本日のお題は、”最近、スマホの「子機」もどきの端末が出てきていますが、誰が、どんな奴が使うんじゃ?”です。

本日のお題は、”最近、スマホの「子機」もどきの端末が出てきていますが、誰が、どんな奴が使うんじゃ?”です。

「Apple Watch」のように腕時計として身に付けるなら、まだいいが、もう一枚「板」を持ち歩いて、通話の時に使用する。。。。。

確かに、スマートフォンの画面が大型化していますので、大きいスマホ本体をカバンの中に入れていおいて、電話の時に胸のポケットからさっと「子機」を出して通話する。

どう考えても、スマートな使い方と思えないのですが。。。いかがなものか?

1.私なら、こんな使い方が理想

・小さな「子機」ではなく、小さなスマホ(iPhone SEが理想的)で、SNS、メッセージ、カメラ、電子マネー、電話機能が主用途として使用。

・iPad より小さな「iPad mini」で、情報閲覧&コンテンツ用端末として使用。

これから、デカイ「スマートフォン」と小さな「子機」を持ち歩くのが流行るのでしょうか?

2.このような端末情報で、今ある、これから出る端末を記載しておきます。

1)子機の様な携帯

(1)「ワンナンバーフォン ON 01」

NTTドコモ端末で「ワンナンバーフォン ON 01」は、スマートフォンの子機として利用でき、通話やSMSが可能。発売は10月下旬を予定しており、価格は未定。

ワンナンバーサービスに対応した製品で、VoLTEにも対応し、月額500円で1つの電話番号を2台で共有できるサービスで、スマートフォンを親機として設定することで、子機のように利用可能です。

2)軽量の小さい携帯

(1)「カードケータイ KY-01L」

11月下旬、NTTドコモが、京セラ製のspモード対応携帯電話「カードケータイ KY-01L」を発売する。

(2)「NichePhone-S 4G」


LTE(4G)通信によるテザリングにも対応し、Androidアプリは使えませんが、通話、SNSなどが使えます。

関連記事
ビックカメラ札幌で、2018年9月14日に発売したカードサイズのSIMフリー携帯電話の4G対応モデル「NichePhone-Sの販売を開始していました。

(3)「Palm Phone」

2018年10月、3.3インチ画面を搭載した小型Androidスマートフォン「Palm Phone」が米国で発表されました。
販売開始は11月発売予定で価格は349ドル。当面は米国のみでの販売です。


https://www.palm.com/

関連記事
3.3インチ画面を搭載した小型Androidスマートフォン「Palm Phone」が米国で発表

(4)昔、あった小さいスマホ Sony Ericsson mini(S51SE)

ワイモバイルの前身「イーモバイル」の時代に発売されていた。


https://www.sonymobile.co.jp/product/emobile/s51se/

今、発売しても売れるのでは? と思います。 これで、テザリングが使えれば、「iPad mini」と2台持ちで、通話とちょっとしたSNS、参照系の作業は「iPad mini」で、便利に使い分けが可能な気がしますが、いかかでしょうか?。

関連記事
3.3インチ画面を搭載した小型Androidスマートフォン「Palm Phone」が米国で発表

ビックカメラ札幌で、9月14日に発売したカードサイズのSIMフリー携帯電話の4G対応モデル「NichePhone-Sの販売を開始していました。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください