世の中が、どんなに進んでも、地球100周以上、周回遅れの人間で溢れています。「Windows 10」の厄介さ まとめ

2017年の窓の杜の大賞に輝いたのは、やはり、Windows 10の「Windows Update」に関係する厄介な事柄を何とかする方法でした。

今年は、当ブログサイトでも、何度も、「Windows 10」の厄介さを何とかするべく、色々なフリーソフトを紹介してきましたが、正直、ちょっと疲れてしまいますね。

来年も、まだ、延々と続くのでしょう。

「Windows 10」が、どんな状況になっているか、記載します。


Sponsored Links




1.世の中が、どんなに進んでも、地球100周以上、周回遅れの人間で溢れています。

もう仕事で使う時以外、例えば、WordやExcelを使わなければ、もう、Appleの「iPad」で十分ではないでしょうか。

特に、参照系の作業でしたら、「Surface」よりも、「iPad」の方が、圧倒的なパフォーマンスを発揮できます。

1)Apple

最近、Appleのテレビコマーシャルで、眼鏡をかけた小さい「ぼくちゃん」が、「iPad Pro」を使いこなして、ドキュメントをクリエイトしているのですが、誰かに「コンピューターで何しているの?」と聞かれて、「コンピューターって何?」って言っています。

iPad Pro — コンピュータって何? — Apple
https://www.youtube.com/watch?v=g03A_HkCovI

このコマーシャルは、「iPad」が、パソコンに取って代わるところを見せているのですが、もうコンピューターもタブレットもスマホも、文房具ですが、どんなに世の中が進んでも、コンピューターという「文房具」さえ使いこなせない人間は、圧倒的多数存在します。

結局、この道具は「テレビ、冷蔵庫、洗濯機」などと違って、リテラシー(読み、書き、計算)のない人間には、不必要な道具です。 スマホも結局、同じなんですがね。 暇つぶしのオモチャにしか使い道が無い。

ただ、使おうと「努力」さえすれば、役に立つ道具となるでしょう。

2)Microsoft

WindowsのCMで女の研修医が出てるやつ、ムカつかね?

2014年12月に放映された、コマーシャルなのですが、反感を買いました。

ここでも、本当は、「バカ」にパソコンは使いこなせない。。と云いたかったのですが、ストレート過ぎて、バカ共が反応してしまいました。

Appleのコマーシャルで、「ぼくちゃん」が、「iPad Pro」を使いこなして、ドキュメントをクリエイトしているのですが、誰かが、「コンピューターで何しているの?」と聞かれて、「コンピューターって何?」って言っている状況と何も変わりません。

この2つのコマーシャルの共通点は、

「バカ」にパソコンもタブレットも使いこなせない。。と云いているだけですよ。

2.「Windows Update」について

1)「Windows Update」の仕様変更
まず、「Windows 10」から、Windowsを更新するための「Windows Update」は自動で、強制的にかかるように仕様変更されました。

なぜ、強制的にかかるように仕様変更されたかと云えば、「Windows Update」を全く、かけない「バカ」が沢山いるため、セキュリティ上、自社のサーバーを含めて、安全ではなくなるのを防ぐためが、主な思惑でしょう。

更に、Windowsパソコンを3年以上使っていても、「Windows Update」さえも、知らない奴が大勢いますので、始末に負えないのですが。。。。「Windows Update」を知らない奴は、まず、自分で認識してください。

2)統合したOSを作ろう
このMicrosoftのOS「Windows 10」は、スマートフォン、タブレット、パソコンの3つを統合したOSを作ろうと、もくろんで開発が進んでいましたが、「スマートフォン」でずっこけましたので、残るは、タブレット、パソコンの2つになりました。

Appleの場合、パソコンのOSとタブレット、スマートフォンのOSは、ちゃんと分離されていますが、これが正解ではないでしょうか。

タブレットはともかく、スマートフォンのOSをパソコンのOSにしたら、しちめんどくさくて、パソコンも使いこなせない低レベルのユーザーが、例え、「iPhone」でも使わないでしょうという事をAppleは、ちゃんと読んでいた。。。賢いですよ。 Appleは。

3)画面とキーボードを分離しただけの「Windowsパソコン」です。
救いは、「タブレット」と云っても、パソコンとしてみれば、画面とキーボードを分離しただけで、元々はWindowsパソコンです。

違いと云えば、分離して、タブレットの様に使い易くするために、タッチパネルの操作性を重視した、アップデートがメインになっていますので、従来のタッチパネルの無い、デスクトップパソコンには、ほぼ関係の無い「Windows Update」が、ガンガン入ってきますので、うっとうしいたら、ありゃしない状況が、1年間、無償で配布する以前から続いています。

小難しい事が、大好きな、Microsoft社が、バカでもチョンでも使えるスマートフォン用のOSを作って、端末を売ることなど、予想通リ、不可能でした。

4)前のMicrosoft社の親分「スティーブ・バルマー」の勘違い
前のMicrosoft社の親分「スティーブ・バルマー」が、ほざいていましたが、「Appleの様にサブスクリプション方式で売れば成功したかも。。。」と。。。どんなことをしても売れないって。。。頭が良くても、低レベルのユーザーが多いという事を理解できないのです、彼は。

何だかんだと云っても、2in1のタブレットPC(Surface)を自社で開発して作ってしまったから始末に負えない。「Windows Update」で入ってくる変更・機能追加は、「 Surface」の為にあるようなもんで、デスクトップパソコンには、ほぼ関係の無いのですが、「Windows Update」だけは、強制的に、どんどん入ってくる。。。でも「誰もそんな機能使わねーだろう」という機能が殆どなのです。

これが、ここ1,2年の「Windows 10」になってからの状況なのです。

もう、仕事以外で「Windowsパソコン」なんか、必要ないんだ。。と云う事が理解できていないようです。

Sponsored Links




関連記事
“Windows Update”を無効化する機能が実装された「Windows10 設定変更ツール
Windows 10への更新通知を抑止する「GWX Control Panel」がリリース
電机本舗が、「Windows 10」への無償アップグレードの可否を事前にチェックしたり、アップグレードを抑止もしてくれる「Windows10アップグレードチェッカー」をリリース

「Windows 10」を使い始めた方向けに、サクサク使うために、まとめて記事を紹介してみます。
Windows10のWindowsUpdate、自動メンテナンス、Cortanaの設定を変更できる「Windows10 設定変更ツール」について
Microsoftのオンラインストレージ「OneDrive」を使わない人集まれ。Windows 10の「OneDrive」機能を簡単に有効化・無効化できる「OnedriveSwitch」が便利です。

Windows 10のトラッキング機能を一発で停止させることができる「Destroy Windows 10 Spying」と云うツールアプリがリリース
Ashampoo GmbH & Co. KGが、Windows 10のトラッキング機能を無効化することができるツール「Ashampoo AntiSpy for Windows 10」Ver1.0.2を無償公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください