Googleが、Web開発者向けカンファレンスで、ブラウザ上で簡単に画像圧縮が行えるWEBアプリ「Squoosh」を公開

2018年11月12日(現地時間)、
Googleが、Web開発者向けカンファレンス「Chrome Dev Summit」で、ブラウザ上で簡単に画像圧縮が行えるWEBアプリ「Squoosh」を公開しました。

タブレットなどを使用していると、写真が多くなると、やはり容量が気になります。 アプリをダウンロードして使用すれば、画質をあまり落とさず、ファイル容量を小さくできます。

これなら、何時、どこに居ても、インターネットに繋がっていれば、画像データをサーバーに送信しなくても、画面にドラックするだけで、パソコン内で処理してくれる仕組みで動いていますので、セキュリティの面でも安全です。

画像を圧縮する方法
・圧縮したい画像をWebブラウザで開いたSquooshの画面上にドラッグ&ドロップ、又は画像を選択する。

・下図、画面の左側にオリジナル画像、右側に圧縮後の画像のプレビューが表示される。

・それぞれのファイルサイズも表示され、プレビューのサイズは編集するとリアルタイムで変化すします。

<サポートするフォーマット>
WebP、JPG(MozJPEG)、PNG(OptiPNG)。

このフォーマットは使用するブラウザにより違います。
・「Fireforx」では、BMPへのエンコードをサポート。
・「Safari」では、JPEG2000、TIFF、BMP、PDF、GIFへのエンコードもサポート。

・「Squoosh」サイト
https://squoosh.app/

関連記事
Googleが、Webサイト制作者向けに、スマホ向けサイトが、どのくらい「モバイルフレンドリー」かを測定できるサービス「Mobile Website Speed Testing Tool」を公開

圧縮・解凍のできるフリーソフト 5本。
複数の画像ファイルを一括でサイズ変更できるソフト「Light Image Resizer」
株式会社LIBREが、無料で似顔絵イラストを作成できるWEBサービス『CHARAT FACE(仮)』を公開
写真の中の人物の顔を自動検出してモザイクをかけてくれるWEBサービス「Facepixelizer」

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする