USBメモリーに格納して使うと便利なフリーソフトと使い方

USBメモリーに格納して使える便利な「フリーソフト」と使い方についてです。

最近は、低価格の「Windows 8、10」の入ったタブレットが、多く販売されてきていますが、低価格の為か、ストレージの容量が少なく、色々なアプリをインストールすると、容量を逼迫する羽目になってしまいます。

ちょっと前までは、USBメモリに格納してアプリを使用する目的は、外出先で自分のパソコンでない端末を使用する時に利用すると云う用途が多かったように思います。

しかし、最近は、Windowsタブレットのストレージ容量を減らさないように使用する目的で、持ち歩いている端末で使用するのに、良い方法ではと考えます。


Sponsored Links




1.アプリをUSBメモリに入れて使えるか、使えないかの違いについて

通常は、パソコンにインストールしないと使えないのに、なぜ?USBメモリーにプログラムを入れて、動くのだろうか?

USBに入れて使えないアプリ
通常、アプリケーションは、インストーラーと云うプログラムを利用して、アプリなどを自動で、パソコンのHDDのある場所に格納する機能を有していています。ユーザーが、個々に指定して設定しなくても、インストーラーが、自動的にプログラムをHDDに格納する仕組みになっています。 具体的には、C:\Program Files、C:\Windowsなどのフォルダ内に、動作に必要なファイルを自動的にインストールします。

USBメモリに格納して使えるアプリ
USBメモリに格納して使えるアプリケーションの場合は、上記の様に、C:\Program Files、C:\Windowsなどのフォルダ内に、自動的にインストールしないのです。 そのフォルダ内の実行ファイルを使って起動するだけです。

ダウンロードした、フリーソフトでも、インストールしないタイプのアプリケーションは、ほぼ、USBメモリにいれて使えるアプリケーションだと思って間違いありません。

それでは、各ジャンル別に、お勧めのフリーソフトを紹介します。

何本か使用してみて、使い慣れてきて、便利だと思ったなら、是非、ランチャーを使用して起動する方法を採用すると、更に便利に使えるようになると思いますので、最後に紹介します。

PortableApps.com」と云う、英語のサイトをメインで利用しますが、常に、最新のポータブルアプリが、有りますので、ここからダウンロードするのが、ベストだと考えています。

・「PortableApps.com」 :https://portableapps.com/

2.ブラウザ編

1)Firefox(ポータブル ファイアフォックス)

FirefoxPortable_128

英語版のみですので、日本語化するには、日本語化パッチのDL・インストールが必要でちょっとやっかいですが、下記の方法で「日本語化」できます。
(1)モジラのアドオンサイトから「Locale Switcher2.1]アドオンを入手してインストール
https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/356?id=356&vid=1103

(2)下記のモジラのサイトから日本語言語ファイル「ja.xpi」をインストール
http://releases.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/3.0/win32/xpi/

(3)Firefox Portable の「Tools」タブの「Langage」 から「Japanese」を選択し、Firefox Portable を再起動する。

対応OS
Windows XP/Vista/7/8/10, Wine on Linux/UNIX

・Mozilla Firefox, Portable Edition
http://portableapps.com/apps/internet/firefox_portable

2)その他のブラウザ

(1)Opea USB(オペラ USB)

対応OS
Windows 7/8/10

サポート切れのOSWindows XPおよびVistaと互換性がある、Opera Portableの従来の36.xリリースも利用可能です。

(2)Google Chrome Portable (ポータブル クローム) Google

機能
クイックスタート
ウェブページを簡単に読み込みます
Webアプリケーションを以前より速く実行します。
効率性と使いやすさを考慮して設計されています
同じボックスからWebページを検索してナビゲートする
タブを整理して整理する
新しいタブページで最も訪問したサイトのサムネイルから、ワンクリックでお気に入りのウェブサイトにアクセスできます

対応OS
Windows 7/8/10

3.メーラー編

1)Mozilla Thunderbird, Portable Edition

最近は、ブラウザベースのメールが主流ですが、メールソフトをどうしても、使いたい方にお勧めです。

クイックメッセージ検索、カスタマイズ可能なビュー、IMAP / POPのサポート、RSSサポートなど、多くの優れた機能を備えています。

thunderbird3_001

thunderbirdportable_001

対応OS
・Windows XP/Vista/7/8/10
・ Wine on Linux/UNIX

・Mozilla Thunderbird, Portable Edition
http://portableapps.com/apps/internet/thunderbird_portable

