ASUSが、4000mAhバッテリーを搭載したSIMフリーAndroidスマートフォン「ZenFone Max(M1)」を9月21日に発売すると発表

2018年9月19日、
ASUSが、4000mAhのバッテリーを搭載したSIMフリーAndroidスマートフォン「ZenFone Max(M1)」(型番:ZB555KL)を9月21日に発売すると発表しました。

価格は、2万4624円前後(税込)。

ZenFone Max (M1)は、ZenFoneシリーズの中で、4000mAhの大容量のバッテリーを搭載した、どちらかと言うと、エントリーモデルです。

ZenFone 3 Max」—->「ZenFone 4 Max」と続いてきました。

ですので、スマホが、初めての方で、あまり使わない方なら、3日間は充電しなくても済みますので、充電を気にせず、長く使える端末になると思います。 欲を言うとメインメモリを4GBにしてほしい処です。


Sponsored Links




・色は、サンライトゴールド,ルビーレッド,ディープシーブラックの3色
・本体サイズ:70.9(W)×147.3(D)×8.7(H)mm、重さ:約150g


私は、「ZenFone 3 Max」を使用していますが、4000mAhの大容量のバッテリーはそのままで「ZenFone Max(M1)」はかなり進化しています。

特長
・5インチの本体サイズに5.5インチのHD+フルビューディスプレイを搭載。
・アウトカメラは、デュアルカメラシステムを搭載。
・4,000mAhの大容量バッテリーが搭載。
約2.9時間で満充電します。また、わずか15分間の充電で4時間の通話が可能です。

・2つのnanoSIMカードスロット(DSDS)と、最大2TB対応のmicroSDカードスロットが搭載されたトリプルスロットを採用しています。

・顔認証機能も搭載
・モバイルバッテリーとして使用できるリバースチャージ機能を搭載。

スペック

  • OS        :Android 8.0
  • 画面      :5.5インチ液晶,解像度720×1440ドット
  • プロセッサ   :Qualcomm製「Snapdragon 430」
    (CPUコア Cortex-A53×8,最大CPU動作クロック1.4GHz,GPUコア Adreno 505)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ   :内蔵32GB+microSDXC(最大容量2TB)
  • アウトカメラ  :有効画素数約1300万画素+有効画素数約800万画素
  • インカメラ   :有効画素数約800万画素
  • バッテリー容量 :4000mAh
  • 対応LTEバンド  :FDD LTE Band 1/3/5/7/8/18/19/26/28,TDD LTE Band 38/41
  • 対応3Gバンド   :Band 1/5/6/8/19
  • 待受時間    :約920時間(LTE),約880時間(3G)
  • 連続通話時間  :約1182分(LTE),約2154分(3G)
  • 無線LAN対応  :IEEE 802.11n(※5GHz帯非対応)
  • Bluetooth対応  :4.2
  • USBポート   :USB 2.0 Micro-B

ZenFone Max (M1) 商品サイト
https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Max-M1/


Sponsored Links




関連記事
フューチャーモデルが、カードサイズのSIMフリー携帯電話の4G対応モデル「NichePhone-S 4G」を9月14日に発売

ビックカメラが、ASUSの新たにラインナップする、大容量バッテリー搭載の5.5インチAndroidスマートフォン「ZenFone 4 Max Pro(ZC554KL)」を2017年12月23日に発売

ASUSが、大容量バッテリを搭載した5.2型Androidスマートフォン「ZenFone 4」シリーズ最新製品「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」を発売

ASUSが、大容量バッテリー搭載のスマートフォン「ZenFone 3 Max(ZC520TL)」の上位モデル「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください