総務省の「MVNOの普及を促す」作戦が、失敗する原因とは。。。

総務省の「MVNOの普及を促す」作戦が、失敗する原因とは。。。

この作戦、総務省が消費者、国民の為を思ってやっているようだが、だーれも賛同してくれないんでは。。。。

総務省が、キャリアに指導を入れても、低レベルの国民は「白けた顔」して、静観していますよ。 「もっとやれ」などと、誰も言わないのが現実でしょう。

なぜ、低レベルの無知な国民は賛同しない?

Sponsored Links




総務省は、国民の「不都合な真実」をちゃんと理解していない

MVNOなんて、安くても嫌だー。。。ドコモ、au、ソフトバンクの方が、高くても、こっちの方が良い。。。だって、店ではいって、渡されたら、すぐ使えるもん。。。。。

携帯電話さえも、まともに、自分で、使いこなせないレベルの国民が、多勢無勢を占めているからです。

この通話機能が、おまけで付いてきているスマートフォンをちゃんと使いこなしているのは、ほんの少数です。

具体的に、何が、不安なのか、無理なのか。。。この低レベルのユーザーにとって。

1)店舗が少ない
困った時に、自分で、調べることなど、とうてい不可能なので、駆け込むための店舗が無いと不安。

2)どのサービスが良いのか、頭のレベルが低いので自分で判断できない
自分に合った、MVNOのサービスを自分で、調べることなど、とうてい不可能ですので、どこのSIMが良いのかも、知ろうとしないし、知ることも、自分で調査できないので、無理です。

3)契約
どうやって、契約するのかも知らない。。。。(結構、面倒くさいのは事実です)

所詮、コンピューターさえも使いこなせない階層の国民は、スマートフォンを手に入れても、バカ動画を観るか、バカゲームをするくらいしか、使い道を知らない低レベルですので、キャリアが、契約が終わると、メールアドレス付きで、はいって、渡してくれるサービスに頼るしかないのです。

「甘やかしすぎ」ではなく、この低レベルの無知な国民は、こうしないと契約しないでしょう。

いわば、キャリアは客商売ですので、どう考えても使いこなせもしない「オモチャ」を、この低レベルの国民に売りつけて商売している。

買った後は、どう使おうが、客の勝手、売った方の責任は無いよ!。。。です。

総務省も「MVNOの普及を促す」作戦を本当に成功させたかったら、低レベルで無知な国民に対して、キャリアの頭を叩きながら、国民の頭も叩かないと、絶対に成功しません。

総務省が、キャリアに指導を入れても、低レベルの国民は「白けた顔」して、静観していますよ。 「もっとやれ」などと、誰も言わないのが、現実でしょう。

低レベルで無知な国民は、「実質0円」と言われれば、使いこなせもしない8万円もする端末を自分で買わなくても済むと思い込み契約するのです。

処が、通信料金の中に、ちゃんと「端末代金」も含まれていることを知らないだけなんです。

端末さえ自分で入手すれば、通話機能付きで月々1,600円位しか通信料金がかからないMVNOのサービスがあったとしてもです。

キャリアに対する対策として

キャリア(土管屋)の思惑:
端末代をタダにするから、他に移らないで、黙って、こちらの云う金額を支払ってくれ、そうすれば、端末代をダダにしても、儲かります。。。ので。

さすが、「土管屋」です。 寂しい企業で、土管(回線)しか売るものが無いのです。
——————————————————-
補足説明:「土管屋」とは
日本のキャリアは、「回線」しか売るものが無いので、「土管屋」と揶揄されています。
その通リですが。。。。

補足説明:「土管屋」の運命について
MWC(Mobile World Congress )2014の会期中に「エリクソン」が開催したプレスカンファレンスで、同社のハンス・ベストベリCEOは、「業界全体が自らの役割を問いなおす時期に来ている」と訴えています。
今後の通信事業者のモデルとして、3つのタイプが考えられると。。。。
1)「ネットワーク オペレーター」 :回線だけを提供する。 ただの「土管屋」。
2)「サービス イネーブラー」   :回線に加えてプラットフォームを含めて提供する。
3)「サービス クリエーター」    :回線、プラットフォーム、サービスも提供する。

