Windowsパソコンが、重くならないようにする為の初期設定とメンテナンス方法について


Sponsored Links




6.ダウンロードしたアプリケーションの管理方法

皆さん、パソコンに慣れてくると、フリーソフトなどをダウンロードしてお使いだと思いますが、インストーラーが起動してインストールされる場合は、デスクトップに起動用のショートカットアイコンまで自動で貼り付けてくれますので、実際にどこに保存されているか、分からないまま使用している方が大勢いらっしゃると思います。

1)通常、インストーラーが起動して、プログラムがインストールされる場所

インストーラーが起動してインストールされる場合は、C:program file と云う場所の中にフォルダが作成されて格納されています。 そして、C:Windowsのsystemと云うフォルダの中にもプログラムの部品が格納されます。これはほとんどファイル単位で格納されますので、何が格納されたか、見分けがつきませんが。

スタートボタンにカーソルを置いて、右クリックすると「エクスプローラーを開く」のメニューが出てきますので、このファイルを操作するためのアプリ:エクスプローラーを使って確認しておくとよいと思います。


2)ダウンロードしたアプリケーションによるインストール方法の違い

ダウンロードしたアプリケーションによって、ダウンロード後、インストールする時に、そのアプリによって格納される場所が違いますので、何パターンしか有りませんので覚えておくと便利ですので。。。

(1)ソフトをインストールしたとき 通常、ソフトをインストールするとC:program fileというフォルダにインストーラが、自動的にアプリケーション単位にフォルダを作成して格納するタイプ。
これは、自動で格納されるので、インストールが終了したら、インストーラー(.EXE)は削除しても構いません。

(2)ダウンロードすると、圧縮ファイルになっている。
(イ)解凍すると、SETアップファイルがあり、インストーラーが有る場合、1)と同じです。

(ロ)解凍すると、そのフォルダの中に、アプリの実行ファイル(.EXE)があり、そこから、アプリを起動するタイプ。
このタイプは別途、「各種ダウンロードソフト」などと云うファイル名を付けたフォルダを作成して、この中に格納して、デスクトップに実行ファイル(.EXE)のショートカットを貼り付けて使用するのが管理しやすいと思います。 このタイプは、「プログラムファイル」に格納されませんので、USBに格納しても使用できるアプリです。

上記の1)~2)までの詳細は、下記の関連記事を参照して、実施してみて下さい。
––関連記事––
第5回 Windowsパソコンの基礎知識 ダウンロードとインストールについて

さあ、これで大丈夫ですよね。

よく、重くなったら、「Windowsを再インストール」する方法も有りますが、めんどくさいですよね。。。。。
月1回でいいんです。 このように小まめにメンテすれば、どうしようも無い程、重くならないと思いますので、手順を覚えて実施してみて下さい。

Sponsored Links