなに高速化する必要など無いのに、特に動画系は、移動体通信のリソースの大部分を占領している。

知能の低い輩が使いだすと、世の中の使わなくても済むはずのリソースを膨大に消費し始める。 だから、商売としては繁盛するのですが。。。
・バカ「ゲーム」しか使わない人。
・バカ「動画」の視聴しか使わない人。
・SNS(ツイッター、LINEなど)で、誰かと繋がっていると勘違いしている人。

2)世の中、これだけ、格安SIMと言っても、「SIM」、「MVNO」の意味も知らない。

「格安SIM」とは?
キャリア3社の料金プランよりも割安な料金で利用できる「SIMカード」のことを意味します。

「SIMカード」とは?
低レベルのユーザーは、この「SIMカード」の存在さえも知らない。
ガラケーの時代は、端末のROM(メモリ)に書き込んで、運用していたが、現在は、このカードに通信業者の情報が書き込まれて使われている。これが無いと繋がりません。

「SIMカード」は、端末の横か、本体の蓋の中に、ちゃ---んと入っていますので、ちゃんと、確認しておいてくださいね。 大きさは3種類ありますので。。大、中、小のどれが入っているかもです。

MVNO(仮想移動体事業者)」とは?、
通信事業法とやらが、変わり、移動体通信をする為の設備が無くても、移動体通信事業をできるようになったのです。 あなたの知らないうちにどんどん増えました。

現在、殆どの「MVNO(仮想移動体事業者)」は、ドコモから回線を接続料金を払い、借りています。

キャリア3社は、「MNO(移動体事業者)」と云います。
ソフトバンクの子会社「ワイモバイル」も、確か、「MNO(移動体事業者)」です。

なぜ増えたか?
MVNO(仮想移動体事業者)が、ドコモなどに「回線を貸してね」と云われれると、ドコモなど、設備を持った業者は、これを断れない法律まであるのです

例えば、Googleが日本に進出してきて、貸してねと云われたら、日本の「MNO(移動体事業者)」は大変な事になります。 多分、根こそぎ、加入者を奪うでしょう。

あなたの知らないうちに、法律が変わり、知らないうちに「MVNO(仮想移動体事業者)」が増えただけです。そして、安く提供できるようになったのですが、キャリアの握っている権利・規制がまだまだあり、ユーザーのニーズ(即日開通など)に合わせることができない状況も多々残っているのです。

昔、固定電話も、「電電公社」だけでしたよね。 相互接続が可能になり、NTT(電電公社が、NTTになり、その子会社がNTTドコモです)、KDDI、ソフトバンクなど、普通に繫がるようになりましたよね。

昔、固定回線の頃はNTTが独占でしたが、その流れが、「移動体通信事業」でも始まって、キャリア3社に独占させない為に、「MVNO(仮想移動体事業者)」が参入できるようにしたのです。

ここまで。。。説明しても分からなければ、一生、NTTの「固定電話」と「ガラケー」だけを使っていてください。

iPhoneなど、見栄で持っている「使いこなせもしない端末」を自分で、格安の通信会社に、わざわざ移動する訳が無い。 賢いユーザーは別ですが。。。。

ところが、3月に発売された価格の安い「iPhone SE(5万円強)」をSIMフリーの状態で購入して、格安SIMを入れて使うユーザーが数は少ないが居ます。

先日、Apple大好きの友人が「AppleのWEBサイトで、SIMフリーのiPhoneを探していても、出てこなかった?」と言っていましたが。。。。なに、AppleストアやAppleのWEBサイトで、単体で購入すれば、全て、SIMフリーのiPhoneです。。。。SIMが通信事業者が使うものだと云う事を知らない。。。Appleは製造業者ですので。。。

3)教えてgooの質問に、「mvnoについて教えてください」とあり、現状の運用がかかれていました。

「docomo のガラケー(P904i)とタブレット(Xperia Z2 SO-05F(wi-fiモデル))の2台を利用して、データSパックとカケホーダイの料金体系で月々1万円近くの料金を支払っています。通話は月1時間 もしませんが、データ通信は毎月2Gギリギリまで使っています。」

ガラケーで、月々1万円近くの料金を支払っている???? こんなアホがまだ居るんだ!!
ちょっと待って、タブレット(WiFiモデル)の分割購入代金も含まれているのかな?

