Appleの発表会で、「Apple TV」、「iPad Pro」と「iPad mini 4」、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を発表

2015年9月10日、
Appleが、発表会で「Apple TV」、「iPad Pro」と「iPad mini 4」、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を発表しました。

Sponsored Links


1.iPhone 6s、6s Plus

9月12日予約注文開始 9月25日(金)発売です。

キャリア3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)のiPhone 6sの価格が、出揃っていますが、「実質ゼロ円」と云う売り方は無くなっていますが、「実質負担金」が安かろうが、高かろうが、結局、2年契約を途中で解約すれば、「解約料金」と「実質負担金」、つまり、端末代金の分割払いの残債を支払う羽目になりますので、わざわざ、SIMロックを解除するユーザーは、ごく少数でしょう。

SIMロックを解除しても、格安SIMにユーザーは流れません。

なぜなら、8万円から10万円もする高価な端末を通信料金も含めて、毎月8,000円ほど支払っているのです。 これはユーザーも分かっていて、SIMロックフリーのiPhoneを単体で購入すると高くて買えないから、キャリアで契約するのです。

「味噌もクソも含めて、毎月8,000円ほど支払っている」と云う事を。。。この方が、めんどくなくて、良いからです。

2年間の契約で購入できるから、「iPhone」にするのです。 でなければ、こんな高価な端末など、ほとんどの人は購入しませんよね。

キャリアも通信料金を高止まりにして契約させて、端末代金を安くしても、儲かるように、通信料金をしっかり取り、端末代の元を取る仕組みをちゃんと取っています。

通信料金を今の半額位に安くして、「実質負担金」を今の金額にした合計が、妥当な通信料金でしょうが、しかし、それだとキャリアの儲けは少なくなるでしょう。

「実質負担金」と言っていますが、端末代金は通信料金に含まれている事を知らないユーザーも大勢います!!

ユーザーは通信料金の話をすれば、MVNOの方が安いのは、百も承知しています。
iPhoneが欲しいに、高価な端末代金は、どうなるの? 別途、支払うの?。。。です。

「そんなの嫌だ! キャリアから買った方がめんどくさくない」。。。となります。

いずれにしても、スマートフォンを使いこなせもしないユーザーが、パソコン並みの高価な端末欲しがるのですから、どうしようも有りません。

Androidが、iOSなみにシンプルになり、誰でも使いやすくすれば、安い商品が沢山あるAdnroid端末にシフトするように思いますが、Googleが、そんな「Android OS」を作る気配は感じませんので無理でしょう。

「iPhone」の牙城を崩すカギは、ここにあるのですが、多分、無理でしょう。

スペック

商品の形は、ほとんど変わっていませんが、細かな処で進化してはいます。

1)プロセッサ機能
iPhone6のA8から、iPhone6sA9では、CPU性能が最大70%アップ、GPU性能が最大90%アップとなり、大幅に高速化されています。

2)カメラ機能
アウトカメラは800万画素から1200万画素に、インカメラは120万画素から500万画素へと一気に高解像度化しています。 4K動画(30fps)に対応しています。

機種名 iPhone 6s iPhone 6 iPhone 5s
メインカメラ 1,200万画素、F2.2 800万画素、F2.2 800万画素、F2.2
インカメラ 500万画素、F2.2 120万画素、F2.2 120万画素、F2.4
4K動画

オートフォーカス機能が、「Forcus Pixels」を使ったものに変わり、位相差オートフォーカスとなって高速化されています。

「Live Photos」と云う、静止画+動画で撮影できる撮影モードが追加されています。

3)ディスプレイ機能
6sの大きな特徴の1つが、ディスプレイをタッチする強さを検知し、メニューを表示したりすることができる「3D Touch」を搭載していますので、アプリの起動中のモードを指を押す圧力で変更できますので大量のデータを扱う処理など効果があるようです。

4)ストレージ容量
16GB、64GB、128GBの3モデル

音楽や写真を貯めこまなければ、16GBで十分です。

2.iPad

「Surface Pro 3」を購入しようと考えていましたが、「iPad Pro」が本当にリリースして、どちらにするか、悩ましい状態になっています。

1)iPad Pro

iPad Proのライバルとなりそうなのが、Microsoft社の「Surface Pro 3」ですが、ユーザーの立場にも色々ありますので一概には言えません。

例えば、タブレットを使用したことが無い人でも、Windowsパソコンを使いこなせる人は、「Surface Pro 3」でしょうし、パソコンを使いこなせない人は「Surface Pro 3」はちょっともったいないでしょうと云うより、不要でしょう。