2)Opera Mail Portable

operamailportable_001

フィードリーダーの機能も付いています。

対応OS
Windows XP/Vista/7/8/10

・Opera Mail Portable
http://portableapps.com/apps/internet/opera-mail-portable

4.オフィス・スイート編

会社の場合は、大抵インストールされていますので不要だと思いますが、アプリの入っていないパソコンで作業したい場合、フリーのオフィスアプリが有り、インストール不要で使用できますので便利ですね。

ワープロ、表計算など、「Microsoft Office」と互換がありますが、操作は全く同じではありません。
操作に自信の無い方や覚えるのが苦手の方には、お薦めできません。

1)Apache OpenOffice Portable

「OpenOffice.org Portable」から、「Apache OpenOffice Portable」に管理している会社が変わった為、名称が変更になっています。

openoffice_portable_001    

本当に高機能なフリーのオフィスアプリケーションです。
地方自治体で採用している所もあります。

対応OS
・Windows 2000/XP/Vista/7/8/10
・Wine under Linux/UNIX

注意事項
多言語の標準言語パックですので、180MBのダウンロード/ 826MBのインストール
インストールすると、大容量になりますので、容量の小さいUSBメモリに入れるときは、注意してください。

・ダウンロードサイト
http://portableapps.com/apps/office/openoffice_portable

2)LibreOffice Portable

OpenOfficeから、派生したアプリです。  こちらは、MACでも使えます。

ワードプロセッサ、スプレッドシート、プレゼンテーションツール、図面パッケージ、データベースなどのポータブルアプリケーションとしてパッケージ化されたフル機能のオフィススイートです。

LibreOfficePortable_001

対応OS
・Windows XP/Vista/7/8/10
・Wine under Linux/UNIX/Mac

注意事項
インストールすると、500MB以上の容量になりますので、容量の小さいUSBメモリに入れるときは、注意してください。

・ダウンロードサイト
http://portableapps.com/apps/office/libreoffice_portable

5.動画・音楽再生ソフト編

1)VLC Media Player Portable

vlc_001

<VLC Media Player 画面>

VLC Portable

機能
・動画や音楽の再生。
・再生可能な形式は、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、DivX、XviD、WMV、mp3、oggなど。
・動画や音楽ファイルを別形式のファイルに変換する機能。
・PCカメラの映像を表示可能。
・日本語表示します。

対応OS
Windows XP/Vista/7/8/10

・VLC Media Player Portable
http://portableapps.com/apps/music_video/vlc_portable

2)MPlayer Portable(動画)

mplayer_portable_001

機能
・動画の再生機能のみです。
再生のみで使用するなら、VLCより軽いです。

対応OS
Windows 95/98/Me/2000/XP/Vista

・ダウンロードサイト
http://portableapps.com/apps/music_video/mplayer_portable

3)AIMP Portable(音楽)

AIMPは、カスタマイズ可能な音楽プレーヤー、音楽ライブラリ、インターネットラジオプレーヤー、およびオーディオコンバータです。

20種類以上のオーディオ形式がサポートされた音楽プレーヤーです。

対応OS
Windows XP / Vista / 7/8/10

・ダウンロードサイト
https://portableapps.com/apps/music_video/aimp-portable

6.画像処理ツール編

1)GIMP Portable(2D画像処理)

Portable GIMP はUSBやその他のポータブルデバイスに入れて、使用することができる GIMPのポータブルバージョンです。

GIMPPortable_002

GIMP Portable

対応OS
Windows XP/Vista/7/8/10

・DLサイト
http://portableapps.com/apps/graphics_pictures/gimp_portable

2)Krita Portable(2D画像処理)

コンセプトアート、テクスチャやマットペイント、イラストレーションやコミックなどに最適なフリースケッチ&ペイントプログラムです。

対応OS
Windows Vista / 7/8/10

・DLサイト
https://portableapps.com/apps/graphics_pictures/krita-portable

3)Blender Portable(3D画像処理)

