格安スマートフォン一覧

8月30日(金曜日)の夜、家に帰って気がついた。 携帯電話(スマートフォン)が無い。。

いや、正確には、落としたのか?、置き忘れたのか? この時点では定かではない。。 多分、お客様の会社に置き忘れたと思い、次の日の夕方、仕事もないのに会社へ。 その場所(会社)のデスクには無かったので、その時、初めて、無くしたと思い、回線をWEBから、速攻で停止をかけました(自分で、ブラウザからログインすると回線を一時停止できるのです)。

【商品紹介】 電話とテザリングしか出来ない、カードサイズの「NichePhone-S(ニッチフォン-S)」良いなこれ!。

【商品紹介】 電話とテザリングしか出来ない、カードサイズの「NichePhone-S(ニッチフォン-S)」が、2017年11月10日に発売されていたのを気が付きませんでした。 希望小売価格は9,980円(税別) ちょっと、小さくて、電話のみに使うには、もってこいの商品で、スマホを契約して、持っている意味のない人には、ちょうどいい商品ですので紹介します。

ビックカメラが、ASUSの新たにラインナップする、大容量バッテリー搭載の5.5インチAndroidスマートフォン「ZenFone 4 Max Pro(ZC554KL)」を2017年12月23日に発売

エントリーモデルとなっていますが、私の使用している「ZenFone 3 Max」より、はるかにスペックが高いです。 メモリも2GB---->3GBですし、バッテリーの容量も4100mAh--->5000mAhと大容量です。 SIMのカードトレイも、DSDS対応ですので、メモリカード1枚とSIM2枚が格納できます。

NTTレゾナントが、4インチの「g06+」を、7,800円(税抜)で、「OCN モバイル ONE」とセットで7月31日より販売開始

NTTレゾナントが、4インチの「g06+」を、「OCN モバイル ONE」とセットで本日より販売開始します。価格は、Andorid7.0&LTE対応では業界最安値の7,800円(税抜)です。 「gooのスマホ」第6弾として2016年9月より販売開始した格安スマホ「g06(グーマルロク)」のバージョンアップ版になります。

Motorolaが、MWC 2017において「Moto G5」「Moto G5 Plus」を発表して、日本市場への投入を表明

日本でも2016年夏からSIMロックフリーモデルとして「Moto G4 Plus」が販売されていますが、「Moto G5 Plus」はその後継モデルとなります。 現行製品の「Moto G4 Plus」は、3万円前後と比較的廉価な価格帯にありますが、G5はいくらくらいで販売されるのか? ちょっと狙い目かもしれません。