フランスのスマートフォンメーカー「Wiko(ウイコウ)」が日本市場への参入を発表し、エントリークラスのスマホ「Tommy」を2月25日に発売

2017年2月14日、
フランス・マルセイユのスマートフォンメーカー「Wiko(ウイコウ)」が日本市場への参入を発表しました。エントリークラスのスマホ「Tommy」を2月25日に発売すると発表しました。市場予想価格は1万4800円(税別)。

海外から日本のスマートフォン市場に参入しているのは、中国(ファーウエイ等)、韓国(サムスン)、台湾(エイスース等)の隣国ですが、初めて、ヨーロッパからの参入です。

さて、格安スマホの種類も、現在、色々と増えてきましたが、何か変わった端末が出てこないかと思います。 例えば、画面は小さくても良いので、昔、ワイモバイルで販売していた超小型の「S51SE」の様な「通話」と「テザリング」が出来れば良い。。。みたいな端末が欲しいところです。

Sponsored Links





本体サイズ:約71.5(幅)×145.9(高さ)×8.9(奥行き)mm、重量:約145g

スペック
・OS        :Android 6.0
・画面      :5 “HD IPSディスプレイ(720×1280ドット)
・CPU      :Snapdragon 210 1.3GHz(クアッドコア)
・メモリ     :16GBメモリ、2GBメモリ
・カメラ     :フロント:5MP、リア:8MP
・バッテリー容量 :2500mAh
・SIMカード   :Micro SIMを2枚搭載可能。
但し、日本国内ではDSDS(Dual SIM Dual Standby)機能は使えない。
・無線LAN(Wi-Fi)はIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)、Bluetoothは4.1に対応
・GPS機能

・Wiko(ウイコウ) サイト
http://jp.wikomobile.com/

関連記事
NTTコミュニケーションズが、MVNO 向けに、格安スマホの利用者が低料金で国内通話ができる「OCNでんわ」の「卸」提供を開始すると発表

FREETELが、4000mAhの大容量バッテリーを搭載したエントリーモデル「Priori 4」を発売

良さげな、SIMフリーのAndroidスマートフォンはないか? FREETEL RAIJIN(雷神)はどうか

プラスワン・マーケティング(FREETEL)が、4000mAhバッテリーを搭載したAndroidスマートフォン「Priori 4」を1万4800円(税抜)で2017年1月27日に発売すると発表

MVNOのFREETELが、半年ごとに、機種代金の残額なしで機種変更が可能な「かえホーダイ」プランを発表
Sponsored Links










コメント

  1. 山口 達也 より:

    いつも楽しく拝読しています。

    おっしゃる通りiPhoneSEサイズで通話+デザリング機能の、Android機が発売されたら食指が動きます。

    70歳オーバーの老人には、現行のスマホでも画面が小さいくらいです。通話以外の情報を閲覧する際はタブレットを使います。

    最近は、スマホのアプリも数える程しか使っていません。アナログ回帰でシステム手帳やB5ノートを愛用しています。時代に逆行していますが、手書きは最強ツールだと思います。

    あなた様のブクログ(本棚)を参考に、毎月5冊を目標に読書をはじめました。読書は情報や知識をインプットすると同時に、精神の安定剤にもなるようです。

    駄文で失礼いたしました。今後のご活躍をお祈りいたします。

    • GT より:

      山口 達也様

      GTです。
      コメントありがとうございます。

      このようなコメントをいただけると、本当に嬉しい限りです。

      「現行のスマホでも画面が小さいくらいです。通話以外の情報を閲覧する際はタブレットを使います。」
      私もまったく同感です。 MacBookもカバンに入れていますが、圧倒的にタブレットの使用頻度が多く、欠かせない端末です。

      私も、ほぼ毎日、仕事帰り、札幌の紀伊国屋書店によりますので、これからも書籍を読んでゆきたいと思います。
      いつも私の知らないことが、たくさんあり、日々、勉強ですね。

      このようなコメントを頂くと、本当に、元気になります。

      ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*