スマートフォンではなく、ポケットに入る「Windows 10」搭載の 超小型PC「Ockel Sirius A」と「Ockel Sirius B」

スマートフォンではなく、ポケットに入る「Windows 10」搭載の 超小型PC「Ockel Sirius A」と「Ockel Sirius B」を紹介します。

まあ、驚くほどではありません。なぜなら、USBメモリほどの「Windows 10」搭載の もっと小型のPCもありますので。。。。

Microsoft社のWindows 10 Mobileの「Continuum(コンティニュアム)」機能を使えば、Windowsスマートフォンが、「パソコン本体」にもなり、一石三鳥になるのですが、 中々、流行りません。

なぜか? 簡単です。

パソコンを使いこなせもしないユーザーは、パソコンの機能など、不要だからです。もっとわかりやすく云えば、スマホで足りる機能しか使用しないからです。

スマートフォンではなく、同じ形をしたパソコン。。。これでいいんです。使う時にポケットやカバンから出して使えればです。

ただ、キーボードとマウスは、小さいのでも何とか使えますが、モニターだけは、デカいのがあると、便利ですし、使いやすいのですが、まだまだ、カバンの中に折りたたんでしまえる商品がありませんので。。。きっと、薄っぺらな、持ち運びのできるモニターが開発されれば、超小型のスマホ並みの大きさのパソコンが、確実に、パソコンを使いこなしているユーザーに受けると思います。

早く、薄っぺらな、持ち運びのできるモニターが開発されないか、楽しみでもあります。
Sponsored Links




1)Ockel Sirius A

Ockel Sirius A」の方は、モニター付きです。 後は、キーボードとマウスを接続するだけですが、やはり、大きなモニターはどうしても欲しいところですね。

ockel_sirius_a_001

ockel_sirius_a_002

・Ockel Sirius A
https://www.indiegogo.com/projects/ockel-sirius-a-the-world-s-most-versatile-mini-pc-mobile-design–2#/

2)Ockel Sirius B

現在、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中です。

「Ockel Sirius B」は本体のみです。

ockel_sirius_b_0032

ockel_sirius_b_001

ockel_sirius_b_002

2種類あります。
・標準モデル「Ockel Sirius B
大きさ:123×79×11mm、120g

・上位モデル「Ockel Sirius B Black Cherry
大きさ:124×80×13mm、153g。

・Ockel Sirius B サイト
https://www.indiegogo.com/projects/ockel-sirius-b-the-powerful-windows-10-pocket-pc-computer#/


Sponsored Links











関連記事
Windows 10 Mobileの「Continuum(コンティニュアム)」機能を使えば、Windowsスマートフォンが、パソコン本体になる時代がやってくる。
Microsoft社が、Continuum機能を利用可能にする「Microsoft Display Dock」を発表
「Windows 10 Mobile」搭載のマートフォンって何?。。。です。

ASUSが、i7搭載のミニPC「VivoMini UN65H」など3製品を発表
リンクスインターナショナルが、Celeron N3050を搭載した手のひらサイズの小型のベアボーン「LIVA X2 Barebone」を発売
テックウインドが、Windows 10を搭載した「キーボードPC WP004」を発表

コンパクト、スティック型 デスクトップ パソコン まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です