「Windows 10」で、CPU使用率が30%になったまま下がらない現象について

「Windows 10」で、CPU使用率が30%前後になったまま、使用率が下がらない現象について

最近、SSDを入れ替えて容量を倍にして、古い方の「Windows 10」OSを入れ替えてしまいましたので、「Windows 10」の大型アップデートのバージョンが、去年以降のバージョンからアップデートをまだかけていません。 ですので、溜まっている状態なのです。

1.現象を発見したのは

「Windows 7」の自作パソコンから、無償アップグレードした 「Windows 10」の32ビット版ですが、なんだかレスポンス悪いなと感じていました。

Ctrl + Alt + Deleteで「タスクマネージヤー」を起動して、「パフォーマンス」タブを観ていると、CPU使用率が30%前後で推移していて下がらない。

なぜなのか?

結論から先に言えば、「Windows Update」が原因でした。

自宅のインターネット環境は、光回線やADSL回線でもなく、スマートフォンのデータ通信会社「MVNO」契約のタブレットからの「テザリング」で、パソコンを無線LAN接続している為、大型の「Windows Update」が中々進まない。

「Windows Update」を唯一、止める方法があるのですが。。。

1)「Windows Update」を勝手に実行させない方法として

「設定」の「ネットワークとインターネット」の使用しているアクセスポイントの詳細オプションを開くと、「従量制課金接続」という項目をオンにしておくと、勝手に、「Windows Update」で、自動的にダウンロードが実行されなくなります。

自動で、「Windows Update」は実行される仕組みになっているのですが、上記処理を実施しておけば、ダウインロードしません。

ただ、設定の「更新とセキュリティ」で「更新プログラムのチェック」のボタンをクリックすると、更新プログラムのチェックが実行されて、いつまでもダウンロードしないのに、チェック状態になりっぱなしで、おそらく、処理が走り、CPU使用率が30%前後で、ずーっと推移する状態になっているのでしょう。

上手く、タイムアウトさせればいいが、タイムアウトなどしないのです。

2)「Windows Update」を一旦、止める方法

ですので、「Windows Update」を一旦、止める必要がありますが、さて、どうやって止める?

タスクマネージヤーの「プロセス」タブで、サービスホスト:ローカルシステムを>をクリックして、「サービス画面」のリストを表示させて名前から、そこに「Windows Update」がありますので、右クリックして、サービスを停止します。(プロパティを開いて、下図のように、スタートアップも無効にした方が良いでしょう)

その後、パソコンを再起動すると、CPU使用率がやっと低下しました。

3)そのほか、CPU使用率が上昇しっぱなしになる要因として

そのほか、CPU使用率が上昇しっぱなしになる要因として、タスクマネージヤーの「プロセス」タブで「システムと圧縮メモ(System And Compressed Memory)」という項目があります。

「Windows 10」の場合は、メインメモリが不足すると、外部ストレージに退避するのではなく、メインメモリ内に圧縮して退避する仕組みを取っています。

その結果、圧縮時に負荷がかかり、システムと圧縮メモリのメモリ使用量が大きくなるといった症状が発生するようになってしまいました。

今回、私の場合は、これが原因では無かったのですが、CPUの能力と、メインメモリの容量次第では、なる可能性があります。

2.その他、困った問題

ノートパソコンの場合は、公衆無線LANのある所に、持ってゆけば、速い回線で「Windows Update」をかけることが可能ですが、デスクトップパソコンの場合は、持ち運びできませんので、スマホのテザリング程度では、スピードもデータ通信容量も、全然足りません。

スマホの月のデータ通信容量6GBを使って、「Windows Update」を実行して、大型アップデートを一つづつ、ダウンロード、インストールするしかありません

関連記事
低スペックのWindows10を最適化するアプリ「Windows10軽量化設定」を1月4日に無料配布開始
「Windows 10」の高速化設定と軽量化対策と最後にメモリ管理について
「Windows 10」のUIを「Windows7」のルックライクにして、各機能を止めるには。。。です。
「Windows 10」を使い始めた方向けに、サクサク使うために、まとめて記事を紹介してみます。

Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください