第4回 マイクロソフト ACCESS(アクセス)でデータベースを作成 検索・抽出処理

第4回 マイクロソフト ACCESS(アクセス)でデータベースを作成 検索・抽出処理

第4回目  本日は、「検索・抽出」表示処理です。

これは開発者の立場から云うと、EXCELでデータベースを自分で作成している方に多いのですが、ACCESSなどでデータベースを作成して、「これを使いなさい」と云うと非常に抵抗をしめす方が、けっこう多くいます。

なぜなら、「EXCELの表」で一覧管理していた時のように簡単にある特定のデータを「自分の思うように探しだせなくなる」からです。

EXCELの場合は、横に長い一覧で表示されます。そして「EXCEL使い」の方は、これを見ないと安心できないんですね?。

「EXCEL使い」の方は、どんなに頑張っても、データを大量の「セル」でしか管理することができますんので、データが多くなればなるほど、収集がつかなくなり、困ってしまう状態になるのですが、じゃ、Accessを使用してなんとかしようとは。。。。思わないようです。

ACCESSでデータベースを管理する画面を作成すると、例えば、顧客管理をする業務では、通常、顧客単位に画面に表示して処理します。

そこで今回は、「EXCEL」から「ACCESSデータベース」に移行した時、「EXCEL使い」を安心させてあげることができる検索・抽出方法を複数紹介します。

何万件データが登録されていても、効率よく個々のデータを読み出すことが可能です。
顧客データなどを管理する保守画面などで、有効ではと思います。


Sponsored Links




1)一発で該当データを検索・抽出して表示する。

kensaku_01

データベースのキー項目などを入力すると、該当データを1件表示してくれます。

重複を許さないキー、例えば顧客管理Noなど使用する場合に有効です。

「検索ボタン」をクリックされた時のサンプル「イベントプロシージャ」です。

Private Sub 顧客CD検索_Click()
On Error GoTo 顧客CD検索_ErrDoCmd.ShowAllRecordsDoCmd.ApplyFilter “”, “[Forms]![顧客データ保守フォーム]![管理番号検索]=[顧客データ]![顧客CD]”顧客CD検索_Exit:
Exit Sub顧客CD検索_Err:
MsgBox Err.Description
Resume 顧客CD検索_ExitEnd Sub

フォームの検索欄に入力された管理番号で、顧客データの顧客CDと一致するデータを呼び出す。
簡単でしょ。大事な所はたった2行です。
これをコピーして貼り付けて、フォーム上の名前とデータの名称を書き換えれば完成です。

補足
・解除ボタンをクリックしたときのコードは下記の2行です。
DoCmd.ShowAllRecords
Forms!顧客データ保守フォーム!管理番号検索 = “”

2)ドロップダウンリストより選択後、照会ボタンで絞り込んだもう一つの一覧画面を表示する。

kensaku_03

例えば、マンション名で絞り込んだ一覧が表示されて、選択すると該当データを表示する。
kensaku_031
該当データをクリックすると、保守画面に表示されるようにしています。

3)あいまい検索処理1

kensaku_02
電話番号、かな名など、途中の連続する文字や数字を入力して、右の「逆三角マーク」を押すと、ドロップダウンリストに入力した文字に該当する候補を複数表示してくれます。

入力した文字数(あいまい度)によって、ドロップダウンリストに絞り込んだデータの数が変化しますが、大体ほしいデータが発見できると思います。

4)あいまい検索処理2


 入力した文字で、あいまい検索処理をして、絞り込んだもう一つの一覧画面を表示する。

kensaku_041

入力した文字数(あいまい度)によって、検索表示したデータの量が変化しますが、大体ほしいデータが発見できると思います。

一覧表示する目的は、ある項目のみでは、探しても「特定」できない場合、複数の項目を表示して該当データを探す必要がある場合に有効です。

5)ドロップダウンリストより選択後、抽出ボタンで絞り込んだデータしか表示しないようにする。

kensaku_05
例えば、あるマンションで絞り込むと、顧客データが22件存在します。
この22件のみ入力処理したい場合、登録件数の上の三角マークで、個別データを切り替えれば、一件づつ呼び出さなくても処理できます。

ある、まとまった属性のデータのみに修正入力したい場合に有効ではないでしょうか。

このような検索・抽出処理を入力・登録処理画面に本当に必要な物だけ付け加えてあげれば、ほとんどのデータを簡単に呼び出すことができますので、大変便利なデータベースになります。

関連記事
第1回 マイクロソフト ACCESSでデータベースを作成するには
第2回目は Accessで、「得意先マスター保守」処理画面を作成してみる。
第3回目は Accessで、「得意先マスター保守」処理画面を作成してみる。
第5回 Access2010でパスワード管理データベースを作成してみよう。
第6回 EXCELで作成した住所録をAccess2010に取り込んではがき宛名印刷をしてみる。

関連記事
Access 2013 の新機能とAccess 2013 で廃止、変更された機能とバージョンアップの必要性について
マイクロソフト、「Access」の便利な機能を使って、業務アプリケーションを作成して活用する。

第1回 ACCESS(アクセス)データベース作成ソフトについて
第2回 ACCESS(アクセス)データベース作成ソフトについて
第3回 ACCESS 2007の情報
第4回 ACCESS トラブル対処の情報1「mdbが壊れてしまった時」
第5回 ACCESSを「ファイル共有」で使用する場合の注意事項
第6回 ACCESS トラブル対処の情報2 「メモリ不足」エラーについて
第7回 ACCESSで Jet 4.0 データベースの動作環境を最適に保つ方法
第8回 Access 2000とMSDEを利用してクライアント/サーバーシステムを構築する
第9回 ACCESS 2010の情報
第10回 Access2000(mdb)からAccess2010(accdb)に変換する
Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*