Windows 10への無償アップグレードは、期間延長しないと、明言?

Windows 10への無償アップデートは、リリース日から、1年間とすると、2016年7月29日になりますが、Windows 10への無償アップデートは期間延長しないと、明言しているそうです。

Sponsored Links





win10_Build_14328_003

あと、100日を切っていますが、まだ、入れ替えていない方は、そろそろ、実施したほうが良いのではと思います。

1.期限を過ぎるとちょっとまずい点

日を過ぎると、期限前にクリーンインストール用に、ISOファイルを無償ダウンロードしていても、インストール時に、アクティベートできないです。

「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルドを毎回、インストールしていて、2016年になってから、初めて、Windows 7から、Windows 10にアップグレードを実施して、現在も使用していますが、ほぼ、問題なく、使えています。

「Windows 10」は、ほぼ、Windows 7に近いUIになっていますので、Windows 8ほど、戸惑うことは無いでしょう。

私も、もう1台ありますので、ゴールデンウイーク中に、そろそろ、入替作業を実施する予定でいます。

ちょっと、性能の低いパソコンで、4,5年使用している場合、ストレージをHDDからSSDに入れ替えると、HDDの耐用年数や、動作性能的にもベストですし、まだまだ使えます。

Windows 各OSのサポート期限
・ Vista    :延長サポート 終了日 2017年4月11日
・ 7   :延長サポート 終了日 2020年1月14日
・ 8   :延長サポート 終了日 2023年1月10日
・10   :延長サポート 終了日 2025年

2.スタートメニューが復活したデスクトップ環境

特に、デス クトップ機として使用している方は、何も問題ないと思います。
むしろ、Windows 7/8.xよりも使いやすくなっていると思います。

どうしても、Windows 7風の古いスタートメニューが欲しいなら、Ivo Beltchev氏の「Classic Shell」は、下記のサイトからダウンロードできます。
http://www.classicshell.net/

startup_che_002

慣れ親しんだ環境を変えたくない。。。。などと考えなくても大丈夫です!!
Windows 7に戻って、ちょっと使いやすくなった。。。みたいな感じです。

目に見える部分の変更は、そんなに有りません。ただ、セキュリティなどの機能は、格段に良く なっていると思います。 Windows Updateも10からは、強制的にアップデートがかかりますので、一々心配する必要など有りません。

危ないサイトなどをブラウズしなければ、セキュリティ機能も、予め入っていますので、セキュリティソフトを別途購入する必要もないでしょう。

3.各メーカー別のWindows10サポート案内

1)NEC Windows 10サポート案内

2013年5月以降発表のLaVie、LaVie Tab W、VALUESTARをWindows 10のアップグレード対象とすると発表しています。

http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/ENTP/h/?tab=SUP_Z_WIN10


2)HP PC  Windows 10対応について

2015年に出荷するモデルはすべてWindows 10に対応するとのことで、日本HPの製品もこれに含まれる。2014年以前に出荷したモデルについては対応を検討中です。

http://www8.hp.com/jp/ja/hp-news/press-release.html?id=2005844


3)パナソニック
「パナソニックパソコンでの対象機種については、「Windows 10 サポート評価情報」を後日公開する予定です。
今後、提供されるWindows 10へのアップグレードをご利用になる場合は、アップグレードを行う前に必ず当社の「Windows 10 サポート評価情報」をご確認いただき、予約のご検討をお願いします。」となっています。
http://askpc.panasonic.co.jp/info/info20150605.html

4)エプソン
※2013年7月以前に販売したPCについては、動作確認の対象外となります。

http://shop.epson.jp/pc/other/win/win10/upgrade/

Microsoft社 無償アップグレード サイト

・「Windows 10 互換性情報 & 早わかり簡単操作ガイド」 サイト
http://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/campaign/windows10/compat/

メディア作成 情報
・USB フラッシュ ドライブまたは DVD を使って独自のインストール メディアを作成できます。 Windows をダウンロードするには、「メディア作成ツール」 をダウンロードして使用します。

「メディア作成ツール」の機能
・ダウンロードをできるだけ短時間で実行するためのファイル形式を採用。
・USB または DVD 用のメディア作成オプションを標準提供。
・ISO ファイル形式にオプションで変換可能。

http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

追記
2016年5月6日、
Microsoft社は、無償アップデート提供プログラム終了後の「Windows 10」について、新たな情報を発表しました。

7月30日以降は、「Windows 10 Home」で、119ドル(約1万3000円)を払うことで、アップデートが可能になるとのことです。

関連記事
「Windows 10」の無償アップグレード権だけを確保して、期限後に「Windows 10」に無償移行する方法?

「Windows 10」への自動アップグレードの強制が強化されてきています。

「Windows 10」へのアップグレード。。。。。どうしよう?

Mozillaが、「Windows 10」をサポートした「Firefox」v40.0のベータ版を公開
Windows 10のスタートメニューをWindows 7風にする改良する方法
「Windows 10」の「高速化対策」とメモリ管理について
Microsoft社が、「Windows 10」は、2025年までサポートされることを明らかにしました。
「Windows 10」は、プレビュー版のISOファイルからインストールしたものでも無料アップグレードが可能?
Windows 10 Mobileの「Continuum(コンティニュアム)」機能を使えば、Windowsスマートフォンが、パソコン本体になる時代がやってくる。
Windows 10 へのすすめ 「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10041」を公開
7、8の顧客に1年間無償で提供されて、Windows 10で終わりと云われているが、10の更新プログラムが、この先、無償で提供されるのか?

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です