Windowsパソコンが、重くならないようにする為の初期設定とメンテナンス方法について


Sponsored Links




6.ダウンロードしたアプリケーションの管理方法

皆さん、パソコンに慣れてくると、フリーソフトなどをダウンロードしてお使いだと思いますが、インストーラーが起動してインストールされる場合は、デスクトップに起動用のショートカットアイコンまで自動で貼り付けてくれますので、実際にどこに保存されているか、分からないまま使用している方が大勢いらっしゃると思います。

1)通常、インストーラーが起動して、プログラムがインストールされる場所

インストーラーが起動してインストールされる場合は、C:program file と云う場所の中にフォルダが作成されて格納されています。 そして、C:Windowsのsystemと云うフォルダの中にもプログラムの部品が格納されます。これはほとんどファイル単位で格納されますので、何が格納されたか、見分けがつきませんが。

スタートボタンにカーソルを置いて、右クリックすると「エクスプローラーを開く」のメニューが出てきますので、このファイルを操作するためのアプリ:エクスプローラーを使って確認しておくとよいと思います。


2)ダウンロードしたアプリケーションによるインストール方法の違い

ダウンロードしたアプリケーションによって、ダウンロード後、インストールする時に、そのアプリによって格納される場所が違いますので、何パターンしか有りませんので覚えておくと便利ですので。。。

(1)インストーラー(.EXE)をダウンロードして、クリックしてインストールを実行したとき 通常、インストールする途中で、C:program fileというフォルダにインストーラが、自動的にアプリケーション単位にフォルダを作成してプログラムデータを格納するタイプ。
これは、自動で格納されるので、インストールが終了したら、ダウンロードしたインストーラー(.EXE)は削除しても構いません。

(2)ダウンロードすると、圧縮ファイルになっている。

(イ)解凍すると、フォルダの中にSETアップファイルがあり、インストーラーが有る場合、1)と同じです。

(ロ)解凍すると、そのフォルダの中に、アプリの実行ファイル(.EXE)があり、そこから、アプリを起動するタイプ。
このタイプは別途、「各種ダウンロードソフト」などと云うファイル名を付けたフォルダを作成して、この中に格納して、デスクトップに実行ファイル(.EXE)のショートカットを貼り付けて使用するのが管理しやすいと思います。

このタイプは、「プログラムファイル」に格納されませんので、USBに格納しても使用できるアプリです。

上記の1)~2)までの詳細は、下記の関連記事を参照して、実施してみて下さい。
––関連記事––
第5回 Windowsパソコンの基礎知識 ダウンロードとインストールについて

3)増えてきた各種アプリケーションの管理方法

複数のアプリをダウンロードして、利用するようになると、デスクトップにアプリの起動用のショートカットが増えてきて、鬱陶しくなります。 そんな時に便利なのが「ランチャー」です。

要は、複数ある起動用のショートカットを分類して登録することが可能で、コンパクトで非常に便利です。

CLaunchの画面>

アプリのショートカットアイコンをドラック&ドロップすると、上記画面に登録することができます。 たくさんある場合は、タブを使い分類して登録すれば、なお便利に使えます。

––関連記事––
定番のアプリランチャー「CLaunch」の最新版v3.28がリリース、新たにUWPアプリに対応

さあ、これで大丈夫ですよね。

よく、重くなったら、「Windowsを再インストール」する方法も有りますが、めんどくさいですよね。。。。。
月1回でいいんです。 このように小まめにメンテすれば、どうしようも無い程、重くならないと思いますので、手順を覚えて実施してみて下さい。

Sponsored Links




関連記事
Glarysoft Ltdが、無償の統合PCメンテナンスソフト「Glary Utilities」v5.89をリリース
IObit社が、不要なアプリを一括でアンインストールできるアプリ「IObit Uninstaller」の最新版v6.1を公開
Windows 7の「ディスク クリーンアップ」ウィザード アドオン処理で不要になったWindows Update (更新プログラム)のファイルを削除することが可能
WindowsパソコンやIEなどのブラウザが、ちょっと「重くなったなー」と思った時に、簡単にある程度改善することができる方法。
PCの動作が遅いなどの問題を診断・解決できる「Microsoft」の公式診断ツール 「Fix it」とセキュリティ対策ソフト。
Windowsパソコン ハードディスク空き容量不足の「原因と対策」について
「I E」、「Google Chrome」、「Firefox」の各ブラウザにインストールされているアドオン/プラグインの詳細を表示するアプリ「BrowserAddonsView」
今年もWindows 7 , 8.1、10が重くならないように活躍してくれた、お勧めフリーソフト3本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加