【怒り!】 コラ! Microsoft Windows 10をいじるな 1年間バク修正とセキュリティパッチだけにしろ!

2021年3月2日、
殿様商売をしているMicrosoft社ですが、誰も文句を言わない?。 この辺で一言ではなく十言くらい言っておく必要がある。 言っても無駄だろうが。。。

こんな会社で、よく、私が「CEO」ですと、偉そうな面して、会社に出てこれるよな。

WindowsのOSシェアは、Mac OS、Linux、Androidがある中で、2020年10月時点でも80%を超えるシェアと、依然、圧倒的な強さを誇るのですが、もはや向いている所はB to Cから,法人相手のB to Bへと移行途中なのでしょう。

商売の中で、このように8割以上のシェアを握ると、どうにでもできるようになると云う見本みたいなもので、「GAFA」が、この世界でやっきになるのは、ある意味、理解できる。

8割以上のシェアを握るとやりたい放題できる。 バグなんて「屁」みたいなもんです。

何で、毎回、大型アップデートの度に、大量に不具合を出すのか? 意味不明。

やる気あるのか?

最後の20H2も、新機能なんて無いにも等しいのに、なんで、こんなに不具合が出るんだ?

もしかして、素人が、OSをいじっているのか?

昔からだが、お前ら、ふざけるのも、いい加減にしろ。

タダのOSじゃないんだから、昔居た、優秀な技術者を3千人くらい集めて、全部、作り直せ。

新機能なんて当分要らない。

もう、1年間、「バク修正」と「セキュリティパッチ」だけにしろ!

「恥の上塗り」と云うが、「バク修正」と「セキュリティパッチ」でも、更にバクを発生させ、不具合を上塗りする高等技術があるので、安心できない。

ある意味、「殿様商売」の典型ですが、他の会社なら、完全に訴訟物ですが、誰も訴えない。

「OS」という特殊な業種ですが、今時、どの会社も真似ができない、楽な「殿様商売」をしたいななら、Microsoft社を見習うべきでしょう。

一般コンシュマーは、もう「Windows」を止めて、Mac OSの入った「Mac」にしましょう。 でた!、Appleの回し者。

「Mac」は、色々な意味で、手間がかからない、Windowsと比べると、ある意味「バカチョン」で、自分のやりたい事に集中できるデバイスではないでしょうか。

スマートフォンと同じ、アーキティクチャを搭載する様になった「M1 Mac」の動向は少し気になる所ですが、Microsoft社の様に一般コンシュマーを相手にしない「殿様商売」をしている会社にだけは、なってほしくないですね。

version 20H2 既知の問題点  マイクロソフト社サイト
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-information/status-windows-10-20h2

<最新版アップデート>
【Windowsアップデート】去年秋にリリースしたWindows 10 バージョン20H2をインストールしてみました。

Windows10トラブル 関連記事
【Windows10 バグ情報】Windows 10の最新バージョン2004では、バグがありSSDの寿命が縮まる可能性

【Windows 10トラブル編】「Windows 7、8.0、8.1」が入っていたパソコンで、Windows 10にアップグレードした場合、トラブルが多発している。

【Windows 10トラブル編】Windowsは最新状態だが、最近、ブラウジング中、突然フリーズ(固まる)する?

【Windows 10トラブル編】「Windows 10」で、CPU使用率が30%になったまま下がらない現象について

関連記事
Microsoft社が、Windows部門を「格下げ」というニュースが入ってきました。

気軽に受けてしまった女子大生の【Surface Pro 7】の不具合が、全然、直らず、参ったと言うか、「Surface」が、がさ過ぎる。

「日刊工業新聞」の記事「ゲイツ氏との関係、ハードウエア参入で悪化-MSのバルマー前CEO」が、ちょっと面白いので紹介します。

世の中が、どんなに進んでも、地球100周以上、周回遅れの人間で溢れています。「Windows 10」の厄介さ まとめ

アップルが「Mac」をなかなかアップデートしない理由…が面白い。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする