携帯ショップ「テルル」が、SIMフリーのガラホ「Mode1 RETRO」を先行発売

2017年9月25日、
携帯ショップ「テルル」を展開する「ピーアップ」が、SIMフリーのガラホMode1 RETRO」を先行発売しました。 価格は1万9900円(税別)。

今後、「MVNO」などを通じて発売する予定とのことです。

スマートフォンと同様のタッチ対応、タッチとテンキーの両方の操作が可能です。
ガラケーの操作感覚を残したスマートフォンです。スペックは十分、電池も交換可能です。

これに、「OCNモバイルONE」の音声対応SIM月額1,600円にすれば、2,000円以内で使えます。 オプションで月額850円(税込918円)を付けると、10分以内(1通話あたり)の国内通話が回数無制限で0円です。

Sponsored Links





大きさ:約56(W)×120(H)×18.1(D)mm、重さ:約141g

ガラホとは、
ガラケー(ガラパゴス携帯)とスマホを合体させて、「ガラホ」と言います。
どう頑張っても、スマートフォンを使いこなせない、使えない、必要ないユーザーに最適な携帯電話です。

スペック
・プロセッサ  :MediaTek MT6737M 1.1GHz クアッドコア
・OS       :Android 7.0
・メモリー   :2GB
・ストレージ  :16GB
・画面     :約3.5型WVGA(480×800ドット)IPS液晶ディスプレイ
・カメラ    :800万画素メイン、200万画素サブカメラを搭載。
・対応SIM   :nanoSIM×1
・バッテリー  :容量は1650mAh、脱着式
・無線LAN   :IEEE802.11 a/b/g/n準拠、Bluetooth 4.1

パーソナルアシスタント「Googleアシスタント」、テキストの音声入力機能を直接呼び出せる物理キーなど、直感的な操作で使用できる。

関連記事
【おもしろ記事紹介】「格安スマホ」に乗換えるべき人、向かない人  「週刊女性PRIME」

ガラケーが使えなくなる(無くなる)日は近いのではなく、通話とメールしかできない端末を提供すればいいだけだ!

スマートフォンの出現によって浮かび上がる「不都合な真実」について


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*