無料(フリー)のオフィスソフトは、どれが使える?


Sponsored Links




5.LibreOffice(リブレオフィス)

2010年9月、OpenOffice.orgプロジェクトの一部メンバーは、The Document Foundation という新しいグループを結成し、Oracle 主導のオープンソースの生産性スイート「OpenOffice.org」 の次期バージョン3.3を開発した「LibreOffice」を作成したところから始まっています。 ですので、「LibreOffice v3.3」が初版のバージョンになります。

追記> 2016年12月
現在、「LibreOffice」のバージョンは、v5.2ですが、V5.3からMicrosoft社のOfficeの様にリボン風のユーザーインターフェイスデザイン(UI)を採用する予定です。

日本語にも、ちゃんと対応していますので、大丈夫。

1)Writer

LibreOffice_writer-001

ワープロ機能を持つアプリで、MicrosoftのOffice Wordと互換性もあります。

2)Calc

LibreOffice_calc-001

表計算機能を持つアプリで、MicrosoftのOffice Excelと互換性もあります。

3)Impress

LibreOffice_impress-001

Impressは、効果的なマルチメディアプレゼンテーションを作成するための本当に優れたツールです。

4)Draw

LibreOffice_draw-001

・Drawで効果的なデザインで直感的にフローチャートを描けます。
・Drawで写真や画像をさまざまな方法で処理できます。それを使って完璧なフォトアルバムを作ることもできます。

5)Base

LibreOffice_base-001

・BaseはCalcファイルにデータ範囲にリンクさせて、ピボットテーブルによる解析やグラフを作成するといった使い方もできます。

・Microsoftの「Access」との互換性は、テーブルくらいでしょう。フォーム、レポートの互換性はありません。

関連記事
フリーのデータベースソフト「Base(ベース)」についてとデータベースアプリを作成するには。。。

対応OS
Windows、Mac、Linuxなどでも使用できます。

私も、個人的には、開発も頻繁にしていますので、OpenOfficeも良いのですが、「LibreOffice」を使用しています。

LibreOfficeホーム サイト
http://ja.libreoffice.org/home/

LibreOffice Portable(USBポータブル版)
http://portableapps.com/apps/office/libreoffice_portable

LibreOffice Template Center テンプレートも豊富にあります。
http://templates.libreoffice.org/


Sponsored Links





関連記事
The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v5.4.2を公開

The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v4.5.0を公開

・The Document Foundationが、無料のオフィススイート「LibreOffice 5.0」を正式公開