米ERATOが完全ワイヤレスイヤホンのハイエンドモデル「Apollo7s」を期間限定キャンペーン特別価格で販売!

米ERATOが、完全ワイヤレスイヤホンのハイエンドモデル「Apollo7s」を期間限定キャンペーン特別価格で販売!

期間は、各3色を2018年3月3日(土)から4月30日(月)まで。
ERATO製品の各正規販売店にて期間限定キャンペーン価格24,880円(税別)にて販売。

ヨドバシ、ビックカメラなどの家電量販店で販売される様ですので、ちょっと見てきましょう。 個人的には、今度は、SONYのノイズキャンセリング機能の付いたBluetoothイヤフォンWF-1000Xを使ってみたいのです。

このように電池で動く小さな物は、一度、購入すると、ずーっと使うのが常ですが、壊れる前に、2年を過ぎると、バッテリーがへたり、充電回数が増えますので、2、3台在っても、良いのです。

Sponsored Links





・色は、Black/Gray/Silver/Rose Goldの4色
・イヤホンの電池容量50mAh(約3時間)
・充電ボックスの電池容量300mAh(3回位充電できる)

     

実は、私も、ERATOの「VERSE」を去年の暮に購入して使用しています。

今までは、iPhoneの音楽をSONY製の複数のBluetoothヘッドセットに、Beats(ビーツ)のイヤフォンをさして聴いていましたが、「VERSE」を使い始めると、ちょうど「配線」のわずらわしさが無くなり、Bluetoothヘッドセットをあまり使用しなくなりました。

「iPhone 6+」の音楽を聴いているのですが、ただ、完全ワイアレスですので、ちょっと扱いずらい点があります。 例えば、片方から音が出なかったりと、たまに発生します。どうしても、復旧しないときは、充電ケースに一度格納して、電源を入り切りすると治ります。

後は、落とさないようにすること、耳に当たるガイドのシリコンがこのモデルには付いていませんので、そこがちょっと残念なところです。落とさないように、耳にずっぽりと入れるので、「音」は良いのですが、ちょっと、耳にかかる負担はいかがなものかと?

VERSE」に興味のある方は、下記のページを参照してみて下さい。
初めて、完全左右独立型のワイヤレスイヤホンERATO(エラート)の「VERSE」を購入してみました。


Sponsored Links




関連記事
オウルテックが、ワイヤレスBluetoothイヤホン「OWL-BTEP03」シリーズを12月下旬に発売すると発表
BOSEが、左右完全分離型Bluetoothワイヤレスイヤホン「SoundSport Free Wireless Headphones」を10月上旬に発売すると発表
ソニーが、左右完全分離型のBluetoothイヤフォン「WF-1000X」を発表しました。2017年10月7日発売予定です。

ドン・キホーテが、5,980円で『完全ワイヤレスイヤホン-充電式専用ケース付属-』を全国のドン・キホーテで発売を開始

最近、やけに気になるBluetoothイヤフォンが沢山出てきていますが。。。全部、欲しい。。です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.