3Dモデリング、アニメーション、レンダリング、ポストプロダクション、インタラクティブな作成と再生のためのオープンソースソフトウェアです

対応OS
Windows Vista / 7/8/10

・DLサイト
https://portableapps.com/apps/graphics_pictures/blender_portable

4)VIX(総合画像ビューワ)

USBに格納するだけでなく、インストール不要で使用できますので、デスクトップパソコンで使用するのも良いと思います。

vix

機能
・画像のリサイズ、トリミング、減色処理、回転。
・D&Dによる連結などの加工機能
・画像フォーマットの一括変換、及びこれらを一括して実行できる「総合変換」機能
・画像一覧を印刷したりホームページにしたりするアルバム機能
・TWAINやWIAを使っての画像取り込み機能。

対応OS
Windows 95、98、NT、 Me、XP、10

・DLサイト
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se083112.html

5)IrfanView Portable(総合画像ビューワ)

rfanView Portableは、写真、ベクトルグラフィック、アニメーション画像、ムービー、アイコンファイルなどをサポートする、Windows用のグラフィックビューアです。

対応OS
・Windows XP / Vista / 7/8/10
・Linuxでのワイン

・DLサイト
https://portableapps.com/apps/graphics_pictures/irfanview_portable

7.セキュリティ編

1)ClamWin Portable

ClamWinは、Microsoft Windows用の無料アンチウイルスです。

ウイルスおよびスパイウェアに対応していますが、リアルタイムスキャン機能は付いていません。

対応OS
Windows XP / Vista / 7/8/10

・ダウンロード サイト
https://portableapps.com/apps/security/clamwin_portable

8.複数のWindowsアプリをUSBメモリに格納して、ランチャーで起動する方法です。

ただ、USBメモリに格納するだけでなく、便利に使用する為に、ランチャー(プログラムメニュー)もUSBの中に入れて、アプリケーションを管理しようと云う試みです。 こうしておけば、ランチャーに複数のアプリを登録していても、目的のアプリを一発で起動できますよね。

マイクロソフトのWindows 8、10が動いているタブレットなど、ストレージにあまり余裕のない端末では、アプリをUSBメモリの中に入れておいて、使用する時に、さっとUSBメモリを端末に挿して、アプリを起動すると云う事が出来るのではと思います。

USBメモリの中にアプリを入れるだけなら、そんなにハードルは高くないのですが、このランチャーに登録するのが、ちょっと面倒ですが、1つ登録の仕方を覚えれば、後は同じですので、1つ登録する処まで、ちょっと詳しく説明を記載しますので、試してみて下さい。

WindowsアプリをUSBメモリに格納して、ランチャーを使用して起動することのできるアプリを2本紹介します。

1)「PortableApps.com」のランチャー

PortableApps.com」は、「USBに格納して使えるフリーソフト」を多数紹介していますが、このサイトには、もう一つ便利なアプリーションがあります。

USBで使えるアプリを起動する為の「ランチャーソフト」と色々な「フリーソフト」をセットにした「Suite」が無料でダウンロードして使えます。

PortableApps.com Platform
USBドライブ、クラウドドライブ、またはローカルPCで使用する独自のカスタムポータブルアプリケーションスイートを構築できるフル機能のポータブルソフトウェアシステムです。

Platform_menu12v5

対応OS
Windows 10、 8.1、8、 7、 Vista、 XP
Mac OS X
Wine 、 CrossOver 、 Wineskin 、 WineBottler 、
PlayOnMacを介してLinux、Unix、BSDなどでも動作します。

・The PortableApps.com Platform ダウンロード
http://portableapps.com/download

2)「PStart」

PStart_001

特徴
登録したAPの保存先を相対パスで記録しますので、例えば本ソフトを他APとともにUSBメモリへインストールし、USBメモリ上のAPを本ソフトへ登録 しておく。すると、USBメモリを別のパソコンへ接続した時に、USBメモリのドライブレターが変更されても、本ソフトからUSBメモリ上のAPを起動で きる。

機能概要
・インストール先として「ローカルのHDD」や、「USBメモリなどのリムーバブルメディア」も指定可能。
・Windows XP、Vistaなどに搭載されている、リムーバブルメディアの自動再生機能で、本ソフトを起動するためのメニューが表示されるように、USBメモリ内へ“autorun.inf”を作成することも可能です。

・PStart ダウンロード
http://www.pegtop.net/start/


Sponsored Links