「Honda CBR1000RR-R FIREBLADE SP」を実車の引き締まったフォルムそのままに、1/12スケールで再現した組み立てキット。

2020年6月4日、
本日は、昔よく作成したプラモデルと実車です。 タミヤが、6月末から7月にかけて発売される商品の中から1台です。

「Honda CBR1000RR-R FIREBLADE SP」を実車の引き締まったフォルムそのままに、1/12スケールで再現した組み立てキット。

この値段の違い。。。実車を買うお金があれば、プラモ版を630台以上買えちゃいますね。

たまには、本物とプラモを比較するのも面白いです。 スペック的には比較になりませんがが、憧れのマシンをコロナ禍の中、お家で1台組み上げるのも、一考かと思います。

1/12 Honda CBR1000RR-R FIREBLADE SP(プラモデル)

価格:4,000円(税別)

Honda CBR1000RR-R FIREBLADE SP tamia

よくできています。。。レーシングスタンドも付いてきます。

■HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP(実車)

価格:2,530,000円(税別)

Honda CBR1000RR-R FIREBLADE SP honda

2020年3月20日発売

CBR1000RR-R FIREBLADE SPは、CBR1000RR-R FIREBLADEをベースに、ÖHLINS社製の電子制御サスペンションのほか、BREMBO社製のフロントブレーキキャリパーを装備するなど足まわりを専用化。また、軽量化に寄与するリチウムイオンバッテリーの採用や、より素早いシフトチェンジ操作を可能とするクイックシフターを標準で装備するなど、よりスポーツライディングの楽しみを視野に入れた特別な仕様としています。

スペック
水冷直列4気筒エンジン
重量:201(kg)、排気量:999(cm3)、馬力:218PSです!!!

▮ホンダ サイト
https://www.honda.co.jp/news/2020/2200305-cbr1000rr-r.html

四輪の200PSオーバーのマシンは、ドライブしたことが有りますが、二輪で200PSオーバーは、未知の世界です。

ひと昔前なら、このようなマシンは、モンスターマシンで乗りこなすのは困難だったでしょうが、最近のマシンは電子デバイスで調教されいますので、乗りやすくなっているのでしょうね。

HONDAの MOTOGPライダー「マルク・マルケス」の様に218PSですので、3速まで、全開にして乗ってみたいものです。

関連記事
【ホンダのバイク】ホンダが、新型「CRF250L」、「CRF250 RALLY」をフルモデルチェンジして12月17日に発売すると発表
【商品紹介】HONDAが、新型の軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売します。
【新商品】Hondaが、ネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」を5月22日(火)に発売


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする