長年記事を掲載していると、何のために掲載しているのか? 段々と考え方が変わるが、自分の為に進化しているかどうかです。

2022-04-08、
本日のお題は、”長年記事を掲載していると、何のために掲載しているのか? 段々と考え方が変わってくるが、自分の為に進化しているかどうかです。

3月25日朝の番組(ノンストップ)で、「思春期子供たちの子育てSP」で、親の悩みをやっていましたが、子供のデジタル依存など、親たちには手に負えない状態になっています。

人間、育った環境や親の知的レベル、養育レベルが違うと、家に帰って、もう30歳をとっくにすぎていても「バカゲーム」に夢中になり、「バカマンガ」を見るしかしない、テレビを見てバカ笑いするしか能がない、小学生の「チビガキ」と同じ知能で、生活習慣病を抱えた、愚民が大勢いる。

1.30歳過ぎても「ガキ」と同じ楽しみしかない

もっと「下衆」な大人も居るが、30歳過ぎても「ガキ」と同じ楽しみしかない、成長できない頭(脳)をしている大人が大勢存在している危ない国でもある。

ヒトの脳は、楽な方、楽な方に、行動する習性を持っていますので、生活習慣がグダグダだと、自分でマズイとも感じる、認識する事もできなくなるのでしょう。

この様な人間に「向上心」などと云う言葉は、辞書には存在しないのでしょう。いくつになっても、「心」が小学生のままなのです。 楽しければなんでも良いのです。

そして、こんな生意気なことをほざきます。
「自分は、仕事ができる」と、しかし仕事は出来て当たり前の話です。 なぜなら「金(給料)」もらっているのですから、そんなの自慢になりません。仕事はできて当たり前です。 できなければ、ただの「給料泥棒」なだけです。

要は、仕事だけできれば良いという問題ではなく、仕事意外に何ができるのか? 何を考えているのかでしょう。

仕事から帰宅して、年に1冊の書籍さえ読まないで、「バカゲーム」に夢中になり、「バカマンガ」を見るしかしない、テレビを見てバカ笑いするしか能がない生活が、この先も続くのです。 こんな「幼児」程度の知能しか持ち合わせていない大人?が大半を占めている愚民の国なのでしょう。

平和ボケしている。

冬季の「北京オリ・パラ」も、「新型コロナウイルス」の話題も、ロシアのウクライナ侵攻で、吹っ飛んでしまいました。 毎日、ニュースが流れるたびに、新型コロナウイルスの話よりも何倍にもストレスを感じます。

仕事に出かけると、ニュースなど観ていないので忘れていますが、家に帰り、テレビを観ると、戦争関連のニュースが必ず流れていますので、他国の事ではあるのですが、21世紀の時代に、大国の侵略戦争なんてあってたまるかと思うのですが実際に起きてしまいました。どこの国も参戦できない中、頭の配線のおかしい為政者(独裁者)の行動にはイラっとします。 早く、誰か、「バケモノ」を始末してほしいと思うのですが。

Sponsored Links




2.負け犬の遠吠え

なんにも、努力や向上心の無い奴に限って、簡単に「楽しんでやっています!」とホザクのです。

今の時代は、楽しんでやることが、「美徳」になっていますが、そうではありません。オリンピックの選手たちも、「楽しんでプレイします」と言いますが、その裏で血の滲むような努力をして、代表になっているのです。

ブログも同じで、「楽しんでやっています」の問題ではないのです。確かに、私の場合、ジャンル、カデコリーを絞り、記載すれば、もっとPVも上がるでしょうが、PVの問題ではないのです。

社会問題などを記載しても、PVなど上がらないのです。 従って稼いでいません。

最近は、コンピューター以外の記事を多く書き、「PV」無視の記事が多くなっていますので、決して稼ぐためになっていません。 むしろ「稼ぐ」と云うより、「世の中の不都合な真実」をボロクソに記載していますので、PVは一時的に上がっても、ほぼ読む人の意にそぐわない記事を書いていますので、キーワードが上位に上がり検索して訪問しても、ページの滞在時間は、PVが多くても、数秒しかない場合があります。

3.例えば、Gooleのアナリティクスで分析すると

特に、Gooleのアナリティクスで分析するとモバイル(携帯)ユーザーは、確かに増えましたが、ほぼ、あてにしていません。

例えば、下記の記事は、4年前の平昌オリンピックの時に記載した記事ですが、4年後の北京オリンピックが開催されると、みるみると、キーワード的に上位に居たのでしょう。

『カーリング女子 嫌い』 ”もぐもぐタイム”や“そだねー”女性を中心に批判の声殺到!。。だとさ、「なんだそれ」です。

オリンピック期間中に、Googleの「Search Chonsole」で調べると、上位のクエリも、こんな感じになってしまっています。 呆れて何も言えないのです。

これが、世の中の「不都合な真実」で、「妬み・嫉み・ひがみ」根性が染みついたバカやアホが大勢いるのです。

今年の「北京冬季オリンピック」開催中に、なぜか? Googleの検索エンジンに「カーリング女子 嫌い」と入れると、私の記事が2番目に掲載されているではないですか! サイトにたどり着くかどうかは、この順番が大事ですが、この記事に関しては、どうでも良い記事ですので、掲載順位はどうでもよいのです。

確かに、今季オリンピック期間が終わっても、しばらく、アクセス数が落ちませんでした。このように、4年も経っているのに、カーリングの「ロコソラーレ」のメンバーの戦いを観ると、なぜか、テレビで観戦していた視聴者が、同じようにイライラするのでしょう。

