【ホンダのバイク】ホンダが、新型「CRF250L」、「CRF250 RALLY」をフルモデルチェンジして12月17日に発売すると発表

2020年11月13日、
ホンダが、新型「CRF250L」、「CRF250 RALLY」をフルモデルチェンジして12月17日(木)に発売すると発表しました。

デザインは、2020年ダカールラリーを制覇したTeam HRCのラリーレーサー「CRF450 RALLY」のDNAを受け継ぎ誕生したモデルが「CRF250 RALLY」です。

CRF450 RALLY

ホンダのハンターカブ「CT125」も良いが、理想は、250ccクラスのエンデュアランスタイプのバイクが、一番、頼もしいです。 高速道路も走行できますし、より遠くへ旅をするのに適しています。

私が、最も所有したい1台です。 次はハンターカブ「CT125」ですか。。。

CRF250RALLY

2機種2モデルあります。
パット見て、LとRALLYの違いはへットライトの取り付け位置と顔が違う、後は、車高がSタイプの方が高いです。

CRF250 RALLY

今回のフルモデルチェンジで、良いなと思う点
▮「CRF250 RALLY」は、ビックタンクを積んできました。
10ℓ–>12ℓに容量アップしていますので、巡行距離も100kmくらい伸びています。

ツーリングと云っても、私も昔そうでしたが、高速道路を使い、300km以上の距離を走るロングツーリングをしようとすると、ガソリン給油が、結構気になります。そんな意味では、たっぷり入りますので安心です。

▮「アシストスリッパークラッチ」を採用
これは急激なシフトダウン時にバックトルクを効率的に逃がし、リヤタイヤのホッピングなどを回避できる。

▮もう一つ、ミッションは6速ですが、
3速から5速はクロスレシオですが、6速はハイギアードになっていますので、高速道路を走行する時に、エンジンの回転数を抑えることができますのでGoodですね。 時速100kmで、どのくらいの回転数になるかは不明ですが。
(ギア比:1速 3.538/2速 2.250/3速 1.649/4速 1.345/5速 1.115/6速 0.925)

昔、「東北自動車道」を使い、札幌まで、「XLR250R」で帰省する時などは、フロントのスプロケットの枚数を1枚増したギアを付けて、回転数を抑えたものです。燃費と云うより、あまりエンジンの回転数を高回転のまま、長時間「巡行運転」すると、エンジン(ピストン、ピストンリング、シリンダー)に負荷がかかりますので、その対策と云った方が良いですね。

▮エンジンも、吸排気系を中心としたチューニングを施して、扱いやすくしています。
エンジンは、ちょっと重そうですが、空冷ではなく、水冷です!!

それにしても、値段が高い、もう少しで、軽自動車が買えちゃいますよね。

価格(税込)
・CRF250L             599,500円(消費税抜き本体価格 545,000円)
・CRF250L<s>       599,500円(消費税抜き本体価格 545,000円)
・CRF250 RALLY      741,400円(消費税抜き本体価格 674,000円)
・CRF250 RALLY<s>   741,400円(消費税抜き本体価格 674,000円)

▮CRF250LとCRF250L<s>の違いは、CRF250L<s>は従来モデルCRF250L比4kgの軽量化を実現しています。

▮CRF250 RALLYとCRF250 RALLY<s>の違いは、前後サスペンションを伸長して、RALLY<s>の方がシート高が55mm高くなっています。 

関連記事
【新型バイク】ホンダが、ミラノショーにデザインスタディーモデル「CB125M」と「CB125X」を出展

「Honda CBR1000RR-R FIREBLADE SP」を実車の引き締まったフォルムそのままに、1/12スケールで再現した組み立てキット。

ホンダが、大型アドベンチャーモデル『CRF1100L Africa Twin』と、大容量燃料タンクなどを装備する『CRF1100L Africa Twin Adventure Sports』を2020年2月14日に、発売すると発表しました。

ホンダのハンターカブ「CT125」が欲しい!!

【新商品】Hondaが、ネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」を5月22日(火)に発売

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする