WRC(世界ラリー選手権)を戦うメーカー4社の2018年仕様のマシンがお披露目されていますのでまとめておきましょう。

WRC(世界ラリー選手権)を戦うメーカー4社の2018年仕様のマシンがお披露目されていますのでまとめておきましょう。

2018年のWRC第1戦モンテカルロは、1月25~28日に開催されます。

フォルクスワーゲンは2016年限りでWRCから撤退し、2017年は、トヨタが18年ぶりに復帰して、全4チーム(トヨタ、シトロエン、フォード(Mスポーツ)、ヒュンダイ)での争いになりましたが、今年もちょっと寂しい状況なのは変わりありません。

フォードのフェスタWRCで、Mスポーツのセバスチャン・オジェが、年間チャンピオンを取ってしまいましたので、フォードが力を入れざるを得ない状況になって、マニュファクチャラー参戦することになっています。

ワークス参戦するメーカーが減る中、さあ今年も、この「ちっちゃい」車の戦い、どうなるでしょう。 昔のグループ5の様なモンスターマシンよりも、「ちっちゃい」車両の方が、観ていて面白いのですが。

Sponsored Links




1.TOYOTA  ヤリスWRC

フロントの空力パッケージを改良することで、ダウンフォース量を向上させ、前後の空力バランスの改善と、冷却系統にも改善が加えられたようだ。

リアに強大なダウンフォースを発生するウイングを搭載していますので、フロントとのバランスが悪かったのでしょうか。

ジャンプをしたときに、タイミングを間違えると、今までのリアウイングが強力で、前のめりではなく、リアから着地する様子がうかがえました。

F1の様な形状なら、フロントウイングでダウンフォースの調整はできるでしょうが、ハコ車の場合は、難しいでしょう。 フォードフェスタもそうですが、「リップ」の嵐になってしまい、綺麗な形が崩れてしまいます。

2.ヒュンダイ i20クーペWRC

各メーカーの性能で言えば、僅差のような気がしますが、ヒュンダイ君は中々、勝てません。

ヒュンダイ君のi20は、今年こそ、陽の目を見ようと頑張っていますが、天才ドライバーと速い車の組み合わせに、ならないと中々チャンピオンを取ることは難しいでしょうが、こんな状況ですので、参戦して、優勝争いに絡んでくるだけでもGoodです。

過去に、スバルのイップレッサ、三菱のランサーとWRCに参戦していましたが、今は、寂しいもんです。 お家の事情もあるでしょうが、復帰してほしいです。

そうです。 このタイプの車なら、ホンダ「フィットWRC」なんかどうでしょう。 ヤリスの様に、リアに強大なリアウイングを取り付けて、トヨタ「ヤリスWRC」より良いタイムを出してほしいものです。

3.フォード フィエスタWRC

フォードは、2018年にマニュファクチャラーとして復帰して、Mスポーツは『M-Sport Ford World Rally Team』として参戦することになったようです。

セバスチャン・オジェが今年もチャンピオンになれれば、良いのですが、若手もちゃんと育ててくださいよ。

後は、数戦ですが、セバスチャン・ローブが、シトロエンで、参戦しますので、2人のセバスチャンの走りを観たいですね。

4.シトロエン C3 R5

シトロエンは、2018年シーズンのWRC2クラス(プライベートドライバー向けのクラス)に投入するべく、シトロエンC3をベースとしたR5規定マシンの開発をスタートさせています。

ワークスチーム参戦ではないようです。

WRCの絶対王者セバスチャン・ローブ(43歳)が、「3戦くらいスポットで、古巣シトロエンの「シトロエン C3 R5」で復帰する様です。

乗りにくそうな、この「シトロエン」をどう乗りこなすのかも、楽しみです。

今年の「Dakar Rally 2018」に参戦していた、プジョーのセバスチャン・ローブ選手は、リタイアした模様です。 コドライバーの負傷によりリタイアせざるを得なくなったようです。

5.フォルクスワーゲン 「ポロGTI R5」

2017年12月4日、
フォルクスワーゲンが、新型『ポロGTI』ベースのラリーマシン、「ポロGTI R5」を発表

ポロGTI R5 スペック
・直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン。
・最大出力は272hp
・最大トルクは40.8kgm
・トランスミッションは5速シーケンシャル。
・車両重量は1320kg、
・0~100km/hの加速は4.1秒。

フォルクスワーゲンは、WRC(トップカテゴリー)におけるワークス参戦からは撤退していますが、WRCを含む「R5」カテゴリーのラリーに参戦する顧客をサポートする目的で、ポロGTI R5を開発したようです。


Sponsored Links




関連記事
来年のWRC世界選手権は、ちょっと面白くなる。 WRCの絶対王者セバスチャン・ローブ(43歳)が、「3戦くらいスポットで、古巣シトロエンの「シトロエンC3 WRC」で復帰する様

世界初の女性だけのラリー、「女城主の里」岐阜県岩村町で開催されました!!

2017年の世界ラリー選手権で、Mスポーツのセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)がタイトルを確定 おめでとう!!。

トヨタ、WRC復帰2戦目のラリー・スウェーデンで復帰後初優勝!。。。です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.