【IT関連ニュース】Microsoft社が、Windowsアップデート情報集約ページ「Windows release health」を10カ国語対応

2021-07-14、
本日は、IT関連ニュースです。
相変わらず、殿様商売をしているMicrosoft社が、やっと、Windowsアップデート情報集約ページ「Windows release health」を今までは、英語版のみでしたが、10カ国語対応にしました。

サイトのタイトルが、怪しいのです。  サイトの日本語の使い方が間違っている。

「Windowsのリリースの正常性」?

バカか? タダの「バグ情報」だろう!!

「Windows10」は、年に2回の大型アップデートがありましたが、この仕組みは、年1回にして「Windows11」でも世襲するようですが、たのむから、アップデートの度に、バクをテンコ盛りしたものを出さない様にしてほしいものです。

現在は、「大型アップデート」ではなく、「大型バクデート」になっていますので、注意が必要です。

しかも、Windowsアップデート情報集約ページ「Windows release health」を今までは、英語版のみでした。 まあ、殿様商売を続けたいなら、「何とかしろ」と散々、言ってきましたが、サイトをローカライズしただけです。

Windowsリリースの正常性

関連記事
【速報でもないが】Microsoftは、Windows10以上は無いと言っていたが、Windows11をリリースすると発表したが、どうやら古いマシンは、無償アップデートの対象から外れる模様

【怒り!】 コラ! Microsoft Windows 10をいじるな 1年間バク修正とセキュリティパッチだけにしろ!

【Windows10】 Windows 10のサポート終了はいつ?

Microsoft社が、Windows部門を「格下げ」というニュースが入ってきました。

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする