ASUSが、大容量バッテリを搭載した5.2型Androidスマートフォン「ZenFone 4」シリーズ最新製品「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」を発売

2017年12月8日、
ASUSが、大容量バッテリを搭載した5.2型Androidスマートフォン「ZenFone 4」シリーズ最新製品「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」を発売しました。 希望小売価格は24,800円(税別)。

4.100mAhの大容量バッテリーを搭載し、インカメラにデュアルレンズを採用した5.2インチスマートフォンで、今回、初めて、デュアルSIMとmicroSDを同時に使用できるトリプルスロットを採用している。

私は、今年1月に「ZenFone 3 Max(ZC520TL)」を購入して使用していますが、ついに、「ZenFone 4 Max」がリリースしました。 もう少しで、ちょうど1年になりますので、IIJのSIM契約も解約金なしで乗り換える事が可能ですが、どうしようか迷っています。

MVNOの場合、端末を機種変更する場合、端末代金が安くなりません。 新規で契約すれば端末代金が少し安くなりますが。。。。IIJのSIM契約は、そのままで、今度はモトローラーの「Moto G5S Plus」か、ファーウェイの「P10」にしてみようか。。。などと考えています。

Sponsored Links





サイズ: W73.3×H150.5×D8.7mm、重量: 約156g

特徴
・4.100mAhの大容量バッテリーを搭載。
連続待受時間は最大37日、Webブラウジングは約21時間利用できる。

・DSDS対応
トリプルカードスロットを備える。2枚のSIMとmicroSDカードを同時に使用可能だ。DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にも対応し、SIMを2枚使うことで2つの電話番号を保持して使い分けられる。

・付属のOTGケーブルで別のスマートフォンやタブレットを充電する機能も付いています。

スペック

  • OS     : Android 7.1.1
  • CPU    : Qualcomm Snapdragon 430オクタコア(1.4GHz)
  • 内蔵メモリ : 3GB(3 MAXは2GBでしたので性能アップしています)
  • ストレージ    : 32GB
  • 外部ストレージ  : microSDXC(最大256GB)、microSDHC、microSD
  • ディスプレイ   : 5.2インチ IPS液晶(3 MAXと変わらず)
  • ディスプレイ解像度: 1,280×720ドット(HD)
  • アウトカメラ   : 約1,300万画素+500万画素
  • インカメラ    : 約800万画素(デュアルレンズを採用)
  • バッテリー容量  : 4,100mAh(3 MAXと変わらず)
  • Wi-Fi       : IEEE802.11b/g/n、Bluetooth: 4.2
  • 指紋認証センサー搭載(3 MAXと変わらず)

とにかく、電池の持ちが抜群で、3日間くらい充電しなくても大丈夫ですので、そこが、一番良い点です。

・ZenFone-4-Max  asus サイト
https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-4-Max-ZC520KL/


Sponsored Links





関連記事
ASUSの「ZenFone 3 Max(ZC520TL)」の「Android 7.0」アップデートが、私の所に、やっと入ってきました【問題発生】

ASUS JAPANが、SIMフリースマホ「ZenFone Zoom S (ZE553KL)」と「ZenFone 3 Max (ZC553KL)」を対象としたAndroid 7.1へのFOTAアップデートを発表

ASUSが、大容量バッテリー搭載のスマートフォン「ZenFone 3 Max(ZC520TL)」の上位モデル「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」を発売

ASUSのSIMロックフリーのスマートフォン「ZenFone 3 Max」と格安SIM(ビックカメラの「BIC SIM」)を1ケ月間使ってみてわかった事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください