【面白記事】 5億円ブロガーが「ブログはオワコン」を全力で否定します。 ある意味、需要は少なくなっている

ブログ

2022-08-01、
本日の面白記事は、5億円ブロガーが「ブログはオワコン」を全力で否定します。 です。

ある意味、需要は少なくなっている。 でも、そんなに稼げなくても、やる意義が大いにあるのです。

なぜ「オワコン」なのか?は、簡単で、スマートフォンが普及するにつれて、バカ動画、バカ漫画、バカゲーム、無知の集合体SNSが大流行りですので、本当のことを言えば「低脳」相手のコンテンツの方が儲かるのです。そして売る方は何でも良いのです。儲かった者勝ちですので、どんな使い方をしようが、そんなことは知った事ではないのです。

Googleさんも、若者が「検索」しなくなっていると云っていますし、「Google検索」に関するテレビコマーシャルまで相変わらず流しています。

低能な国民が一番検索したいキーワードは、「私どうしたらいいの?」でしょう。 そんな答えがあるわけがないのですが、自分で物事を考えることができない低脳な奴らは、これが一番知りたいのですが、それ以外知りたいとも思わないので利用しないのです。 アホか!

私が、十数年前、ブログを初めたきっかけは、自分の友人や、お客様の中で、余りにも、Windowsに関する知識が「無知」過ぎて、しかも覚えようとも思っていない事を説明するにも、時間がかかり、「世界一!無駄な時間」を費やしていたからです。

最初、ブログを始める前、無知の宝庫「Yahoo!知恵ぶくろ」で、パソコン関係で何に困っているのか、調べて、取り敢えず、100問だけ答えてみました。もちろん、8割以上の質問者から「ベストアンサー」をもらいましたので、ここでブログに何を書けば、記載すれば良いか、大体の見当が付きました。

当初「WEB2.0とパソコン講座」というサイト名でしたが、無料ブログサービスを止めて、レンタルサーバーでワードプレスでサイトを作り直しました。この頃は、ティム・オライリーが提唱した「WEB2.0と云う言葉が数年ほど流行りましたが、「」は集合しませんでしたし、逆に「無知」が拡散しました。

この「5億円ブロガー」は、最初の3年間は収益ゼロと云っていますが、私の場合は、無料のブログサイトで、アクセス数が順調に伸びて3か月もかからず収益が発生しました。もちろん、トータル、5億円も稼いでいませんので大したことはありませんが、自営業者ですので「副業」ではなく、「複業」と云った方が正しいでしょう。

IT関連で、「フリーランス」になると、大変で、1社から安定的に収入を得られれば良いですが、それなら「サラリーマン」と同じで、更に、社員ではないので何の保証もない。 ですので、毎月、1社からは少ない金額で良いから、いただき、複数の会社が在れば、トータルいくらになると云う考え方で、やって来ています。

収入が、1社だけからだと、サラリーマンの様に、媚びへつらいながら、仕事をせざるを得ない状況になるのですが、1社くらい減っても大丈夫と思えば、何も怖い物はありません。この仕事はコロナ禍でも、おかげさまで、仕事が無くなる事がありませんでした。

今まで、ブログをやっていて、自分の為になった事と云えば
最初は、自分の専門のコンピューターに関する記事が多かったのですが、それでは、物足りなく、知識の幅を広げようと思ったのがよかったのですが、ブログの「SEO」上は、ジャンルを混合すると、表示順位は下がり、結果、アクセス数に影響するのですが、もう、あまり、儲けようと、考えて記載していませんので、どうでも良いのです。

■色々なジャンルの情報を入手するクセが付いた
・「Googleアラート」などを利用して情報を自動で入手する。
詳細は下記の記事に記載しています。
関連記事-
【情報収集】情報収集ツール「Googleアラート」の使い方と「Gmail」の設定と連携方法

■自然科学系の書籍を月に10冊ほど読むようになった事
本屋さんには、ほぼ毎日行くので、新刊本などがすぐにわかる。紀伊國屋書店、三省堂書店は、どこにどんなジャンルの書籍があるのか、頭の中に地図が出来上がっている。読みたい本はすぐに買わずに書籍管理WEBサービス「ブクログ」に登録しておく。

■文章を書く事がと言うより、自分の頭で物事を考える事が出来る様になった。
本を色々なジャンル、コンテキストで読んでゆくと、情報の繋がりが見えてきます。

 

どんなメディアを使用しているかと言えば、
従来通理りのテレビ、新聞、週刊誌、書籍、ネットの情報と多岐にわたりますが、うわっ面しか報じないメディアの情報は、より詳細に知りたければ書籍でカバーする様に読みます。

書籍も1冊ではなく、同じコンテクストの書籍を複数冊読んで、信憑性、ファクトを担保しようとします。

社会問題など、例えば、「新型コロナウイルス」について調べようとすれば、どの様な種類のウイルスで、どの様な仕組みで、感染、増殖するのか、過去にもウイルスや細菌の被害にあった人類史は、どうだったのか。。などと、調べるには、ウイルス学、感染症学、遺伝子学、人類学、地球環境問題など、この様に、多岐の事柄を調べなければ、コロナウイルスとは、何なのか? と云うことはわからないでしょう。

ブログをやっていてよかった事の最大の理由は、あまり長くなると、しょうもないので、短く言えば、
要は、金になる、ならないより、バカになるか、ならないかの違いでしょう。

半径5メートル以内のことで精一杯で、年に書籍1冊も読まず、何も物事を考えずに生きて行ければ、安心していられるのです。

ある意味、平和で良いのですが、バケモノの様な為政者が現れると、あっという間に騙されて戦争が起きてしまいます。21世紀の時代でも、戦争がなくならない、平和に暮らせないのは、どんな主義の国で生きていようが、無知な人間達が多すぎると、バケモノを選挙で選んでしまい、すぐにバケモノに支配されてしまう。

なぜ、悲惨な紛争の歴史を繰り返すかと言えば、簡単です。
この世からバカやアホ(知能が低いと云う意味ではない)がいなくならないからでしょう。「愚民」は、専制主義国家だけでなく、民主主義国家にも大勢いて、時代を超えて増殖中ですのでたまりません。

関連記事
【ブログサイト作成】 半径5m以内のマンネリ記事が多くなる理由 考えた事や知りえた知識なりを掲載してまとめておけばいい
【面白記事】 ブログを楽しいと思って書いている?
いつもネタ切れに悩まされる。。。ですと? なんてもったいない。

Sponsored Links




コメント