「ガラケーは無くならない」と豪語していた。。。「ガラケー」しか使いこなせないユーザー。。。どうする?

2015年4月24日、
日本経済新聞が、国内メーカーが「ガラケー」とも呼ばれる独自のOSを搭載した携帯電話の生産を2017年以降に終了すると伝えています。

「ガラケーは無くならない」と豪語していた。。。「ガラケー」しか使いこなせないユーザー。。。さあ、どうする?
Sponsored Links





au向けに、すでにシャープが、OSにAndroidを採用した「AQUOS K SHF31」と云うガラホ端末をリリースしていますが、いかがなもんでしょう。 無駄に考え込んで作り込んでいます。 この「ガラホ」。。。。

「ガラケー」しか使いこなせないユーザーは、形だけ「ガラケー」にしたAndroid端末を供給する。こんな単純な発想で良いんだろうか?

スマートフォンにしない理由は、ほぼ、使いこなせない、おまけに使いこなせないのに料金が高い!!

スマートフォンにしない理由の大半は、この使いこなせないと云う「不都合な真実」だけです。
3000年経っても、使いこなせない物は使いこなせないんですよ!

日本って不思議な国で、「字」の読めない人はいないでしょうし、貧困でもない普通の暮らしをしていても、例え、都会で暮らしていても、世の中の流れから大きく遅滞した、田舎の「お爺さん」や「お婆さん」みたいな生活をしている階層の人たちが、マイノリティではなく、マジョリティとして大きく存在していますので厄介です。

このような人たちに救いの手を差し伸べれば、「金」になるはずの「MVNO業者」も、通話料金ではなく、データ通信の容量で料金が違うという。。。全然、ニーズと噛み合わない、方法でしか販売できない。。。困ったもんです。

ですので、
通話とメールしかできないテンキーの付いた「折りたたみ携帯」をリリースすればいいのではなく、スマホのような全く必要の無いパソコンの機能を止めた、通話とメールしかできない端末を安くリリースすればいいんです。  そう、5千円くらいの端末で良いんです。 私も1台買いますよ。 通話専用として使えますので。。。

そうです。

どうせ、通話とメールしかできないユーザーなんだから、本当はApple Watchみたいな端末で、単体で通話ができれば良いんです。

iPhoneユーザーにはiPhoneと連携できる「Apple Watch」、「ガラケー」しか使いこなせないユーザーには、Androidの機能を5%くらいしか使わない「時計型の電話機」。。。。これで十分でしょう!!

通話しかしないのなら、「折りたたみ携帯」さえも必要ないでしょう。 時計型の電話機で良いのではないでしょうか?

まあ、商売ですので、キャリアもメーカーも「ガラケー」しか使いこなせないユーザーから、「金」を巻き上げようと、これから策を練るのでしょう。  「キッズ携帯」で十分でしょう。 安いし。。。

関連記事
ガラケーが使えなくなる日は近いのではなく、通話とメールしかできない端末を提供すればいいだけだ!

今年5月から施行の「SIMロック解除義務化」がなされても、何も関係ないスマホユーザー
NTTレゾナントが、「goo」ブランドを冠したZTE製のAndroid 5.0搭載スマートフォン3機種を販売
ASUSが、5.5インチのAndroidスマートフォン「ZenFone 2」を国内発売すると発表
「格安スマホの認知度は約9割、利用率は約1割」、そして格安スマホを購入しない理由は、「今の携帯電話会社の方が安心だから」56.8%が最多だと。。何だそれ。
MVNO各社の格安SIMが、高速データ通信量の増量を続々と発表
ゲオと格安SIM販売のNTT Comが、モバイル事業で業務提携し、新たなスマホサービス「ゲオスマホ」の発売を4月2日から開始各社、躍起になっているが、こんな、格安SIMと格安スマホ。。。ないの?

今年の通信キャリア3社と乱立するMVNOの格安SIM市場は、きっと面白い事になる事を期待。。。
スマートフォンの出現によって浮かび上がる「不都合な真実」について
格安SIM、格安スマホって、結局、誰に使ってもらいたいの?、誰に売りたいの?
「SIMフリー義務化」でも、MVNOの格安SIM、スマホが流行らない理由4つ

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*