「Windows 10」は、プレビュー版のISOファイルからインストールしたものでも無料アップグレードが可能?

2015年6月19日、
Microsoft社が、次期OS「Windows 10」は、プレビュー版(Windows Insider Program)ユーザー向けに、7月29日リリースの正式版への無料アップグレード方法について説明しています。
Sponsored Links





今回は、Microsoft社のガブリエル・オウル氏は公式ブログで、「プレビュー版をインストールしていて、かつ、プレビュープログラムへの登録時に使ったMicrosoftアカウントと関連付けてあるPCであれば、正式版Windows 10に無償でアップグレードできる」と説明しています。

過去、2015年3月に「海賊版からも無償アップグレードできる」と発言した後の「補足説明」で、できないと説明した経緯がりますので、今回の説明は、嬉しい限りですが、本当なのかどうか? まだ、真意のほどが。。。。どんな条件なのか。。。。不明です。

この説明だと、取りあえず、なんでもいいから、Windows 10 Insider Previewプログラムに参加して、「Windows 10 Insider Preview」のISOファイルを入手して、DVDに焼いてパソコンにクリーンインストールしておけば、Windows7、8を持っていなくても、Windows 10の正式版がリリース後、使えるよ。。。と云う事でしょうか?

私の場合、「MacBook Air 13」の中に、Boot Campを使って「Windows 10 Technical Preview」から始まり、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10130」まで、 Preview版のアップグレード繰り返して、現在、運用しています。

最悪、ダメな場合、デスクトップPCで、32Bitの「Windows7」と「Windows8.1」をデュアルブートで使用していますので、「MacBook Air 13」にWindows8.1のライセンスを移して使用しようと考えていましたので、元のWindows OSが入っていないパソコンにも、 Preview版を使用していれば、7月29日リリースの正式版への無料アップグレードが可能と云う事になりますので、本当なら、うれしいですね。

こうなると、「海賊版からも無償アップグレードできる」ではなく、WindowsのOSが、全く無くても、スペックさえ満たせば、無償で「Windows 10 」が、複数台のパソコンで使える事になります。。。。ホントかいな?。。です。

Windows 10の正式版がリリースする前に、「Windows 10 Insider Preview」のISOファイルを入手して、DVDに焼いてパソコンにクリーンインストールするなど、ちょっとハードルの高い作業ですので、ぎりぎりまで、うやむやにしておいて、正式版がリリース後に「Windows 10 Insider Preview」のISOファイルのダウンロードを中止すれば、この作業のできた人のみ、得をするみたいな感じになるのでしょうか?

だとしたら、取りあえず、「Windows 10 Insider Preview」のISOファイルを入手して、DVDに焼いてパソコンにクリーンインストールする直前まで準備をしておいた方が良いのか。。。。

「疑心暗鬼」になってしまいますが、Windows7、8以外のOSしか持っていない方は、別のHDD又はSSDに「Windows 10 Insider Preview」を速攻インストールして使ってみるのが一番いいのではと思います。

いやー。。。「Windows 10」を、どうしても「タダ」で入手したい方は、ちょっと目が離せませんね。

いずれにしても、初心者には、「Windows 10」にアップグレードするのは、ハードルが高いですが、頑張れば、できない事は有りませんので、ちょっと苦労してみる価値は有りますので、もし可能なら自力でやってみましょう!!

Windowsのバージョンは、「Windows 10」以降は、もう有りません。。。面倒ですが、最後のOSの入替え作業です。

・Windows10へのアップグレード
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-upgrade

・無償アップグレードを今すぐ予約
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows

【追記】 2015年6月22日(月)
ミスリード
なのか、誤解を生じる文章だったのか。。。。今回も、Windows XP、Vistaから「Windows 10」への無償アップグレードは無しです。

正規品」 のWindows 7、8.1を利用しているユーザーのみが、無償アップデートの対象です。

俄かに、期待したWindows XP、Vistaユーザーは、ご苦労様です。 身銭を切ってインストールしてください。

Windows XPは、しょうがないとしても、Vistaを救わないのは、ちょっと納得いきませんね。 Vistaがちょっと重くても、ちゃんと動いているスペックのパソコンなら、Windows10も、問題なく動くと思うのです。 但し、PCのスペックの低い「Vista」は、XPと同じように、ほぼ無理だと思いますが。。。。

Windows 7、8.1を利用しているユーザーでさえ、 「Windows 10」にアップグレードするのは、ハードルが高いように思います。

関連記事
7、8の顧客に1年間無償で提供されて、Windows 10で終わりと云われているが、10の更新プログラムが、この先、無償で提供されるのか?
「Windows 10」へのアップグレード。。。。。どうしよう?

Microsoft社が、PC、タブレット向けの「Windows 10」を2015年7月29日より提供開始すると発表
Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10130」を公開
Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10122」を公開
Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10074」を公開

Microsoft社が、「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10061」を公開
Microsoft社が、新ブラウザー「Spartan」を搭載した「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10049」を公開
Microsoftが、「Windows 10 Technical Preview」の最新版「Build 10041」のISOイメージを公開
Windows 10 へのすすめ 「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10041」を公開

MacBook Airに、Boot Campを使ってWindows 10 Technical Preview 版を入れてみる

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*