「知らない」って、「無知」って、本当にすごいですね!! こういう方、女性に多いですよね。 普段、賢そうで、まともそうな人生を歩んでいる様に見えるのですが、如何せん、世の中、自分の周り半径5m以内しか感知できない方。。。。

今更、「mvnoについて教えてください」。。だって? 地球、365周分遅れている。

こういう方は、まず、2万円~3万円位のAndroidスマホを購入する。
(MVNOでも、月々の分割料金に含めることができる)
契約条件
・NMP(モバイル ナンバー ポータビリティ)が出来ること。
・タブレット(WiFiモデル)が有るので、スマホの「テザリング」機能が使えること。
・月3Gから4Gの容量のデータ通信と通話機能が付いたSIMを契約する。
・通話も5分以内なら、カケほーだいの契約も有ります。

こうすれば、端末購入代金を除けば、通信費として月々3千円を超える料金にはならないと思います。

もう一つ、有るとすれば、
・ガラケーの「データSパック」を止めて、通話とメールのみの契約にする。
・タブレットが、WiFiモデルなので、「モバイル無線LANルーター」を契約する。
こうすれば、月々5千円前後に収まるのではと。

4.キャリアの思惑

世の中、上記、3の2)、3)の輩で、回っているので、キャリア3社のバカ高い通信料金でも、端末代が実質0円、キャッシュバックなどと云うと、端末代がタダと勘違いして、ホイホイ契約してしまう。

1)キャリアが、ユーザーをどう見ているかについて。

キャリア3社も、十分に、この階層のレベルをわきまえているので、この売り方を止めようとしませんし、止めれば、端末代金が高いので、このレベルの階層のユーザーは購入・契約してくれなくなることを一番知っている。

キャリアは、こう考えている「使いこなせもしない端末を見栄で持っている奴らが、高価な端末を購入する訳が無い」と云う事を。。。。

だから儲けるには、「端末代を0円に見せかけて、その分を通信料金に乗せて、毎月、7,8千円程度の料金を取れば、まあ、レベルの低いユーザーなら尚の事、端末を渡すところまで、全部やってやれば、黙って契約するだろう」と。。。。

この目論見は、日本のレベルの低いユーザーに、キャリアの戦略に見事にマッチして、大量に「MVNO」に移動しない要因にもなっている。

日本のキャリアは、ただの「土管屋」ですので、このやり方でしか、収益を上げることができないのです。

日本のキャリアは「回線を売るしか能がない」だから、日本のレベルの低いユーザーに端末代を0円に見せかけて、高額な通信料金を毎月、平均6000円以上取るのです。だから、経常利益も各社、数千億円になるのです。儲かって止められないでしょう。。。。

2)総務省の指導で、1GBデータプランを作ったが、このプランに変更すると、毎月の総額の支払金額が高くなるという仕組み

このような政府の圧力、ガラケー時代にもあり、料金の安いプランを作ったら、根こそぎ、ユーザーがこの安い料金プランに移ってしまい、収益が悪化したのです。

キャリアは、上記の事柄を一度、学習していますので、1GBデータプランに変更すると、「毎月割・月月割」の適用対象外とする条件を設けていますので、料金を安くしようと思って1GBデータプランに変更したら、利用料が高くなるなら、変更しないでしょうと云う事です。

毎月割・月月割これが、端末代金を安く見せかける方法として使っている方法です。

嘘だと思うなら、キャリアで「1GBデータプランに変更したいんですが」と聞いてください。
そうすれば、分かり易く、説明してくれるでしょう。 「高くなりますよ!」って言われます。

「安い契約に変更したら、端末代金を安くしないよ」と云う事です。

使いこなせもしない端末を使わさせるからユーザーもタダ同然じゃないと購入・契約しないし、そこはちゃんとキャリアは見越しているのです。

ですので、端末くらい、別途、一括で購入する意思があれば、何の問題も無いのですが、如何せん、使いこなせもしない道具に、別途「金」を出すはずもなく、端末代金を「餌」に契約する商売から、ユーザーも手を引かない限り、無くならないのです。

3)auソフトバンクの2年縛り後の対応と、とんでもない料金プラン!!の発表

料金プランの内容を見ると、3年目以降、契約解除料(解約金)が発生しない代わりに、月額料金が、300円ほど高くなる料金プランなのです。

関連記事
auとソフトバンクの2年縛り後の対応と、とんでもない料金プラン!!の発表 アホか?

ユーザーをここまで、バカにするようなプランを平気で出してくるなんて、本当に、ユーザーをなめています。

関連記事
総務省が、キャリア3社に対して、「実質0円」や「2年縛り」に厳しく、「モグラ叩き」を続けている様です。

auとソフトバンクの2年縛り後の対応と、とんでもない料金プラン!!の発表 アホか?

KDDIの田中社長が、「2年縛り」を見直し、自動更新を廃止へ 明言
総務省の指導を受けて、「実質0円」端末の販売を終了に対して、2月のスマホ販売は半減 「実質0円終了」が影響。。。 消えた「実質0円」…スマホは“冬の時代”に突入。。なんだそれ?
2016年、キャリアの携帯電話料金は値下がりするか? 予想通りユーザーをなめている。
総務省の「携帯電話値下げ議論」が決着、「値下げ」提言 本当に安くなるか?

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です