ホンダが、オフロードアドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」を発表

10月16日、
ホンダが、オフロードアドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」を発表しました。

「UNLIMITED ADVENTURE(無限の冒険)」です。

HONDAの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドが、欧州で12月中旬から順次発売です。 欧州での発売後、北米や日本などでの販売を計画しているようです。

HONDAは、「世界一過酷」と呼ばれた「パリ・ダカール・ラリー」に参戦していました。

30年以上前ですが、桶川でHONDAの何かの催し物会場で、「実車」にも跨った事が有りますが、身長184cmの私でも、サスペンションのストロークがとても長く、つま先立ちがやっとでした。

5)の写真の「Africa Twin」は、小樽の街で、まだライドしている方がいます(とても羨ましいのですが)。

仕事を引退したら、バイクで、全国をツーリングしたい。。。などと思っていましたが、マシンを「飾っておきたい」に替っています。

でも、小樽からフェリーに積んで新潟へ、関越自動車道で東京までひとっ走り、ビジネスホテルで1泊。 次の日は東名高速で御殿場で降りて、籠坂峠を下れば、山中湖です。「富士山」をゆっくり眺めて1泊、帰りは、東北自動車道で「日光」経由で、尾瀬沼のある「片品村」まで行って、ペンションに一泊。次の日は、夜の10時頃までに新潟のフェリー乗り場までたどり着けば、あとは乗船するだけです。

250ccのバイクでも良いのですが、荒野を疾走すアドベンチャーツーリングは、ちょっと無理ですが、このような「エンデュアランス」マシンで、フェリーと高速道路を利用した、ロングツーリングなら、今でもなんとかなる様な気がします。 昔、散々、走った道ですので、お迎えが来る前に実現したいです。

IMG_0535

20代の頃、こんな無謀な乗り方をしていた頃が、ちょと、懐かしい気もします。

バイクもコンピューターもスマホも同じですが、「使っている人間の能力以上の事は、何一つできません」。

Sponsored Links


1)デザートで、こんな乗り方  砂丘の頂点を一気にジャンプ!!!

CRF1000L_004

2)荒野で、こんな乗り方や。。。丘まで一気に駆け上がる。

CRF1000L_001

3)ガレ場でこんな乗り方も  けつが流れても、No Puroguremuです。

CRF1000L_002

4)最後は、川で、こんな乗り方も!!!。。。。。フロントを上げながら、水に突っ込むとこんな感じになります。。。。いいなー!!!

CRF1000L_003

5)1980年代、HONDA(HRC)が、「パリ・ダカール・ラリー」に出場していた頃、パリダカ用のNXR750のレーサーレプリカ「Africa Twin」と云う750ccのオフロードマシンが市販されていて、私のあこがれのマシンです。

普通の身長では足が地面につきません。 HONDAが私の為に開発してくれたマシンです!?

honda_africa_twin_001

これだと、東北自動車道で、青森から東京(約700Km)なんて、楽勝でしょう。

昔、夏休みHONDAのオフロードバイク XLR250(250cc)で9時間くらいで走り切っていますので、「Africa Twin」なら7時間で到着できますよね。

30年前は、東北自動車道は、出来たてほやほやでしたので、走り易かったです。
ハンドルから手を離しても、まっすぐ進みましたが、現在は、溝があるは、震災で段差が出来たり、あまり、路面のコンデションが良くないと聞いています。

スペック

車名 CRF1000L Africa Twin
全長×全幅×全高 (mm) スタンダードタイプ:2,335×875×1,475
ABS/DCT搭載タイプ:2,335×930×1,475
軸距 (mm) 1,575
最低地上高 (mm) 250
シート高 (mm) スタンダード:870
ローポジション:850
車両重量 (kg) スタンダードタイプ:228
ABS搭載タイプ:232
DCT搭載タイプ:242
乗車定員 (人) 2
最小回転半径 (m) 2.5
エンジン型式・種類 水冷 4ストローク OHC 4バルブ 直列2気筒
総排気量 (cm3) 998
内径×行程 (mm) 92.0×75.1
最高出力 (kW/rpm) 70/7,500
最大トルク (N・m/rpm) 98/6,000
燃料タンク容量 (L) 18.8
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 マニュアルミッションタイプ:常時噛合式6段リターン
DCT搭載タイプ:電子式6段変速(DCT)
タイヤ 90/90-R21(チューブタイプ)
150/70-R18(チューブタイプ)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
フレーム形式 セミダブルクレードル

18.8Lの大容量燃料タンクで、ワンチャージでの航続距離は400kmを可能に。

良好な燃費性能と快適なクルージングを最適なバランスで発揮できる「Dモード」、スポーティーな走りをさらに追求した変速パターンを採用した「Sモード」という、2つのオートマチックモードを備えています。

・CRF1000L Africa Twin サイト
http://www.honda.co.jp/africatwin/

関連記事
2015年7月、ホンダ が、欧州向け新型『シビック TYPE R』を発売
HONDAが、コンセプトモデル「BULLDOG(ブルドッグ)」を世界初公開しました。

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*