さあ、日本のキャリア(通信事業者)3社は、「サービス クリエーター」のレベルまで到達できるか? 逆立ちしても、絶対無理。。。一生、「土管屋」=「ネットワーク オペレーター」でしょう。
——————————————————-

1)キャリアが握っている、加入者(顧客)のデータベース
MVNOのNMPなどの手続きがもっと簡略できる様に、キャリアが握っている、加入者(顧客)のデータベースを開放するように指導するとか、まだ、料金だけでなく、やることは、沢山あるのではと思うのですが。

2)SIMロック解除
すべての端末で実施するように指導する(一番大事な部分)
金の支払が終了した端末まで、ロック解除させないのは、違法だぞ! ソフトバンク

3)MVNOの接続料金
これは、実施しようとしているが、どこのキャリアから借りても、料金を同じにしないと。
ソフトバンクなどは、最近、ちょっと料金を下げたが、まだまだ、ドコモより高い。

ユーザーに対する対策として
1)リテラシーの高い階層の国民
これは、少数だが、金を持っている、持っていないにかかわらず、ちゃんと、対策しているので、何も心配ない。

2)金を持っているが、リテラシーの最下層の国民
こいつらこそ、ほっておけばいい。 一生、キャリアに高額な料金を支払い続けて、金をドブに捨てさせておけばいいだけです。 別に、何も誰も困んないでしょう。

3)金を持っていないし、リテラシーの最下層の国民
総務省が、スマホの学校を作り、無償で、使い方を教える。教えても多分無理でしょうが。。

4)高齢者
死ぬまで、本当は、KIDS携帯もしくはガラケーで十分です。 ガラケーでも勿体ない。

スマートフォンは、決してインフラにはなりえません。

ガラケーさえも、まともに使いこなせないのに、なんでスマートフォンがインフラになるの?

100歩、譲って、端末の製造ができなくなるのなら、OSがAndroidの「ガラホ」で十分でしょう。 通話とメールとカメラだけ付いた端末で、もう必要十分でしょう。

総務省も、スマホは、バカやアホでも使える「白物家電」と違う。。。という処に気付くべきです。

スマホは、通話機能がおまけで付いたコンピューターですので。。。ただ単に安くしても、飛び付かないのです。

地球100周以上、世の中から遅れてしまった人たちが、大勢いるという事を踏まえて、作戦を立て直してください。

補足
現在、通信回線、通信技術の状態を分かりく云えば、

3G回線——(LTE)—>4G回線——–>5G  今は、4Gにたどり着こうとしている処です。 もう、5Gの試験は始まっています。。。。

LTEとは? 「ロングタームエボリューション」の略です。
これくらい、自分で、ググればわかるでしょう。

最近、「VOLTE(ボルテ)」という言葉を使わなくなりましたが、これは、ボイスオバーLTEと云って、音声もデータ通信回線に混ぜて伝送する方式です。

今までのように、2G、3Gで音声とかに分かれていません。「みそ」も「くそ」も一緒にパケットにのせて運ぶ方式です。

ですので、「通話」でいくら、「データ通信」でいくら。。。という課金方式は、本当はおかしいのです。

だって、「みそ」も「くそ」も一緒にパケットにのせて運ぶ方式ですから。。。
設備も、IPで届けるので、交換機設備が、一部要らなくなるのです。

「音声通話」のトラフィック(データ通信容量)なんて、「動画」を伝送するトラフィックからすれば、ほんの微々たるもんです。

技術革新により、どんどん通信速度が高速になってゆきますが、本当のことを言えば、もう十分なんです。

なぜ、高速通信が必要か?  動画を伝送するためです。
画像やテキストなどのデータ量は、たかが知れた量です。

そうです。 低レベルの国民の大半が、「バカ動画」を観るのを止めれば、通信速度は落ちないのです。

もっと、分かりやすく云えば、「バカゲーム」や「「バカ動画」を観ることしか、脳の無い、ユーザーの為に、技術革新が進むんです。 なぜなら、「金」になるからです。
関連記事
NTTドコモが、オリジナルの650円の格安?スマホ「MONO」を発表しました!!!


Sponsored Links









コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です