【おもしろ記事紹介】「格安スマホ」に乗換えるべき人、向かない人  「週刊女性PRIME」

本日の紹介記事は、「格安スマホ」に乗換えるべき人、向かない人  「週刊女性PRIME」

なかなか面白い事を書いていますが、まだ「突っ込み」が、「不都合な真実」が足りませんので、ちゃんと補足しておきます。

今後の格安スマホの動きはどうなるのか?

「現在の携帯電話ユーザーのうち、格安スマホの利用者はだいたい5%強です。2、3年後には約20%程度まで伸びるかもしれないと見ています

通常は、高いものが、安いものに駆逐されて、「陳腐化」するのですが、ユーザー自体が「陳腐」ですので、総務省が、いくら「笛吹けど」、ユーザーは踊れないのです。


Sponsored Links




FirmBee / Pixabay

1.格安スマホの“メリット”として

1)月々の料金が格安!

どんなに「安くなるよ!!」と説明しても、言っても、替えようとしない。。。。

「安くなる」というメリットより、「自分の頭の悪さ」で困ってしまう事を、頭が悪いからこそ、予想できるので、怖くて、結局、積極的に替えられない。

「頭が悪い」。。。。。という事は、こういう事です。

ご苦労さんです。。。。何も言う事は御座いません。

2)ライフスタイルに合わせて自由自在

ライフスタイルや目的に合わせて、MVNOを選ぶほど、スマートフォンを使いこなしていない。

ほぼ、子供と同じように「オモチャ」としてしか、使っていないので、ライフスタイルなんて関係ないのです。

何が「自由自在」なのか? 意味不明ですよね。

3)格安スマホの多くは、いわゆる“縛り”がありません。 嫌になったらいつでも変えられる

「縛りが無い」と云っても、最低利用期間と云うものは、あるところがあります。ですので、最低利用期間内に解約・MNPした場合の契約解除料は、MVNOでもかかります。

最低利用期間を過ぎれば契約解除料なし
1年や2年の最低利用期間を過ぎれば契約解除料は必要のない格安SIMもあります。各社の「最低利用期間」と「最低利用期間内に解約・MNPした場合の契約解除料」は下記の通りです。

格安SIM 最低利用期間 契約解除料(税抜)
LINEモバイル 利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日 9,800円
楽天モバイル 12ヶ月~36ヶ月 9,800円〜29,800円
BIGLOBE SIM サービス開始月の翌月を1カ月目として12カ月目まで 8,000円
DMMモバイル 利用開始日の翌月1日から12ヶ月間 9,000円
OCN モバイル ONE 利用開始月を1カ月目として6カ月目まで 8,000円
IIJmio 12ヶ月 1,000円~12,000円

2.格安スマホの“デメリット”として

1)大手キャリアよりサポート力は↓

何のサポートでしょうね。

たかが、スマートフォン。。。こんなの自分でGoogleさんの「検索エンジン」で、「ググって、調べて、問題を解決しましょう」。。。と言っても、無理か。。。

パソコンさえ使いこなしていないので、検索エンジンなんか、使えるはずもないもんね!!

地球100周くらい遅れているが、自分では遅れていると、決して思っていないので、始末に悪い、体たらく。

2)キャリアメールが使えない

こんな事。。。。当たり前のことで、今さらですよね。

パソコンさえ使いこなしていないので、Googleのメール(Gmail)ひとつ、アカウントを作成することも、自分でできないので仕方ありません。

この時代に、自分で、フリーのメールアドレスを取得することもできないなんて、地球100周くらい遅れているが、自分では遅れていると、決して思っていないほど、体たらく。

3)時間帯によってスピードダウン

これも、当たり前のことで、スピードがダウンしても、「バカ動画や「エロ動画」さえ観ていなければ、そんなに遅いとは感じないでしょう。

何の問題もありません。

【豆知識・1】最新機種は使えない

最新機種は、ちゃんと使えるでしょう。

iPhoneなどは、キャリアと契約せずに、「Appleストア」で購入すれば、SIMロックフリーですので、MVNOの格安SIMで、十分使えます。

最後に

「格安スマホ」に乗換えるべき人、向かない人。。。とは、結局、「頭の悪さ」で決まります。

自分が、地球100周くらい遅れているという事を「自覚」できない人は、スマホなんて、必要のない人達です。

一生、「ガラケー」で十分でしょう。 それも「キッズ携帯」で十分です。

関連記事
2016年、総務省の「実質0円販売禁止」で、ちょっと流れが変わった携帯電話業界と2017年はどうなるのか? 
2016年、キャリアの携帯電話料金は値下がりするか? 予想通りユーザーをなめている。
ついに出ました!! 総務省が、携帯端末の過剰な値下げによる「実質ゼロ円」での販売を禁止に、違反なら業務改善命令、総務省が指針制定へ
総務省 有識者会議が、大手携帯電話会社「2年縛り」の改善を提言 「2年縛り」を無くすことで、本当に料金が安くなるのか? なんだか違うように思うのですが?
総務省が、キャリア3社に対して、「実質0円」や「2年縛り」に厳しく、「モグラ叩き」を続けている様です。
総務省の「MVNOの普及を促す」作戦が、失敗する原因とは。。。
「外国人が見た!日本人の変なスマホ利用TOP10」の記事が面白い!!
ガラケーが使えなくなる(無くなる)日は近いのではなく、通話とメールしかできない端末を提供すればいいだけだ!
スマートフォンの出現によって浮かび上がる「不都合な真実」について


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*