Microsoft が、「Windows 10」の標準ブラウザ「Microsoft Edge」のiOS/Android版をリリース

2017年11月30日、
Microsoft が、「Windows 10」の標準ブラウザ「Microsoft Edge」のiOS/Android版をリリースしました。

「Microsoft Edge」が、iOSやAndroidで動いて何になるのか? 今一分かりませんが、「Windows 10」でも、ChromeやFirefoxよりシェアが低いですので、スマートフォン、タブレット端末でも使える様にして、認識してもらうことも大切なことでしょう。


Sponsored Links




<尚、12月1日現在、利用可能な市場および言語の可用性に関して>

Microsoft Edge for iOSは、米国(英語)、中国(簡体字中国語)、フランス(フランス語)、英国(英語)で利用できます。

Microsoft Edge for Androidは、米国(英語)、オーストラリア(英語)カナダ(英語およびフランス語)、中国(簡体字中国語)、フランス(フランス語)、インド(英語)および英国(英語)で利用できます。

残念ながら、まだ日本は含まれていません。

機能・特長
・「ローミングパスワード」機能
Edgeで入力したパスワードを、同ブラウザをインストールしたPCとスマートフォンで使い回せる機能
・「ダークテーマ」
スマートフォンでもPCでもEdgeに暗いテーマを適用できる。
・コンテンツを整理する「ハブ・ビュー」などの機能

補足
スマートフォンと PC の連携機能を利用するには、 PC 側を「Windows 10 Fall Creators Update」にアップデートする必要があります。

Microsoft Edge now available for iOS and Android


Sponsored Links




関連記事
Microsoftが、iOS/Android用ブラウザ「Edge」発表、プレビュー版リリース
Microsoft社が、Androidスマートフォン向けにOfficeアプリ(「Word」、「Excel」、「PowerPoint」)の正式版をリリース

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*