日本通信が、ソフトバンクのSIMロックがかかっているiPhone及びiPad向け格安SIMを使える様になり、2017年3月22日(水)よりサービス開始します。

2017年2月1日、
日本通信が、ソフトバンクのSIMロックがかかっている「iPhone及びiPad」向けに、格安SIMを使える様になり、2017年3月22日(水)よりサービス開始しすることを発表しました。 いいですね!!!! もう、2,3社のMVNOでも使えるようになればベストです。

日本通信は、ソフトバンクの契約者のうち100万人を日本通信の格安スマートフォンサービスへ取り込むと。。。意欲を燃やしています。

Sponsored Links




経緯
日本通信は、2015年8月7日にソフトバンクに対して相互接続を申し入れ、以降1年以上に渡り協議を行っていたが、不調に終わったと判断し、2016年9月29日に、総務省に「接続協定に関する命令申立書」を提出、再協議の意向を示した。

ソフトバンクは、総務省から「ヤキ」いれられて、しぶしぶ、日本通信との協議に応じて、相互接続できるようになった次第です。

まあ、ソフトバンクは、この辺が「せこい」会社なのです。 キャリア3社の平等を損ねることが有れば、「総務省」にギャーギャー文句を言う割には、自分の会社の利益を損ねる部分は、自分だけ許してねと言っているのですから、だから「せこい」と云われてしまいます。

元々、「iPhone 実質0円だよ!」と云って、最初に売り出したのもソフトバンクです。そんな形で集めたユーザーですので、SIMロック解除できるようにして、MVNOに回線を貸し出せば、あっという間に、ユーザーが逃げてしまう事くらい百も承知で、それが一番怖いのです。

これから
これで、古い、ロックの掛かったiPhoneでも、2017年3月22日(水)より日本通信のサービスが開始されますので、2年満期になるユーザーなども含めて、ソフトバンクから逃げ出す方が、大勢いるでしょう。

ただ、子会社のワイモバイル(Y!mobile)があるので、これをつかって、安いプランを打ち出してくるでしょう。端末は、Googleの「Android One」に力を入れていますので、これを使ってくるでしょうね。問題はiPhoneユーザーで、これを逃がさないために、ワイモバイルを使って、安くする手を使ってくるでしょう。

これで、キャリア3社が、平等にロックをかけた端末でも、MVNOで使用できるようになります。 特に「iPhone」ユーザーは、携帯電話の料金を安くできる様になります。

まあ、いまだに、MVNOを認識できていない、知らないユーザーも沢山いますが。。。賢い方は、さっさと移動するでよう。

・日本通信 ニュース
http://www.j-com.co.jp/news/1617.html

関連記事

SIMプラン
nuroモバイルが、データ通信の「容量」ではなく「時間」を購入する「5時間プラン」を発表しました
MVNO各社の格安SIMで使える通話「かけ放題」サービスは、あるの?
格安SIMでデータ使用量を超過してしまった場合、その通信速度で使用できるか?

SIMロックフリーのルーター
ファーウェイ・ジャパンが、SIMロックフリーのモバイル無線LANルーター「HUAWEI Mobile WiFi E5577」を4月7日に発売すると発表
NECが、LTE-Advanced 3CA対応のSIMフリーのモバイルルーター「Aterm MR05LN」を9月1日に発売すると発表

乗り換え
auの「iPhone 6」で、SIMロック解除せずにMVNOの格安SIMに乗り換えるには?
日本通信が、ソフトバンクのSIMロックがかかっているiPhone及びiPad向け格安SIMを使える様になり、2017年3月22日(水)よりサービス開始します。

Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*