ノルウエーの「Opera Software ASA」が、デスクトップ向けWebブラウザー「Opera 37」の正式版をリリース

2016年5月5日、
ノルウエーの「Opera Software ASA」が、デスクトップ向けWebブラウザー「Opera 37」の正式版をリリースしました。

「Opera」のシエアは数パーセントしか有りませんが、スピードダイアルなど面白い機能もたくさんありますし、「ブックマーク」も復活しましたので、好きなブラウザの一つです。

Opera Softwareの元CEOが中心となって開発されている「Chromium(クロミウム)」ベースのWebブラウザー「Vivaldi」もリリースされています。

Sponsored Links




opera37_001

主な機能追加
・広告ブロック機能
・ビデオポップアウト機能

WEBブラウザを提供している各社が採用しているレンダリング(抽画)・エンジン
1)Microsoft
①「Internet Explorer 」     :Trident
②「Microsoft Edge」        :EdgeHTML
2)モジラ「Firefox」      :Gecko
3)「Safari」         :WebKit
4)「Opera」、「Chrome」  :Blink(Google WebKitから分岐)

タブを複数開いても、重くならないブラウザは、モジラ「Firefox」が一番です。

IEのシエアは、とうとう、Google「Chrome」の抜かれてしまいましたが、「Internet Explorer 」、「Chrome」などは、タブを複数開いて行くと、どんどん重くなります(メモリを大量に消費しますので)。

対応OS
Windows 7、8.1、10
本バージョンから、Windows XP、Vistaのサポートが打ち切られています。

関連記事
Opera Software ASAが、デスクトップ向けWebブラウザー「Opera 35」の正式版をリリース
Opera Software ASAが、デスクトップ向けWebブラウザー「Opera 33」の正式版をリリース
「さよならChrome。私、Firefoxに戻ります」と云う記事が、とても面白かったので感想を
ノルウェーの「Vivaldi Technologies 」が、Webブラウザー「Vivaldi 1.0」を公開

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*