使いこなせる人でも、Office製品(Word、Excelなど)を使用してドキュメントをクリエイトされる方なら「Surface Pro 3」でしょう。しかし、9月9日、Microsoft社が、新しく登場した「iPad Pro」と「Apple Watch」で使いやすくなるという「Officeアプリ」のアップデートについて明らかにしています。もう、WindowsのOSだけでなく、AppleのiOSでも「Officeアプリ」間の連携まで取れて使いやすくなっている様です。

そして、今回のAppleのイベントには、Microsoft社のKirk Koenigsbauer氏が登壇し、iOSでも、Microsoft社のOffoce製品のが使える事を披露する一幕もあった位ですので、タブレットで「Surface Pro 3」ではなくても、ドキュメントをクリエイトできる時代になったと云う事になります。

Appleも、カバー一体型のキーボード「Smart Keyboard」(2015年11月発売)をオプションで価格は169ドルと高価ですが、純正のキーボード付カバーをやっと出してきました。ですので、入力作業は、ちゃんとできますので大丈夫です。 もう、「MacBook Air」が要らなくなりますか?

Microsoftの「Surface Pro 3」だけではなく、「MacBook Air」も競合しそうです。

ipad_pro_key_001

Smart Keyboard

グラフィック関係の方でしたら、角度や筆圧なども感知するスタイラスペン「Pencil」が使えますので「iPad Pro」でどうでしょう。 4K動画も編集できます。

仕事では、あまり使わないや。。。という方でも、この12.9インチの大画面、どう使いこなそうか? です。

もちろん、動画を観るには十分な大きさで、持ち運びのできる「動画」視聴用デバイスになります。 ただ、バカ動画、エロ動画を観る為だけでしたら、かなり勿体ないでしょう。

どうせ、家で使用するしか能がないなら、「Apple TV」を購入して、テレビで動画を観た方が安上がりです。

あとは、値段ですが、「Surface Pro 3」と同程度の10万円を超える値段になっていますので、性能の良いノートパソコンを購入するくらいの気持ちがないと、買えませんね。

「iPad2」を使っているのですが、もう動きが重くなっていますので、新しいのが出たら買い替えようと考えていましたが、「iPad Pro」だと、ちょっと、高価で勇気が必要です。

私の場合、タブレットはいつでもカバンの中に入れて、持ち歩き、バスでも、電車の中でも、ニュース、ドキュメントの参照用端末として活躍しています。 バカ動画は殆どみません。

でも、この画面なら、DVD版の映画をリッピングして「iTunes」経由で「iPad Pro」に入れて、観れば、大画面ですので、見やすくて良いでしょうね。

どう考えても、「Surface Pro 3」より、「iPad Pro」のほうが、使い出が有りますが、皆さんは、どうでしょうか?

関連記事
Mac用DVDリッピングソフトMacX DVD Ripper Proの無料版「MacX DVD Ripper Mac Free Edition」がリリース

関連記事
タブレットって、結局、何に使うの?。。。。タブレットの使い道について、その1
タブレットって、結局、何に使うの?。。。。タブレットの使い道について、その2
タブレットって、結局、何に使うの?。。。。タブレットの使い道について、その3

iPadの「iOS」新機能

機  能 内    容
「Slide Over」機能 現在使っているアプリを離れることなく2つ目のアプリを画面の端に表示する(iPad Air/Air 2、iPad mini 2/mini 3及びiPad Proが対応)
「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能 FaceTimeやビデオの画面を小さく画面端部に表示できる。
「Split View」機能 2つのアプリを画面の半分ずつ、または7対3の比率で同時表示できる(iPad Air 2、iPad Proが対応)

いづれにしても、「iPad2」を「iOS8」で動かしていますので重いのですが、「iOS9」がリリースされたたら入れてみて、更に重くなる様でしたら、「iPad Pro」の購入を考えてみようと思っています。

なんといっても、画面の大きさが、一番、強烈ですね。

あの大画面をカバンの中から出して、人前でも使いこなす勇気は、バカ動画しか見ない人には無理でしょうが、1日300件ほどの「Googleアラート」からのメールを整理したり、ニュース配信サイトのニュースを収集するアプリで情報をチェックしたり、「電子書籍(マンガではありません)」を読む為に使用していますので、電車の中など、人前で使用しても何のためらいも有りません。 画面をのぞきこまれても、全然、平気です。