私は、嫌い、気持ち悪い、うざいなどと言う気持ちには全然ならないのですが、やはり、世の中、生れや育ちが違うのと、日本の「同調圧力」の強い国で生活していると、このような「妬み・嫉み・ひがみ」根性が、頭(脳)から、湧き上がってくるのでしょう。

昔から同じなのです。
自国で戦争が始まると、政府の「プロパガンダ」に騙されますが、そうでない国民も少数でがいるのです。 第二次世界大戦の時の様に「鬼畜米英」と叫ぶ、思考停止した「知能の低い人間」にだけは、成り下がりたくない。

ここまで思っているなら、街中で「歩きスマホ」、「ながらスマホ」している、特に「バカ女」が多いが、注意したらどうなのか?「カーリング女子 嫌い」なんて言う問題より、大切で、SNSで、街中で「歩きスマホ」している「バカ女」どもを叩いたらどうよ。

4.新型コロナウイルスの蔓延より、「バカやアホの蔓延」の方が、よっぽど怖い

大体、新型コロナウイルスが、蔓延して、もう2年以上経過しているのに、ウイルスとは何なのか? mRNAワクチンとは? 体の免疫機能はどうなっているのか? などの知識さえ吸収しようとせずに、のうのうと生きているこの国の「愚民」どもには、呆れて物も言えないが、世の中は、こんなもんなんでしょうね。

札幌市でも、郊外の歩道を歩いていれば分かります。人通リの少ない歩道を歩いている時でも、しっかりマスクをしています。 よく見ると、ガバガバのマスクで、していないのと同じくらいマヌケなマスクをして、安心している愚民も大勢います。

郊外の人通リの少ない、風が吹いている「歩道」上で、すれ違うだけで空気感染する訳ないだろうという事が、バカども、愚民には、永遠に分からないのです。

第二次世界大戦の時の様に「鬼畜米英」と叫んだ、思考停止した「知能の低い人間」と同じレベルの人間が、現代にも相変わらず存在しているのです。

日本が恐ろしい国だと思われているのは、このように「愚民」の集まりですので、一気にまとまるのです。 思考停止の状態で、まとまる事ほど怖い事はない。

戦争の悲惨さを語りづぐ前に、思考停止した愚民を作り出さない努力の方が先なのです。

5.何の為にブログを掲載するのか

最近は、このように「社会問題」を多く記載していますが、稼ぐための記事では決してないのです。

ただ、ちょっとホッとしているのは、「メンドクサイ」奴のコメントが、入ってこないので助かります。と言うより、世の中の「不都合な真実」ですので、コメントのしようがないのでしょうか。 たとえ、検索でページにたどり着いても、意にそぐわなければ、ページを離脱するでしょうからね。

本当に、「稼ぐために記事を書く」なら、バカやアホを持ち上げて、バカやアホが喜ぶような記事を満載にしているでしょう。

物を売って商売をしたり、何かしらの利益が享受できる場合は、決して、バカやアホと記載しないでしょう。

そうです、何か「魂胆」のある人間は、決して人をけなさないのです。 

こんな記事がありますが、殆んど、実現しません。

一般人がブログをやるべき理由を7つ紹介します。

初期費用をかけずにビジネスが始められる
個人で稼ぐスキルが身につく
WEBライティングのスキルが身につく
影響力を持つことができる
ブログを通じて仲間と出会える
放置していてもお金が発生する
ブログを通じて仕事の依頼が来る

「誰でも稼げる」は「誰でも稼げない」とも言えるのです。誰でも稼げるが、誰でも稼げない場合の方が圧倒的に多いのです。

ですので、そこを目的にしてしまうとダメになる。

自分の成長を目的にすればいいのです。そして、どんな「成長」を望むのかです。

1)どうせ、ブログをやるのなら、半径5m以内の記事ばかりではなく、もっと、自分の知らない事を調べて、自分の頭で考えて、まとめて記載した方が、自分自身の勉強になり、成長するでしょうと言う事です。

何年やっていても、そのことに気が付かない人も、寂しい話ですがいるのです。

最近、私の場合は、真逆の事をしているので稼いでいないのです。

「稼ぐ、稼がない」、「楽しむ、楽しまない」の問題は、二の次でいいのです。

もっと、苦労して物事を深く調べて、知恵を絞り、色々考えた先に、楽しみがあるように思うのです。 

2)「軽薄短小」にならない様に、「マンネリ」ではなく、「進化させる」ことに楽しみを見出すべきなのです。

敢えて言えば、「バカゲーム」や「バカ漫画」程度の楽しみであれば、それまでの事ですので、何も言う事はないのですが。

肥え太るのは「体重」ばかり、頭の中は「空っぽ」。。。にならない様に、今は、楽しんでいる場合ではないのです。

「馬鹿の一つ覚え」の半径5m以内の記事ばかりでなく、新しい事柄に挑戦する重要さに、気が付かなければ、「脳みそ」は、何にも成長しないでしょう。

私は10年以上、続けていますが、大体、5年やれば気が付くと思いますが、寂しい事に現状維持で、自分の記事に固執するが精一杯の人も多いのです。

楽しんで書いている場合ではないのです。 自分の知らない事を調べ、深く考えて、「脳みそ」を成長させる為に書くのです。

それで、PVが上がらなければ、それまでの事で、自分が成長すれば成功です。

いつも、SNSでバカやアホから「いいね!」を貰う事を期待していれば、100年経っても成長しないのです。

関連記事
長年記事を掲載していると、数年以上前に記載した記事が、突然アクセス数が上がっている時があるので、ちょっと分析を

【NHK サイエンスZERO】「人類が絶滅の危機!?“中性化”と生殖の未来」 やはり、デブは中性化の原因の一つだった

【書籍紹介】発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法 岡田尊司 (著) グレーゾーンは見えないがたくさん居る


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする