JR東日本 駅ナカ×シェアオフィス(東京・新宿・品川駅)で提供 個室ブースの貸出しサービスです。

2018年11月28日から2019年2月20日まで、
JR東日本が、「駅ナカ×シェアオフィス」の「STATION BOOTH」を無料で提供しています。 ※正式サービスは2019年上期に開始予定です。

3種類のワークスペースがありますが、「STATION BOOTH」の紹介です。
1)STATION BOOTH(東京・新宿・品川駅で実証実験をしていました)
2)STATION DESK (Coming Soon)
3)STATION OFFICE(Coming Soon)

テレビを観ていたら、中の様子まで放映していました。 ちょっと、気になりましたので、掲載します。東京に行けば、自分でも利用してみたいと思っています。

駅の改札を出てすぐにあると云うのがすごいです。

政府は「働き方改革」とか、ほざいていますが、会社以外の場所で、仕事をできる人など、まだまだ、限られた人達になってしまいます。

ぱっと、思う着くのは、営業マンが、会社に戻らず、ここで事務処理をして、ネットを使用して報告を上げて、そのまま、家路につくか、遊びに行く程度ですか。。。

喫茶店で、コヒーを飲みながら、ちょっとした事務処理、休憩タイムにと、使い方は色々あるようにも思います。

最近では、安いレンタカーで、運転せずに、その場所で、クルマの中の空間を利用する人たちも居るようで、大都会の雑踏から逃れて、一息ついたり、電話したりするのは、ニーズがあるようです。

STATION BOOTH

ターミナル駅に立ち寄った時のタイミングで、果たして、どう利用するのかどうか?

実証実験の結果はどうだったのでしょう。。。気になりますね。

STATION BOOTHの機能
■デスク・椅子(1名利用となります。)
■照明、空調(暖房機能の利用が可能です。)
■無料Wi-Fi、大型モニタ(接続アダプター付き)
■電源・USBポート
■アロマの準備あり。

■予約制です。
・予約は2018年11月19日(月)10時より、専用WEBサイトで予約が可能となります。
・20分以上の空きがあれば、予約がなくても利用ができます。
・1コマ15分単位での予約となり、1回あたりの利用上限は2コマ30分となります。
・2回分までの予約が可能です。

■利用時間 :9:00-21:00

STATION BOOTHの設置場所と設置数

東京駅 法人専用 2台 個人専用 2台
新宿駅 法人専用 2台 個人専用 2台
品川駅 法人専用 2台 個人専用 2台

・「駅ナカ×シェアオフィス」サイト
https://www.jreast.co.jp/station-work/?src=keyvisual

大都会ならではの「サービス」ではないかと思います。

大都会の雑踏から、ちょっとだけ逃れたい人は、良いのではないでしょうか。

昔、東京で暮らしていましたので、ちょっとだけ、あこがれます。。。。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする