2015年7月、ホンダが、欧州向け新型『シビック TYPE R』を発売。

2015年7月、ホンダ が、欧州向け新型『CIVIC TYPE R』を発売します。 日本でも今秋に販売する様です。

ドイツのニュルの北コースで、FF(前輪駆動)世界最速を実証したレーシングモデルです? いや、公道仕様です。

今時の若い方には、クルマの事など興味は無いと思いますが、HONDAファンですので、HONDAの新型「戦闘機」を1台を紹介します。
Sponsored Links


日本での発売はありませんが、どうしてHONDAは、こんな楽しい、化け物の様なマシンを世の中にリリースするのでしょうか?
HONDAだから。。。でしょう。 The Power of Dreams です。面白い会社です。

エンジンスペックは、2ℓターボエンジンで、310馬力を叩きだします。
もちろん、オートマ(2ペダル)ではありません、6速MTです。6速はオーバードライブではなく、最高出力を発生する6500rpmまで回すことができる変速比に設定され、そのときの速度は270km/hに達するというのです。

昔、マクラーレンHONDAのF1用エンジンは、1.5ℓターボエンジンで、1,200馬力を発生していましたので、F1の世界では310馬力は大したことではありません。。。。

デザインは、あまり好みではありませんが、フロントバンパー、リアバンパー下部のディフューザーなど、随所においてドラッグ(空気抵抗)の低減とダウンフォースの増加に貢献するデザインとなっています。

「戦闘機」を購入できるの? みたいな。。。。ドキドキします。もし、買えれば、と思うと、頭の中で「妄想」が広がります。
値段は、500万円弱となっていますが。。。BMWのZ4を購入するより、お得な気がします。。。。おっと、「Z4」と比較してはいけませんね。

若い時から、HONDAの車とバイクは大好きで、30年前に東京でSEをしていた頃、4代目「グランド シビック」を新車で購入しました。

4代目「グランド シビック」

当時、TYPE Rなど無い時代(Siまではあった)でしたが、夜の晴美埠頭で女の子とデートしている途中、「検問」で止められて、車体をのぞきこまれ「車高。。低いな、改造していないか?」とおまわりさんに、いちゃもんをつけられて、一言「ど!ノーマルですので!!。。なんなら、カタログ見せましょうか?」と。。。低い声で、返事をした覚えが有ります。 当時、前後フェンダーのホイールアーチとタイヤの隙間が、日本車らしくなく、狭かったのでした。

近年は、もう「足」代わりにする様なクルマには、決して自分で運転せず、公共の交通機関を利用していますが、最後にもし1台、乗りたいとしたら、購入後、改造しなくて済む、こんな「戦闘機」みたいなマシンが良いですね。

体力、動体視力、反射神経など、「コントロール能力」は最低でしょうが、サーキットに持ち込んで、走らせてみたいです。

2015年 HONDAのF1 参戦について
ただの1.6ℓターボエンジンユニットでしたら、参戦1年目で何とかしているでしょうが、昔のように1.5ℓターボエンジンだけでなく、今回のマクラーレン・ホンダ「MP4-30」のエンジンは、1.6ℓターボエンジンに、面倒な!ERS(エネルギー回生装置)と「モーター」が付いていますので厄介です。

まだ参戦してまもないので、成績は今一ですが。。。。HONDAは、新しい事に挑戦する時、あまり「ジッコ」は使いません。 「若いエンジニア」を使い、チャレンジさせます。 ですので、1年から2年かかっても仕方ありません。そんなにF1の世界は甘くは有りません。

もう一つ、新型ステップワゴン、1.5リッターのターボエンジンで、2.4リッター並みのパワーを出しています。 ハイブリット車よりコストがかからず、安く提供できるところがいいですね。

1.5ℓで、1,200馬力を発生するターボエンジンをHONDAは開発していますので、エンジンは、まだまだダウンサイジングできます。

シビック TYPE R  エンジンスペック
・エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ
・総排気量  :1,996cc
・圧縮比   :9.8
・最高出力  :310PS/6500rpm
・最大トルク :400Nm/2500-4500rpm
・燃費    :38.7mpg(約16.5km/L)

・0‐100km/h加速5.7秒

・HONDA リリースニュース
http://www.honda.co.jp/news/2015/4150303.html

追記> 2015年12月
ついに、「CIVIC TYPE R」を2015年12月7日に国内で発売します。国内750台の限定販売。
<購入方法>
購入にはHondaホームページで商談の申し込みが必要で、申込受付は11月23日まで
(限定台数を上回る申し込みがあった際は抽選)。

追記> 6月11日、
ホンダが、自動二輪車ロードレースの頂点「Moto GP」で2連覇を達成したレース専用車「RC213V」を公道走行が可能な仕様に変更して発売すると発表しました。 日本、欧州、米国、豪州での販売を予定し、日本での価格は2,190万円!!! シビック、何台買える?  誰が買うの?。。。です。

関連記事
HONDAが、コンセプトモデル「BULLDOG(ブルドッグ)」を世界初公開しました。

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*