2)iPad mini 4

iPad_mini4_001

厚さ:6.1mm 重さ:298.8g

従来モデルの「iPad mini 3」と比較すると、CPU処理速度が30%、グラフィックス処理が60%高速になっています。
・プロセッサ   :「A7」から「A8」
・グラフィックス :「M7」から「M8」モーションコプロセッサ

・ディスプレイ  :IPS方式の7.9型Retina(2,048×1,536ピクセル、326ppi)。
・カメラ     :8MpのiSightカメラ、1.2MpのFaceTime HDカメラ。
スローモーションとバーストモードも搭載。ストロボ(フラッシュ)は非搭載

・ネットワーク  :IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2。
・Touch IDを装備。

価格
・Wi-Fiモデル:16GBが42,800円、64GBが53,800円、128GBが64,800円。
・Wi-Fi+Cellularモデル:16GBが56,800円、64GBが67,800円、128GBが78,800円。

iPad mini4は、前モデルの「iPad mini3」と比較して18%薄い6.1mm、重量は298.8gと軽量化されています。

値段は、お手頃と思うのですが、大きい画面の「iPhone 6 Plus」を使っていると、まあ、いいか。。になってしまいます。

3.Apple TV

Apple TVは、HDMI経由でテレビに接続し、さまざまなネットコンテンツを楽しむことのできるセットトップボックスです。

リリースされてから。。。。8年たちました!!!!  やっと登場です。

地デジを購入した時の量販店のポイントで購入し、映画をレンタルして観るのがメインの使い方になりますが、Goodな商品ですね。

Apple_TV_001

米国での価格
・32GBモデルが149ドル
・64GBモデルが199ドル

新機能
App Storeに対応し、Siriやタッチ操作に対応するリモコン「Siri Remote」が付属、ゲームアプリも楽しめます。

Apple TVのタッチ式リモコンでは、Siriで検索ができたり、コンテンツを操作できたりします。

apple_tv_game_001

可能性としては、iOSのApp Storeみたいに、OSが解放されると、開発されたコンテンツを購入して、ゲームなどを大画面テレビで楽しめるようになると思われます。ですので開発者にとっても、ユーザーにとっても楽しみな処です。

4.OS

1)iOS 9

「iOS 9」は、2015年9月16日より提供開始です。

・「News」アプリ
主要なニュースソースから記事をピックアップして表示するアプリが新たにプリインストールされています。

・行動履歴から、次に行う操作を提案する「Proactive Assist」

・バッテリーの持ちを改善する「省電力機能」が新たに追加される。
従来より約1時間のバッテリ駆動時間が延びるという。さらに、バッテリ駆動時間を延長する「low-power mode」も搭載されています。

・「Move to iOS」アプリ
Android端末からの乗り換え用に、データをiOSデバイスに転送するためのアプリ

新タッチ技術「3D Touch」搭載
「3D Touch」とは、指でガラス面を強く押し込むと、押し込んだ強さに応じて「Taptic Engine」が振動を起こし、それと同時にPeek(ピーク/のぞく)やPop(ポップ/飛び出す)と呼ばれる動作を起こせる機能です。

まあ、Windowsパソコンで云えば、マウスで右クリックした様な感じで、色々な動作を指定できます。 ただ、Windowsでは基本操作なのですが、Windowsを使いこなせない奴は、ほぼ、この操作を知りません。

ですので、iPhoneやiPadで「3D Touch」が使えるようになっても、使いこなせもしないユーザーには、やはり「無用の長物」になるのではないかと云われています。

本当は、「マウス」を使わないiPhoneやiPadの様な端末で、この機能が使えるという事は、大変、素晴らしい進化だと思うのですが。。。。。

バージョンアップ可能機種
今回は、スマホは「iPhone 4s」から、タブレットは「iPad 2」からアップデート可能です。

  • iPhone 4s/5/5c/6/6 Plus
  • iPad 2/iPad(第3世代)/iPad(第4世代)
  • iPad Air/Air 2
  • iPad mini/mini 2/mini 3
  • iPod touch(第5世代)

関連記事
Appleが、「iOS 9」の提供を開始 「iPhone 6 Plus」、「iPad 2」をアップデートしてどうなったか?

悩ましい選択肢、Apple「iPad Pro」とMicrosoft「Surface Pro 3」どんな使い道があるのか?

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です