U-NEXTとヤマダ電機の合弁会社「Y.U-mobile」が、日本通信からソフトバンク回線の提供を受けて、MVNOサービス「ヤマダファミリーモバイル」を4月1日に開始すると発表

2017年2月22日、
U-NEXTとヤマダ電機の合弁会社「Y.U-mobile」が、日本通信からソフトバンク回線の提供を受けて、MVNOサービス「ヤマダファミリーモバイル」を4月1日に開始すると発表しました。

・「U-NEXT」は、モバイル通信サービス「U-mobile」を運営しています。そして複数のMVNO事業者と提携してサービスを提供している。

・「ヤマダ電機」も「YAMADA SIM powerd by U-mobile」としてこれまでにもU-mobileのモバイル通信サービスを提供している。
Sponsored Links




全国のヤマダ電機で3月22日から販売する。現在ヤマダ電機はNTTドコモの回線を使うサービス「YAMADA SIM powered by U-mobile」を提供しているが、この名称を変更。新たにソフトバンク回線を使うメニューを追加する。

開始当初は、iPhone用(データ専用のnanoSIM)カードのみ提供だそうです。

SIMロックを外せなくて困っている「iPhone 6」のユーザーには朗報ですよ。

子会社の「ワイモバイル」でもできない、させない事が、ソフトバンク回線を使える様になった、MVNOが、SIMロックのかかったままで使える「iPhone 6」でも使える格安SIMをリリースしてきます。

わたしは、ソフトバンクの「iPhone 6 Plus」の契約を解除して、格安スマホ(2万円)+格安SIM(3G、1600円)で使っていますが、まだ使える「iPhone 6 Plus」は何とかならないの?と思っていましたので、どんなサービス体系や料金プランを出してくるか不明ですが、データ通信専用の月額1,000円位のSIMを購入しようかとたくらんでいます。

関連記事
ファーウェイ・ジャパンが、SIMフリースマホの新シリーズ「nova」、「nova lite」を発表

MVNOの「楽天モバイル」が、春の商戦向けに、面白いサービスをたくさん仕掛けています。

フランスのスマートフォンメーカー「Wiko(ウイコウ)」が日本市場への参入を発表し、エントリークラスのスマホ「Tommy」を2月25日に発売

NTTコミュニケーションズが、MVNO 向けに、格安スマホの利用者が低料金で国内通話ができる「OCNでんわ」の「卸」提供を開始すると発表

日本通信が、ソフトバンクのSIMロックがかかっているiPhone及びiPad向け格安SIMを使える様になり、2017年3月22日(水)よりサービス開始します。


Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*