Englyが、日本最大級の英会話コミュニティ「Engly(イングリー)」のウェブ版をリリースしました。

「Engly(イングリー)」は、日本で英語を学習中の人達が集まる無料で英会話の練習ができるSNS(ソーシャルネットワークサービス)です。 英語での投稿やチャットを通じて日常的に英語を使うことで、楽しみながら英語に慣れていくことができます。

【サービス終了のお知らせ】日本郵便が無料で提供していた「はがきデザインキット」など、多くのサービスが、2020年1月末で提供を終了します。

2020年1月31日を持って、ウェブ版の全サービスとインストール版・スマホアプリ版のネット印刷サービスおよびクラウド住所録を終了します。 ウェブ版・スマホアプリ版にて利用していたクラウド上の「住所録」は、2020年3月31日までに、自分でパソコンにダウンロードをする必要があります。

あと25年後、日本の社会はどうなっているのだろう? 2020年1月に考えてみる。

2045年には、AI(人工知能)は、人間の「脳」を超える「シュンギラリティ(技術的特異点)」に到達するといわれています。 もちろん、その頃には、私は、この世に存在していないでしょうから、どうなろうが関係ないし、どうなったところで私のせいでもありませんので、本当は知ったことではないのですが、あと25年経ったら、日本はどうなっているのだろう? とふと考えてしまいまいました。

【新商品】最大70時間駐車監視できるikeep製 ドライブレコーダー駐車監視用 急速充電バッテリー「 MIGHTYCELL(マイティセル) EN12000」

ALinksが独自に実施したドライブレコーダーを装着済み、または今後装着予定の方に実施したアンケート(計492名)によりますと、運転中だけでなく駐車中も録画したいと回答された方が71.34%でした。 つまり、運転中だけでなく、7割以上の方が駐車中も監視したいということです。

【面白記事】 知識レベルに格差がありすぎると「普通に話しているだけ」なのに相手にとっては「バカにされている」ように感じる

札幌の南1条通りの「Apple store」が無くなって、数年以上経ち、非常に残念なのです。早く札幌にも「Apple store」を出してほしいのですが。。。一応、修理はビックカメラ3階でもできますが、修理だけしかできないので、完全に役不足です。

テックウインドが、画面タッチ非対応のWindows 10ノートPCをタッチ対応にする後付けのデバイス「AirBar」を2020年1月に発売すると発表

画面タッチ非対応のWindows 10ノートPCをタッチ対応にする後付けのデバイス「AirBar」。 残念ながら、Mac用はありませんが、タッチ操作が必要な場合や業務で役に立つように思います。 タッチ操作可能な画面のPCはちょっと高価ですので、これくらいの値段で実現できるのなら、良いのかもしれません。

モバイル無線LANルーターをauに切り替えたら、パソコンでインターネットに繋がらなくなった

これは、私の遭遇したトラブルではないのですが、2019年12月中頃、メッセージが入ってきました。 12月中旬、「auの無線LANルーター最新機種(Speed Wi-Fi NEXT W06)を契約したんですけど、パソコンに繋がらないんです!!」と。。なんとかしてほしいと。。。。はて?

マクラーレンが、最高速403km/hを叩き出す、限定106台のハイパーGT「スピードテール」約2億5000万円を販売

最高速の403km/hの壁を超えるのは、ダウンフォースやドラッグなどを高度に計算されているんでしょう。 F1でも、トップスピードは、サーキットにもよりますが、せいぜい360km/hくらいでしょう。 ル・マン24時間でも、400km/h以下に抑えるようにシケインが設けてあります。