Googleが、開発者向け会議「Google I/O 2016」で自然言語によるパーソナルアシスタントサービス「Google assistant」とワイヤレススピーカー「Google Home」を発表

5月18日、
Googleが、開発者向け会議「Google I/O 2016」で自然言語によるパーソナルアシスタントサービス「Google assistant」とワイヤレススピーカー「Google Home」を発表しました。 2016年後半の発売を予定している。

Amazonのクラウド接続型の音声認識機能を搭載した円筒型スピーカー「Echo」に対抗するサービスと製品です。

Sponsored Links





Google_Home_Livingroom_001

スマホでおなじみですよね。「OK, Google」と話しかければ、色々な事を探してくれて「検索」が主な機能でしたが、「Google assistant」はちょっと違います。

<「Google Home」>
「Google assistant」は、自然言語によるパーソナルアシスタント機能を搭載した「Google assistant」を内蔵し、ピーカーとマイクを搭載したデバイスが「Google Home」です。

「Google assistant」は、スマートフォンのほか、Android Wearなどでも利用可能になる予定です。

「OK, Google」と話しかけて予定の確認・変更、天気予報のチェック、ネットでの検索、家電の操作などが可能。Wi-Fiを内蔵しており、音楽をストリー ミング再生したり、iOSやAndroid端末の音楽を転送して再生したりも可能。

・「Google Home」 サイト
https://home.google.com/

関連記事
Amazonが、クラウド接続型の音声認識機能を搭載した円筒型スピーカー「Echo」を、米国で一般販売


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*