「iPhone 6 Plus」を「iOS 11」にアップデートしてみた。

2017年9月20日 日本時間未明、
アップルが、iPhone・iPad向けOSの最新バージョン「iOS 11」をリリースしました。

早速、「iPhone 6 Plus」を「iOS 11」にアップデートしてみましたが、今のところ、不具合と云うほどの事は、あまりありません。

一番最初に気が付いたのは、「消費電力が増えたのか、電池の持ちが、少し悪くなっている」です。 あとは、メールを起動した後、全メールが表示されるまでの時間が少しかかっているくらいです。

Sponsored Links




1.iOS 11で使えなくなる「32bit」アプリは?

iPhoneのCPUは、「iPhone 5s」に搭載のA7から64bit化しており、ちゃんと開発者には予告していました。 今回から64bit化したアプリでないと動作しません。

不能になるアプリは、殆ど、ゲームアプリですので、何の問題もありませんね。

1)iOS 11では、32bitアプリの動作に対応していません。

注意事項
iOS 10で、32bitアプリを利用している場合、OSをバージョンアップすると使えなくなります。バージョンアップする前に、「設定」→「一般」→「情報」→「App」から32bitアプリを調べて、削除しておきましょう。

アップデート後にも、一覧を表示できますので、削除することもできますので大丈夫です。

2)iOS 11の対応機種

対応機種は、
・「iPhone 5s」以降のiPhone
・「iPad mini 2」以降のiPadファミリー
・第6世代の「iPod touch」で動作。

尚、iOS 10までサポートしていた「iPhone 5」「iPhone 5c」はプロセッサの関係から動作対象外となっています。

3)アップデート後のストレージ容量の変化

iOS9やiOS10の頃は、アップデートするたびに容量が増えていましたが、「iOS11」は少し違います。

ストレージの空きは、iOS10—>「iOS11」のアップデートで、1GB強、減少していましたので、容量はむしろ少なくなるでしょう。

2.コントロールセンター

アップデート後、画面を表示して気が付いたことは、コントロールセンターが、思いっきり刷新している事でしょう。

この「UI」に慣れるまでは、ちょっと使いずらいでしょうが、ちょっとだけ我慢ですね。

コントロールセンター表示中の画面

1)音楽のコントロール(画面左上)
音楽のコントロールが、次画面にあったのですが、その画面が無くなって、音楽の表示部分を長押しすると、もうひと画面、表示されます。

 

2)通信のコントロール(画面右上)
WiFiやBluetoothをオンにすると有効になりますが、コントロールセンターのWiFiやBluetoothをオフにすると実際には、オフになりません。

未接続状態になっただけで、「設定」アプリ側で確認すると、WiFi/Bluetooth機能が実際にはオフにはなっていないことがわかります。

Bluetoothヘットセットで音楽を聴いているので、楽曲やBluetooth端末の切り替えで、機能をコントロールセンターから使うのですが、ちょっと使いずらいですね。

3)コントロールのアイコン配置の変更
基本部分の通信設定関連のアイコンの配置は、変更できないようですが、自分で追加、削除できる項目(フラッシュライト、タイマー、計算機、カメラ等)については、配置の順番を変更することが可能です。

表示項目を変更する場合は、「設定」から「コントロールセンター」を開いて変更できます。

3.通知センターが、ロック画面風デザインに

通知センターは、画面を上からのスワイプすると表示する画面です。

壁紙や時計が表示され、ロック画面と共通のデザインになりました。

良いのですが、ロック画面なのか、通知センター画面なのか? ちょっと間違えそうですが。

4.QuickTypeキーボードで、タイピングを片手で簡単に

画面の大きい「iPhone 6 Plus」を片手で使うユーザーは助かると思います。ちょっとキー自体は小さくなりますが。。。

地球儀のキーを長押しすると表示されるメニューから、キーボードを左・右に寄せる選択ができます。 解除も「<」を押すと元に戻ります。

尚、画面が小っちゃいのでiPhoneSEでは、使えない機能です。

5.QRコードの読み取り

カメラを開き、QRコードにかざせば「Safari」や「Appleストア」へのリンクが表示されるようになりました。サードパーティーのQRコード読み取りアプリが不要になっています。

6.スクリーンショットの編集

画面の端に表示されたプレビューをタップし、落書きをしたり、トリミングしたり、文字や矢印、吹き出しを加えたりできるようになった。

7.動画スクリーンショット

画面の撮影だけでなく、録画もできるようになっています。
「コントロールをカスタマイズ」でコントロールセンターに「画面収録」ボタンを追加し、録画したいときにそのボタンを押せばいい。

8.複数アプリの一括移動

アプリを1つ選んで長押しして、アイコンが、ブルブル震えてきたら移動を始め、他の移動したいアプリをタップして重ねていく。重ね終わったら、フォルダーなど好きな場所にまとめて移動する。

9.ストレージの解放

ストレージの空き容量が少なくなってきたときに、「メッセージ」アプリの添付ファイルを削除可能になった。
「設定」→「一般」→「iPhone(iPad)ストレージ」→「大きい添付ファイルを再検討」で、削除したいファイルを左にスワイプする。

追記> 2017年9月29日
早くも、11.01がリリースしましたが、とりあえず、変なタイミングで音量調整の表示が出てくるバグが治っています。

関連記事
「Apple Watch Series 3」のGPS+Cellularモデルでは、今のところ、MVNOでは利用できず。。。。残念です。


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*